DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Focusrite INDEX

Focusrite INDEX

COMPOUNDER(ステレオ・コンプレッサー・リミッター)
Liquid Mix(DSPプラグイン・プラットフォーム)
Mix Master(マスタリング・プロセッサー)
Red8(2chマイクプリアンプ)
THE LIQUID CHANNEL(チャンネル・ストリップ)
Voice Master Pro(チャンネル・ストリップ)
スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

Focusrite COMPOUNDER

Focusrite COMPOUNDER

サウンドハウス



focusrite_compounder1.jpg
focusrite_compounder2.jpg


Focusrite COMPOUNDERを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

Focusrite COMPOUNDER
希望小売価格99,750円
■■■Focusrite COMPOUNDER機材情報■■■

 Focusrite COMPOUNDERはFOCUSRITEの
Platinum RANGEシリーズの一つ、ボーカル用プロセッサーのVoiceMaster Pro
チャンネル・ストリップTrakMaster Proなどがラインナップされています。
FOCUSRITEでは、ロー&ミッドプライス商品シリーズの一つです。
Focusrite COMPOUNDERは2イン2アウトの
ステレオ・コンプレッサー/リミッターです。

入出力は+4dB/-10dBの切り替えが可能なXLR端子と
フォーン端子が装備され自宅での使用も考慮されている仕様です。
フロント・パネルはグレーの自照式ボタンにインプット・レベルと
コンプレッションのLEDメーター、各つまみが並んでいます。
Focusrite COMPOUNDER
コンプレッサー・パラメーターは、スレッショルド、レシオ、
アタック、リリースと基本的なものの他に
BASS EXPANDを備えています。
BASS EXPANDのスイッチを押すと低域の信号が
コンブレッサーの回路からバイパスされますので
キックなどのアタックでコンプレッションされることがなく、
中、高域は自然に、低域はパンチのあるサウンドに
仕上げることが可能になります。
さらにパラメータの値を上げていくと
テープのサチュレーションのような自然なオーバードライブ効果が
得られ、よりパンチのある仕上がりになります。
さらにFocusrite COMPOUNDERには
各チャンネルにノイズ・ゲートが搭載されており、
コンプレッサー部とは独立してON/OFF可能ですので、
ゲートだけの機能を使うことも可能となっています。
パラメーターはスレッショルドとリリースのつまみ、
ファースト/スロー・アタックの切り替えが用意されています。
また、KEY INPUTが使えるので、
トリガー・ゲートとしても使えます。

それでは実際にFocusrite COMPOUNDER
使用した感想です。
まずは、ボーカル・レコーディングに使用してみました。
軽いコンプレッションで、自然にレベルを調整するセッティングで
使用してみましたが、音が細くなるといった印象はなく
マイクからプリ・アンプを通った音が自然に録音されている印象で、
自然なコンプレッションだと思います。
次に、深いコンプレッションでチェックしましたが
程よいざらつきで、真空管回路を使用しているような
ナチュラルな歪みを得られることが出来ると思います。

さらに2ミックスのトータルコンプでFocusrite COMPOUNDER
使用してみました
ステレオ・ソースでの使用ですのでLINKを使用します。
LINKボタンを押すと、左チャンネルがマスターになり、
すべてのパラメーターがLINKされます。
やはり、ボーカル・トラックに使用した印象と同じで
トータル・コンプとして使用しても太いサウンドを得ることが出来ました。
テクノ系のソースでしたので、もっとパンチが欲しく
さらに深くコンプレッションしてみましたが
やはり、低域のレベルでひっかかってしまい、
当たり前ですが。ボコボコした仕上がりになってしまいます
しかし、BASSEXPANDを使うことによって
200Hz以下あたりをバイパスしますので
中、高域のみをコンプレッションし求めるサウンドを得ることが出来ました。

