DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ELEKTRON INDEX

ELEKTRON INDEX

Monomachine SFX-60 MKII(シンセサイザー音源モジュール)
SPS1(パーカッションシンセサイザー)
スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

ELEKTRON Monomachine SFX-60 MKII

ELEKTRON Monomachine SFX-60 MKII

サウンドハウス



sfx60mk2.jpg

ELEKTRON Monomachine SFX-60 MKII

オープンプライス価格178,000円前後

■■■ELEKTRON Monomachine SFX-60 MKII機材情報■■■

80年代前半に発売されたコモドール社製のホームコンピューター
Commodoere64に、音源用のチップとして搭載されていた
モステクノロジー製MOS6581を単体の音源モジュールとして発売したのが
スウェーデンののエレクトロンESI社です。
そのエレクトロンES社が、さらに多くの音源方式を搭載した
シンセサイザーとして発売したのでMonomachineでした。
その新機種がMKIIです。
 ELEKTRON Monomachine SFX-60 MK2は通常の
シンセサイザーとして使用するには注意が必要です。
現在PCM音源による低価格のシンセサイザーが多数販売されています
PCM音源によるリアルなピアノやドラムなど多彩な音色や
16パート以上のマルチ音源などが標準的なスペックとなっています。
しかし、このELEKTRON Monomachine SFX-60 MKII
様々なサウンドをリアルにだす万能シンセサイザイーではありません。
しかし、テクノやチップチューンといった電子音を使った音楽には
個性的で他には出せないサウンドを提供してくれます。
 ELEKTRON Monomachine SFX-60 MK2は別々に演奏させる
6つのトラックを持っており、それぞれが3オシレーターの
モノシンセになっています。
(6トラックをまとめて6ボイスのシンセとしても使用可能)
 ELEKTRON Monomachine SFX-60 MKIIには
以下の多数の音源方式が採用されています。

1:アナログシンセにデジタルプロセシングを組み合わせたスーパーウェーブ
2:Commodore64のチップをモデリングしたSID
3:12ビットの短周期のウェーブ・フォームや、サンプルされた
 ドラムパーカッションサウンドを出すDigiPro
4:FM音源の難解さを改善し操作性を向上させたFM+
5:フォルマンとシンセシスによるボイス・モデリングを発展させた
 ボイス・スピーチ・シンセサイザイーVO
6:外部入力にトリガー情報を与えて、音源のように使用できるFX

さらに、今回MKIIになって、DigiProのモードの中に2つのウェーブフォームを
ブレンドできるDigiPro Dubledrawとユーザー波形を取り込んで使用できる
DigiPro Ensembleが新たに搭載され、以前に増して様々なサウンドを
出すことが出来るように発展しました。
 ELEKTRON Monomachine SFX-60 MK2のフィルターセクションは
アンプ・エンベロープなどのパ他メーターは、本体上部の8つの
つまみでエディとすることが出来ます。
また、LFOは各ボイスに3基搭載、それぞれ11種類の波形に加え
1周期だけ、半周機だけ動作させるような特殊な再生方式を含めた
5種類のトリガーモードを持っています。
 ELEKTRON Monomachine SFX-60 MKIIのシーケンサーは
パターンを組み合わせてソングを作成するグルーブシンセ的な要素を持っています。
もちろん、パターンの演奏中もリアルタイムでパラメータを操作したり
MIDIトラックを使って各トラックを演奏したるすることも可能です。
 パターンレコーディングは、往年のR社TRシリーズの要領で、
本体の16個のボタンを使用するグリッドレコーディングと
リアルタイム・レコーディングが可能。
アンプ、フィルター、LFO等、個別にプログラムできるほか
特定のステップだけパラメータを変化されるといった
複雑なパターンも作れるようになっています。
もちろん、パターンを再生しながらその演奏を止めずに
エディットすることが可能です。
 ELEKTRON Monomachine SFX-60 MK2のプリセットパターンは
テクノ・サウンドが中心、特にボイス・スピーチ・シンセサイザーを使った
ロボットボイスのパターンはメカニックで独特の雰囲気が出ています。
 ELEKTRON Monomachine SFX-60 MK2は、これだけの機能を
備えながら、快適なオペレーションをディスプレイによって全くストレスなく
操作できるのも大きな魅力です。
豊富なパラメータを駆使すれば無限のサウンドを作り出すことが出来ます。
裏を返せば、ユーザーのプログラミング技能が試される製品だと言えます。



この記事がお役に立った方は上のバナーのクリックをお願いいたします

■■■ELEKTRON Monomachine SFX-60 MKIIスペック■■■

■SYNTHESIZER CONTROL

* 6 Track Synthesizer Sequencer
* 6 Track MIDI Sequencer
* 64 Step Patterns
* 128 User Program Patterns
* 24 User Program Songs
* Sequencer Swing, Slide, Accent
* Unique Multi Mode control
* 18 x Dual Waveform LFOs
* Full Realtime Control
* Full MIDI Support

■SOUND SHAPING DEVICES

* 6 x Amplitude Modulation
* 6 x 1-Band EQ
* 6 x Resonant 24db lp/bp/hp
* 6 x Sample Rate Reduction
* 6 x Distortion
* 6 x Tape Style Delay
* Up to 6 x Gatebox Reverbs
* Up to 6 x Chorus Effects
* Up to 6 x Dynamix Processors
* Up to 6 x Ring Modulators


