DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

E-MU INDEX

E-MU INDEX

E4 Platinum(ハードウェア・サンプラー)
E4XT Ultra(ハードウェア・サンプラー)
Morpheus(音源モジュール)
PROCUSSION(ドラム&パーカッション音源モジュール)
PROTEUS 2000(音源モジュール)
Vintage Keys(ヴィンテージ・シンセ、クラシック・キーボード音源モジュール)
Vintage Pro(ヴィンテージ・シンセ、クラシック・キーボード音源モジュール)
Xtreme Lead 1(XL1)(テクノ・エレクトリック音源モジュール)
スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

E-MU PROTEUS 2000

E-MU PROTEUS 2000

サウンドハウス



e_mu_proteus2000a.jpg

e_mu_proteus2000b.jpg


E-MU PROTEUS 2000
価格135,000円
■■■E-MU PROTEUS 2000機材情報■■■

E-MU PROTEUS 2000は1999年に発売された
E-MU Systems社製のプレイバックサンプラーです。
E-MU Systems社のプレイバックサンプラー音源モジュールの歴史は古く
第1号機は1989年に発売されたPROTEUS1
その後、Proteus 2 (Orchestral)、PROformance (Grand Piano)
Proteus 3 (World Instruments) 、Procussion (Drum/Percussion)と発売され
日本製にはない独特の質感を持つそれらの音源モジュールは
多くのミュージシャン支持を得て使われるようになりました。
さらに当時としては画期的だった、往年のヴィンテージ・キーボード
シンセサイザーのサンプルをプリセットしたVintage Keysにより
E-MUプレイバックサンプラーの地位を不動のものとしました。
その後、数々の機能や改良を加え、
様々なジャンルに対応する高品位でベーシックな音源として
開発されたのがE-MU PROTEUS 2000といえると思います。

E-MU PROTEUS 2000の基本コンセプトは
フルオーケストラからヒップホップまでカバーする音源モジュール
その名の通り当時としては最高レベルの
1024のプリセットと512のユーザープリセットを含む
32MBコンポーザーサウンドROMを搭載
さらに、E-MU PROTEUS 2000では別売の
ROM基盤を内部のスロットに4つまで拡張することが可能でした

フル拡張時には膨大なプリセットとなりますが
独自のバンク/インストゥルメントカテゴリー/プリセットネームという
わかりやすい音色構造により比較簡単に目的のサウンドを
呼び出すことが出来ると思います。

E-MU PROTEUS 2000の最大同時発音数は128ボイス
パート数は最大32チャンネル、重厚なシーケンスや
大量のレイヤーを使ったプリセットなどにも対応できるスペックです。
当時のこの手の音源は、プロセッサーに対し機能が
オーバースペックの機材があり操作感が気になるところですが
E-MU PROTEUS 2000は32bitプロセッサを
搭載していますので、実際に使っていて発音の遅れや
捜査中のもたつきなどは感じませんでした。。

操作面では1Uというボディで機能をフルに使った場合などでは
小型のディスプレイではオペレーションが難解になりがちですが
マルチモードセットアップでは32チャンネル分のプリセット、
ボリューム、パンなどの設定をボタン1つで即座にセーブ/リコールでき
さらに、本体の4つのノブを装備し4ノブ×3バンクの
12リアルタイムコントロールでわかりやすくスピーディーに
エディットできますので、大型ディスプレイとタッチパネルによる
オペレーションには及びませんが、慣れれば問題はないと思います。

E-MU PROTEUS 2000の出力は
6パラアウトとS/PDIF、AES PROデジタル出力端子を装備
様々な制作環境に対応できる仕様となっています。

E-MU PROTEUS 2000の音色エディット構成は
オシレーター>フィルター>アンプそしてLFOによるモジュレーションなどで
音作りを行い、24bitデュアルエフェクトプロセッサでエフェクトを施すという
基本的な構成ですが、最大の特徴といえるZ-PLANEフォルマントフィルタと
Patchcordモジュレーターシステムで、強力な音作りが可能となっています。