総合的に見てFocusrite COMPOUNDER
安価なコンプレッサーに見られるような、
コンプレッション時に線が細くなるようなことはなく
自然で太いサウンドが得られる印象です。
さらに、BASS EXPANDにより荒っぽいサウンドも作り出すことができ
さまざまなジャンルで幅広く使えるという印象です。



この記事がお役に立った方は上のバナーのクリックをお願いいたします

■■■Focusrite COMPOUNDERスペック■■■

●歪み率:@ +6dBrオールセクション IN、
 ゲインリダクション<0.006(80kHz BW)
●ノイズ:22kHz:-100dBr(コンプレッサー OUT)
 -87dBr(コンプレッサー IN)
●ヘッドルーム:+22dB
●周波数特性:(5Hz @ 200kHz)+0/-2dB
●入力:電子バランス20kΩ、+4dBu/-10dBV 動作レベル切り換え可能
●出力:電子バランス50kΩ、+4dBu/-10dBV 動作レベル切り換え可能
●コンプレッサー
 スレッショルド:-24dB~12dB
 レシオ:1.3:1~∞
 コンプレッションスロープ:hard & soft kneeの選択
 アタック&リリース:可変または、オート (プログラム依存型)
 Attack:100μS~100mS
 Release:100mS~4S
●リミッター
 スレッショルド:12dBu~26dBu
 レシオ:∞
 アタック:Fast
●ゲート
 スレッショルド:-40dB~+10dB
 ゲートレンジ:-20dB or -80dB(full)
 アタック:switched fast or slow
 リリース/ホールド:variable or fixed 100mS~4S
 エキスパンダーレシオ:2:1
●サイズ:480(W)× 44.5(H)× 265(D)mm
●重量 :3.9kg

Focusrite COMPOUNDERを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

Focusrite COMPOUNDERを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/
























2-chコンプ/リミッター

Focusrite Compounder 【 送料無料!】


詳細は画像をクリックして下さい。

楽天  MUSICLAND KEY




Focusrite Compounder [送料無料]

詳細は画像をクリックして下さい。

楽天  ワタナベ楽器 楽天SHOP







テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

Focusrite THE LIQUID CHANNEL

Focusrite THE LIQUID CHANNEL

サウンドハウス



liquid_channel1.jpg
liquid_channel2.jpg


Focusrite THE LIQUID CHANNELを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる


Focusrite THE LIQUID CHANNEL希望小売価格420,000円
■■■Focusrite THE LIQUID CHANNEL機材情報■■■

 Focusrite THE LIQUID CHANNELは往年の名機を
シミュレーションした機能を搭載し、AD/DAコンバーターを標準装備した
チャンネル・ストリップです。
Focusriteといえば、ISAシリーズに代表される
クセがなく抜けがいい音質が印象で、ボーカルや生楽器などを
繊細にレコーディングするのには定評があります。
多くのエンジニアが絶賛していいます。
早速チェックしていきたいと思います。
 
 Focusrite THE LIQUID CHANNELのフロントパネルは
これまでのFocusriteとは全く違った雰囲気で差別化が
図られていることが一目で分かります。
Focusrite THE LIQUID CHANNELの構成は
アマログ回路とデジタルエミュレートのコンビネーションで
プラグインでの銘機のエミュレートとは全く違った
質感を持っていると思います。
Focusrite THE LIQUID CHANNELはマイクプリアンプと
コンプレッサーそれぞれにエミュレーションを選択することができ
本体出荷時にマイクプリ33機種42種類、コンプレッサーは36機種41種類の
モデルがプリセットされています。
AVALON、NEVE、dbx、MANLEY、API、SSL、UREI といった
往年の銘機はほぼ網羅されています。
これらのプリセットはWEBサイトよりダウンロードが可能で
新しいエミュレーション・ファイルをダウンロードし、
リキッド・チャンネルのコントロール・ソフト「LIQUID CONTROL」を使って、
本機へアップロードすることが出来ます。