■SOUND GENERATION SYSTEM

* 6 Part Mono synthesis
* 5 x Mono Synthesizers
* 17 x Individual Machines
* 64 x user waveforms
* 4x Track Effects
* 128 User Programmable Kits

■HARDWARE

* Compact Hi-Q Design
* 128x64 Pixel Backlit LCD
* MIDI In/Out/Thru
* 6 x 1/4" Audio Out
* 2 x 1/4" Audio In
* 1 x 1/4" Stereo Headphone Output
* Dual DSP System
* Flash-mem Technology
* Brushed Aluminum Top
* Steel Casing
* Dim: 340x176x68mm
* Weight: 2.8kg
* Swedish Quality

■外形寸法:340(W)×175(D)×63(H:突起物を含む)mm

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/











テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

ELEKTRON SPS1

ELEKTRON SPS1


デモサウンドファイル(mp3)
*内蔵サウンドの他に、サンプリング機能を使用したサンプルも含まれます

■■■機材情報■■■
マシンドラムSPS-1は、16トラックのパーカッションシンセサイザーとア
レンジャーに特化した製品です。ユニークなパラメーターを持つ16パー
トのパーカッションシンセサイザーとテンポにシンクしたエフェクトシス
テムを、全てリアルタイムでコントロールすることが可能です。内蔵の
パターンステップシーケンサーも、パーカッションプログラミング用途に
非常に高いレベルで特化しています。SPS-1には6個の独立したオーデ
ィオアウトプットと2個のオーディオインプットを備えています。

音源方式はは発音原理が異なる4タイプのパーカ
ッションシンセサイザー音源が用意されています。

■EFM音源■
リアルなドラム音から過激なサウンドエフェクトまで、劇的な音色変化を生み出
すエレクトロン独自のアルゴリズムを使用したモデリング音源。
■TRX音源■
クラシックなアナログドラムマシンを基に、パラメーターの可変レンジ
を更に拡張した音源
■E12音源■
豊富なパラメーターを持つ、サンプルベースのリズム音源。
■PI音源■
生々しい音色変化を生み出す、アコースティックドラムのモデリング音源

4タイプのMDシンセには、それぞれバスドラムやクラベスなど、特定の音色に合わせて
パラメーターを特化した「マシン」が多数用意されています。
またシンプルなオシレーターやノイズを持ったマシン、外部入力のフィルタリング用マシン、
外部MIDI機器のコントロール用マシンなど、トータルで40種類以上のマシンを自由に
組み合わせてキットを作成することが可能です。

パターンシーケンサーは最大32ステップシーケンスがプログラム可能。
ソングモードは、作成したパターンを組み合わせてソングを構成します。
ソングはパターンの演奏順やリピート回数だけでなく、パターン内の演奏する範囲を
ステップ単位で指定可能。これにより、フィルイン専用にいくつもパターンを
用意する必要もありません。しかもこれらのエディット操作はシーケンサーを走らせた
状態でリズムをモタらせること無く行え、演奏中のソング/パターン両モード間の移行も
シームレス。こうして最大256ステップまでプログラムできる
ソングは本体内に32個保存可能です。

16個のパートには、それぞれ5種類のトラックエフェクトが用意されています。
アンプリチュードモジュレーション(AM)、1バンドパラメトリックEQ、
レゾナンス付きLP/BP/HPフィルター、サンプルレートリダクション、
ディストーションの各エフェクトは、積極的な音造りに活用できます。
また、ステレオアウトプット信号にはリズムエコー、ゲート
ボックスリバーブ、イコライザー、ダイナミクス(コンプレッサー)の
各エフェクトを適用できます。

マシンドラムのシーケンスにはクラシックとエクステンデッドの2つのレ
ベルが存在します。クラシックモードでは、シーケンサーは音源とは独
立して動作し、一般的なドラムマシンと同様の操作が可能です。エクス
テンデッドモードでは、各パターン毎にシーケンストラックと音源部が高
度に統合されます。このモードでは全てのマシン、エフェクト、ルーティ
ングのパラメーター値をステップ単位で固定することが可能です。しか
もプログラミングはシンプルかつ直感的なため、ダイナミックなパター
ンを容易に創り出すことができるのです。加えて、16個のデュアルウェ
ーブフォームLFOを使用して任意のサウンドパラメーターを自動的に
変化させる事も可能です。

■■■スペック■■■
◆音源方式:デュアルDSPモデリング/サンプリング(E12) ◆
音源パート数:16 ◆最大同時発音数:16 ◆エフェクト:デュ
アルDSPモデリング/トラックエフェクト5種類×16、ステレ
オマスターエフェクト4種類 ◆LFO:16系統 ◆パターンシ
ーケンサー:16トラック、最大32ステップ ◆ソングアレンジ
ャー:最大256ステップ ◆内蔵メモリー:128パターン、64キッ
ト、32ソング、8グローバル設定 ◆アウトプット:インディビジ
ュアルアウト×6(内2系統はマスターステレオアウト兼用)、
ステレオヘッドフォンアウト ◆インプット:オーディオイン
プット×2(ドラムパッドのトリガー入力兼用) ◆MIDI:IN、
OUT、THRU ◆外形寸法:340×176×68 mm ◆重量:2.8kg(
本体のみ)

■■■収録サンプリングCD・DVD■■■

RHYTHM WORKS feat SPS1



ホームページ

http://www.lgril.com/

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。