DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MIDAS XL42

MIDAS XL42

サウンドハウス



XL42.jpg
xl42b.gif


MIDAS XL42を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

MIDAS XL42
希望小売価格283,500円
■■■MIDAS XL42機材情報■■■

MIDAS XL42はPAコンソールでは不動の地位を
確立しているMIDASのモデル。
一風変わった製品で、まるで卓の一部分を取り出したかのようにEOと
パン・ポットを搭載し、それらをカスケード接続したり、同社のXLシリーズと
接続してコントロール可能とチャンネル・ストリップとして
考えられているようです。
ただMIDAS XL42の使い勝手はごく普通で、
フレキシブルなインプット・ゲイン、PAD/ファンタム電源/位相反転スイッチ、
そしてEOセクションアウトプット・レベル/パンつまみ、
インサート/パンミュート・スイッチといった感じです。
 MIDAS XL42のサウンドは特徴的で
太めの音で、中城もガッチリした印象です。
周波数特性の重心が割と下の帯域にあるようですが、そこは搭載されている
ほぼフルスペックのEOでカバーすれば問題はありません。
ただ、もう少し明るいキャラクターだとより使いやすくなるのではと思いました。
キックやスネアなどを入力してみたところ、しんとなる部分と
中域のハリの部分が前に出てきました。
ただ、いわゆる押し出し感は少し弱いかもしれません。
また、明るさと抜けが欲しいと思い、EOで調整したみたところ
きちんと輪郭が出てきました。
MIDAS XL42のEOはかなり効きがよくて、Qの可変幅も広いので
自在にイコライジングできます。
ポイント数もこれだけあれば十分でしょう。
なかなか派手にかかるEOという印象なので、最初からある程度出来上がっている
打込み系の音より、生音のレコーディングで威力を発揮しそうな製品です
そこで今度は、生楽器を収録した印象です
ドラム、ギターに関しては非常に乾いた、すっきりした味付けとなりました
ピアノはウェットかつナチュラルで優しい印象
ボーカルは中域の押し出し感が強く、元気が足される印象です。
全体的にオンマイクの音源の方が得意な気がしました。



この記事がお役に立った方は上のバナーのクリックをお願いいたします

■■■MIDAS XL42スペック■■■

■チャンネル数/2
■ゲイン可変幅/十15~十70dB(マイク)
■入力インピーダンス/2kΩ(マイク)
■出力インピーダンス/50Ω(負荷600Ω以上)
■最大出力レベル/十21dBu
■周波数特性/20Hz~400kHz
■全高調波歪率/<0.03%(マイク、十60dB Gain)
■端子:XL42をリンクさせるためのAUTOMUTEINPUT、AUTOMUTOLINK、
XLシリーズ・コンソールからミュートの操作が可能になる
REMOTECONTROL端子×2、インサート端子×2系統、アウトプット(XLR)、
リンク用インプット(XLR)、インプット(XLR)、
■外形寸法/483(W)×44(H)×252(D)mm
■重量/3kg

MIDAS XL42

MIDAS XL42を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる



サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/








スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。