Focusrite THE LIQUID CHANNELでは
これらマイクプリアンプやコンプレッサーのエミュレーションは
デジタルによるエミュレーションだけではなく
アナログ回路も使用しています。
具体的にはFocusrite THE LIQUID CHANNELの場合
マイク入力時、まずアナログ回路のプリアンプを通ります。
このアナログ回路は、エミュレーションしたマイクプリと接続する
マイクロフォンとの相互特性を再現する38個のアナログ・リレー回路が内蔵され
、選択したエミュレーションごとにその回路構成を切り替えます。
入力トランス回路、OPアンプ、ディスクリート回路、インピーダンスの変更等を
エミュレーション機器にあったアナログ回路で再現します。
つぎに入力信号はAD変換されデジタル・エミュレーションによる
セクションへ送られます。
デジタル・エミュレーションはSintefex Audio 社が開発した
サウンド・エミュレート技術「ダイナミック・コンボリューション」による
演算を経て、エミュレーションされます。
Focusriteでは、状態の良い67機種にも及ぶマイクプリ、
コンプレッサーの実機から、あらゆる周波数やレベルの電気信号を
入力した際に起こる電気的な動特性データを収集し
そのデータは、192kHzでの動作では1秒間に6億8800万ものサンプル数となる
厳密な物であり、1台の実機からデータを収集するだけで
約2ヶ月もの時間を費やすといった徹底ぶりです。
また、Focusrite THE LIQUID CHANNELには
Harmonicsコントロールが装備されています。
真空管やトランスを使用した設計によるアナログ機器は、
2次倍音、3次倍音、5次倍音といった
ハーモニック・ディストーションを発生します。
この倍音構成がアナログ機器の特徴であるサウンドをもたらします。
Harmonicsコントロールはこの倍音をもコントロールするという物で
求めるサウンドに応じてハーモニック・ディストーションを
加えることができます。
さらに、Focusrite THE LIQUID CHANNELでは
その他に独立したEQを備えています。
このEQはISA110のEQセクションをモデリングした
3バンド・デジタル・イコライザーで、EQのレンジが広く
HiQなども併用することで音色補正から積極的な音作りまで、
幅広く使えるISA110を使用したことのある方なら
同じ感覚で扱えると思います。

それでは、実際にFocusrite THE LIQUID CHANNEL
チェックしてみたいと思います。
フロントパネルのディスプレイ左上にプリアンプのセレクト
右上にコンプレッサーのセレクトボタンがあり
押してDATAツマミを回すことによりプリセットの選択を行うことができます。
マイクプリ部のシミュレート機能に関しては、もちろんプリセットされている
実機のサウンドをすべて聴いたことがあるわけではありませんので
使用したことのある機器に関して言えば、
キャラクターは表現されていると思います。
もちろん、アナログ機器は個体差がありますので
求めている機種のサウンドと全く同じというわけではありませんが
HarmonicsコントロールとEQでかなりの所まで
近づけることができると思います。
アナログ回路がある分、プラグインやデジタルベースのエミュレーションよりは
あきらかに、音の粘りなどの再現は優れていると思います。
例えばNEVE 1073では、独特の高域の倍音と低域の質感は
聞き取ることができますし、1176LNの4つ押しのつぶれ感や
LA4の粘りのあるコンプ感など高レベルで再現されていると思います。

さらに、Focusrite THE LIQUID CHANNEL
チャンネル・ストリップとしての基本性能をチェックするために
プリセット1のフラットな状態で録音してみました。
結果は非常に優秀でFocusrite ISAシリーズに通じる
クセがなく、繊細なサウンドはあらゆる場面で使用できる
クリアでレンジの広いFOCUSRITEのサウンド・カラーを
受け継いでいると思います。
デジタル入出力もサンプリング周波数44.1kHz~192kHz対応
ワードクロック入出力も装備しています。
サウンドも実に原音に忠実でAD/DAコンバーターとしても高性能を誇ります。
エミュレーション機能を省いても価格に見合う
高い性能を持ったアウトボードという印象です。

Focusrite THE LIQUID CHANNEL
コントロールも充実しており、LIQUID CHANNELに搭載されている
コンプレッサーには、エミュレート機種と同じコントロール構成を再現する
AS ORIGINAL MODEL モードと、実機には存在しないコントロールを調整できる
FREE モード」の2モードを装備しています。
1176LNではのALLモードも備えていますし、アタックなどの調整では
実機と同じ、通常とは逆の右に回すほどタイムが短くなる仕様なども
完全に再現されており、逆に注意が必要です。
FREEモードでは、実機では調整できないLA-2Aのthresholdや
1176LNのRatioを7に設定するなどの設定が可能となります。

その他にもFocusrite THE LIQUID CHANNEL
Stereo Link機能も装備し、ステレオ・ペアのマイクでの録音や
マスター・インサート系も対応できます。
これだけの性能を持ってすればマスタリングなどでも十分使えると思います。

さらに、Focusrite THE LIQUID CHANNEL
フロント・パネルのロータリー・エンコーダーやスイッチ類の設定はすべて、
USB接続をしたPC/MACかコントロール・ソフトウェアにより操作が可能です。
そして、カスタマイズした設定は、コンピューターに保存しておくことも、
保存しておいたセッティングを一瞬で呼び出すことも可能です。

このようにFocusrite THE LIQUID CHANNEL
プロ用機器としての基本性能は十分な物を備えていながら
1台にエミュレーション機能付きのマイクプリとコンプ
EQ、AD/DAコンバーターを備える多機能ぶり
また、音質もクセがなくあらゆるジャンルに対応でき
他の追随を許さない、守備範囲をそなえた万人にお勧めで製品です


■■■Focusrite THE LIQUID CHANNELスペック■■■

<コンバーター>
●サンプリングレート:44.1/48/88.2/96/176.4/192kHz
●ビットデプス:24-bit

<ADC部>
●SN比:120dB(20kHz/22kHz Aウエイトフィルター使用時)
●周波数特性:20Hz~20kHz/0.05dB
●最大入力レベル:+22dBu
●THD+N: 0.00035% (-109dB)

<DAC部>
●ダイナミックレンジ:116dB
   (20kHz~20kHz/Aウエイトフィルター使用時)
●最大出力レベル:+22dBu
●周波数特性:20Hz~20kHz/0.05dB
●最大入力レベル:+22dBu
●THD+N: 0.0007% (-109dB)

<ジッター特性>
●内部クロック使用時:20pico-seconds
●AES 出力:200pico-seconds
●外部クロック使用時:1nano-seconds

<Mic Pre/マイクプリアンプ>
●ゲインレンジ:+6dB~-80dB、1dBステップ
●周波数特性:選択されたプリアンププログラムの特性に依存
●THD+Nアナログ出力:0.001%
●THD+N AES出力:0.0005%
●Mic Noise:EIN = -126dB
●Noise アナログ出力:-92dBu
●Noise AES デジタル出力:-119dBfs
●最大入力レベル:+16dBu
●入力インピーダンス:選択されたプリアンププログラムの特性に依存
●セルフノイズ:Transformer/123dB @ 60dB of gain
        Electronic/102dB @ 60dB of gain

<Line Input/ライン入力>
●ゲインレンジ:-10dB~+10dB、1dBステップ
●周波数レンジ:20Hz~20kHz、0dB +/-0.1dB
●THD+Nアナログ出力:0.001%
●THD+N AES出力:0.0004%
●Noiseアナログ出力:-92dBu
●Noise AESデジタル出力:-120dBfs
●最大入力レベル:+22dBu

<High Pass Filter/ハイパスフィルター>
●75Hz、120Hz/12dB oct.切り替え可能

<Harmonics/ハーモニクス>
  ●ディストーションレンジ:0 to 15 (最大15) =10% of 2nd-, 20% of 3rd- and 10% of 5th-order at 0dBfs
(レベル依存型ディストーション)

<Compressor/コンプレッサー>
●オリジナルモード:エミュレートされているプログラムと同様
●フリーモード:パラメーターレンジ
●スレッショルドレンジ:-40dB~20dB switched in 1dB steps
●レシオレンジ:1:1~Limit、-1:1
●アタックレンジ:0.1mS~1S
●リリースレンジ:1mS~10S
●メイクアップゲイン:-20dB~+20dB switched in 0.5dB steps.

<EQ/イコライザー>
●High Shelf
 ・ 周波数特性:200Hz~20kHz
 ・ゲインレンジ:±18dB
●Mid Band
 ・周波数特性:100Hz~10kHz
 ・ゲインレンジ:±18dB
 ・Q:Variable between 0.8 and 2.5
●Low Shelf
 ・周波数特性:10Hz~1kHz
 ・ゲインレンジ:±18dB

<REAR PANEL CONNECTIONS/リアパネル>
●マイク入力:XLR
●ライン入力:XLR
●アナログ出力:XLR
●AES Digital 入力:XLR
●AES Digital 出力:XLR
●ワードクロックイン:BNC、入力インピーダンス75Ω
●ワードクロックアウト:BNC、バッファー出力
 (wordclockはサンプル周波数と同様)
●Digital Link Bus Input:RCA
●Digital Link Bus Output:RCA

●サイズ・重量:W484×H85×D270(mm)、2U、8.6kg

Focusrite THE LIQUID CHANNELを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

Focusrite THE LIQUID CHANNELを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/



























ビンテージ機器のサウンドを蘇らせる

チャンネル・ストリップ

Focusrite Liquid Channel


詳細は画像をクリックして下さい。

楽天  MUSICLAND KEY

何台ものレジェンドを1台で所有する

Focusrite / THE LIQUID CHANNEL


詳細は画像をクリックして下さい。

楽天  パワーレック鍵盤堂

Focusrite ISA One

詳細は画像をクリックして下さい。

楽天  イワタナベ楽器 楽天SHOP








テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

Focusrite Mix Master

Focusrite Mix Master

サウンドハウス



mix_naster1.jpg

mix_naster2.jpg

Focusrite Mix Master
希望小売価格188,000円
■■■Focusrite Mix Master機材情報■■■

 Focusrite Mix MasterはFOCUSRITEの
Platinumシリーズのひとつ
24ビット/96kHz ADコンバーターを備え、マスタリングなど
2トラック・ソースに大してさまざまな調整の行えるエフェクターです。
 Focusrite Mix Masterはエキスパンダー、
マルチバンド・コンプレッサー(3バンド)、
マルチバンド・リミッター(3バンド)
3バンド・イコライザー、
ステレオ・イメージ・コントローラーを装備
マスタリングに的を絞ったアウトボードという印象です。
入出力系はアナログ入出力としてXLRとフォーン・ジャックを
各2ch装備、それとは別に、+4dBフォーン・ジャックの
ステレオ・ダイレクト入力も備え、
民生用、業務用を含め様々な機器に対応したいます。
さらにFocusrite Mix Masterには
量子化数(16 /24ビット)、サンプリング・レート(44.1/48/88.2/96kHz)の
AES/EBU(XLR)、S/P DIF(同軸)の2系統のデジタル出力を装備。
同時使用は不可で、ボタンで切り替えて使用します。
そのほかにワード・クロック・インプット(BNC)を装備しているので、
クロック・ジェネレーターまたは外部デジタル機器からの
クロック供給も可能になっています。
 前記のようにFocusrite Mix Masterには
コンプ、リミッター、イコライザー、ステレオコントローラーを
備えていますが、各部エフェクト・セクションは
それぞれバイパスできるのと、すべてのセクションを同時にバイパスできる
EFFECT BYPASS機能(リミッターはバイパスされない)も付いているため、
各プロセッシングON /OFFのサウンドを一斉に切り替えて
試聴することができます。
ディスプレイなどありませんが、エフェクトのコントロールには
クリック・タイプのボリュームを使用しているので、
プロセッシングのセッティングを正確に再現することができ、
ディスプレイ表示では分かりづらいプロセッシングの状況も
すべてツマミの位置で確認できるのは
かえって視覚的にも分かりやすいと思います。
余計なインターフェイスを持たず、内部回路に贅沢にコストをかけた印象です。
 それでは、Focusrite Mix Masterを実際に
使用してみたいと思います。
まずは前段に装備されているマルチバンド・リミッター機能、
このリミッターは固定されたスレッショルド値に設定されていますので
用途としては、プロセッシングする前段階でピークを抑え、
デジタルのクリッピングを防ぐのに効果的だと思います。
前段に位置していることからも、マキシマイズのためのリミッターではなく
過大入力を防ぐための物であるといえます。
次はエキスパンダー、スレッショルドとリリースの設定によって、
信号レベルの低いノイズをマスキングすることができます。
次に次に3バンド・コンプレッサーがあります。
LO/MID/HIでの調整が可能で、一般的なスレッショルド、レシオ、
リリースの設定のほかにLF/HFトリム(スレッショルド調整機能)、
LOCKスイッチ(3バンドのスレッショルドを固定させる機能)、
SLOWATTACK(アタックの調整)、
SLOPE(LF/HFの周波数クロスオーバー・ポイントの設定)、
MAKEUP GAIN(コンプレッション後のゲイン調整)など
通常のコンプレッサー機能の他に、マスタリングに必要な
機能が追加されており、たいへん多機能なコンプレッサーです。
あまりクセが無く、調整次第で様々な表情をつけることができます。
 Focusrite Mix MasterのEQは
EQは3バンドになっており、各バンド10dBのブースト/カットが可能
LFは40/70/120Hz、HFは10/14/20kHzと周波数を選択できるほか、
TILTという機能があり、これを使用することによって
全体的にブースト・カットすることができます。
MFは100Hz~10kHzの周波数帯になっているほか、
×10ボタンがあり、これを使うことにより周波数を
10倍の値に設定可能です。
またQコントロール機能もあるので、指定した周波数のバンド幅を
設定することができます。
またEQ、コンプともに、各ゲインが高過ぎるときに
LEDが点灯する仕組みになっています。
さらに、ステレオ・イメージ・コントローラー(WIDTH)を最終段に装備
テレオ・イメージ・コントローラーとは、ステレオの広がりの増減を、
位相のコントロールによって調整する機能
バランス・トリムも付いており、ステレオのバランスを
左右3dBの範囲で調整することが可能です。
また、これらのステレオ・イメージ・コントローラー機能や
2トラック素材の位相をピーク・メーターで確認できる
PHASE(位相)メーターも装備しています。
7セグメント表示のLEDによって最大180度までの位相を
表示できるので、便利だと思います。
 全体的な音質は高域、中域、低域
それぞれ分離が良く素直な感じです。
傾向としては中高域がちょっと前に出ているようなので、
全体的にクリアに聴こえる印象があります。
 Focusrite Mix Masterはこのように
マスタリングのための様々な機能を装備しています。
各セクションのパラメータもマスタリングに最適な
機能を備えていますので、かなり広範囲に使用できると思います。

■■■Focusrite Mix Masterスペック■■■

■周波数特性:5Hz~200kHz(+-2dB)
■ノイズ・レベル:-96dBu以下(全セクション入力)
 -86dBu以下(全セクション出力)
■全高調波歪率:0.006%以下(十4dBu)
■ヘッドルーム:22dB
■外形寸法:480(W)×88(H)×265(D)mm
■重量:5.2kg

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/







テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

FOCUSRITE Red8

FOCUSRITE Red8

サウンドハウス



red8a.jpg
red8b.jpg


FOCUSRITE Red8を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

FOCUSRITE Red8
希望小売価格399,000円
■■■FOCUSRITE Red8機材情報■■■

 FOCUSRITE Red8は名器ISA215のマイクプリアンプ回路を
採用した2チャンネルのマイクプリアンプ
ISA215といえば、そのシルキーで美しい音色が定評で
特に、女性ボーカルに使用されることの多いマイクプリですが
このFOCUSRITE Red8はどのような味付けになっているのか
興味がわいてきます。
 FOCUSRITE Red8は独特の真っ赤なフロントパネルで
一目でFOCUSRITE製品だと分かります。
フロントパネルの構成は非常にシンプルで、
インプット・ゲイン、位相反転、ファンタム電源スイッチのみです。
さらにインプット・ゲインは6dBステップのノッチ式となっており
レベル設定時には慎重に調整したほうがよいと思います。
また、小型ですがVUメーターが各チャンネル毎に搭載されています。
 FOCUSRITE Red8のリアパネルも
2チャンネル分のインプットとアウトプット(共にXLR)と
電源のみのシンプルな構成です。
また、出力段にカスタムトランスフォーマーを採用しており、
数キロメートルに及ぶ接続をしても、音質には全く影響はないとのこと
早速、サウンドを聴いてみたいと思います。
まずはボーカルでFOCUSRITE Red8を試してみました
ISA215の回路を採用しているとのことですが
やはり、同じサウンド傾向でナチュラルでワイド・レンジです。
とても原音に忠実で、バラードなどに静かな楽曲には最適ではないでしょうか
まさに美しい音色という印象です。
逆にロックなどの激しい楽曲は苦手分野と言えるかもしれません。
ISA215同様、女性ボーカル向きではなかと思います。
このナチュラルなサウンドを利用してピアノも
ステレオで録音してみましたが、響き、タッチとも非常にナチュラルで
奇麗なツヤが出ていると思います。
やはり、こちらもバラード向きといえると思います。
次はFOCUSRITE Red8でドラムを録音してみました。
全体的に、押し出しが弱い傾向にありますので
バスドラムやスネアなどはジャンルを選ぶと思います。
しかし、ハイハットなどの金物は美しい中域の張りがあり
素晴らしいサウンドだと言えます。
中域の張りを利用して弦楽器全般や管楽器なども
中~高域が自然なつながりで奇麗に伸びる感じで適していると思います。
 FOCUSRITE Red8は、その艶のあるシルキーなサウンドが
特徴といえると思います。
ダイナミックマイクを使用したギターアンプや
ロックドラムの録音等には不向きで、
ハイビットデジタルレコーディング、高品質のリボンマイク、
真空管マイクやコンデンサーマイクロフォンを使用する
レコーディングに最適だと思います。

■■■FOCUSRITE Red8スペック■■■

■チャンネル数:2
■ゲイン可変幅:-6dB~十60dB(6dBステッブ)
■接続端子:インフット(XLR)、アウトプット(XLR)各2ch
■入力インピーダンス:1.2kn
■出力インピーダンス:600Ω(バランス)
■最大出力レベル:十24dBu(600n負荷)
■周波数特性:10Hz~140kHz
■全高調波歪率:<0.15%(-20dBu@20Hz)
■外形寸法:482(W)×88(H)×286(D)mm
■重量:6kg

FOCUSRITE Red8を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

FOCUSRITE Red8を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/




















【真空管マイクプリアンプ】

Focusrite ISA430 MKII Producer Pack


詳細は画像をクリックして下さい。

楽天 イケベ楽器楽天ショップ

Focusrite ISA One

詳細は画像をクリックして下さい。

楽天 ワタナベ楽器 楽天SHOP

Focusrite / THE LIQUID CHANNEL

詳細は画像をクリックして下さい。

楽天 パワーレック鍵盤堂


詳しくは画像をクリックして下さい 






テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。