Z-PLANEフォルマントフィルタは、Morpheusに初めて搭載された
フィルターで2つの異なる曲線を
連続的に変化させる「Morph(モーフ)」パラメータが装備され
一方の設定値からもう一方の設定値まで連続的に
時間変化(モーフィング)させてやることが出来るようになっています。
初期出荷時のバージョン1.05までのモデルは
17個のフィルタータイプを装備
OSのバージョン1.10からはフィルターが33個追加され
50個に増強されていますので、中古などで購入を検討する際には
このOSのバージョンに気をつけていただきたいと思います。
フィルターのタイプは基本的な12dB~36dB/octのフィルターから
「BassBox-303」というネームのTB303をシミュレートしたと
思われるフィルターなど、ローパスフィルターだけでも8種類
その他、ハイパスフィルター、バンドパスフィルターや
フォルマントフィルター、EQ(パラメトリックフィルター)
フェイズシフター、 フランジャー、
レゾネーターやワウのような効果のあるものや、
歪みを得られるものなど多彩なフィルターが用意されており
強力な音作りが行えるようになっています。

Patchcordモジュレーターシステムは、単にLFOやENVと
モジュレーション・ソースを接続するだけでなく、
クロックやラグ、クオンタイズやサミングアンプ、
ダイオードなど、ほかにも多数のソースを選択でき、
まさに往年のパッチ・シンセサイザーのような
複雑なパッチングが可能となっています。

E-MU PROTEUS 2000エンベロープに関しては
従来のE-MU機種に採用されていたAHDSRに代わり、
Attack、Decay、Releaseそれぞれ2基、
合計6ステップのレベルとレートで構成されています。
アサイン構成はフィルター、アンプ、AUXが用意されています。

さらに、E4 ULTRAサンプラーシリーズを使用して
オリジナルのサウンドROMを作成し、E-MU PROTEUS 2000
内蔵できるカスタムサウンドオーサリングに対応しています。
E4 ULTRAサンプラーシリーズが必要となりますが
プレイバックサンプラーながら、オリジナルのサンプルも
内蔵することが可能となっています。

もちろん、これらのスペックだけで
このE-MU PROTEUS 2000が支持されているわけはなく
やはり、最大の要因はその独特のサウンドにあると思います。
他社のシンセサイザーにはない独特の骨太のサウンドは
長年使い続けられている最大の要因だと思います。
ストリングスやブラス、ピアノなど
最新のシンセサイザーに比べればリアルさでは及ばないものの
他のトラックに埋もれないヌケのよいサウンドは希少です。
ストリングスなどの速いフレーズなどでも
はっきりと聞こえてくる音色は、他では得られないと思います。
2000年当時、特に海外ではこの音源が頻繁に使われていましたので
当時のR&BやHIPHOP等のサウンドが欲しい場合は間違いなくお勧めですし
その後に発売されたバリーエーションともいえる
Xtreme Lead 1(XL1)Planet Earthなどともに
現在の機材の中にあってもその存在感は
現在の機材の中にあってもその存在感は
十分に発揮できると思います。



この記事がお役に立った方は上のバナーのクリックをお願いいたします

■■■E-MU PROTEUS 2000スペック■■■

●音源:PCM音源
●同自発音数:128
●サウンドROM:32MB(128MBまで拡張可能)
●メモリー:1024プリセット、512ユーザー
●プロセッサー:32bitプロセッサー
●MIDIチャンネル:32
●フィルター:6ポールZ-PLANEフォルマンとフィルター
●コントロール:12リアルタイムコントロール(4ノブ×3バンク)
●モジュレーション:Patchcordモジュレーターシステム
●エフェクト:24ビットtデュアルエフェクトプロセッサー
●出力端子:アナログ6パラアウト、デジタル(S/PDIF、AES PRO)
      ヘッドフォンアウト
●MIDI端子:IN、OUT、THRU
●最大出力レベル:+4dB
●周波数特性:20Hz~20kHz(+2/-1dB)
●ダイナミック・レンジ:90dB以上
●外形寸法:482(W)×44(H)×215(D)mm
●重量:3.1kg

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/



E-MU EMU Proteus 2000 Demo Song


E-mu Proteus 2000 'Composer' Rom Presets Part 1






テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

E-MU E4XT Ultra

E-MU E4XT Ultra

サウンドハウス



emu_e4xt_ultra1.jpg

emu_e4xt_ultra2.jpg


E-MU E4XT Ultra
希望小売価格498,000円前後
■■■E-MU E4XT Ultra機材情報■■■

 E-MU E4XT Ultraは1999年発売
国内外を問わずプロのミュージシャンから絶大な支持を得ている
E-MU性のハードウェア・サンプラーです。
E-MU社はEmulatorシリーズでサンプラーの初期より
製品を開発してきた老舗メーカーでその独特のコシのある音質は
他では得られなく、定評があります。
E-MU E4XT Ultraにもその血統は受け継がれている印象です。

それでは、早速チェックしていきたいと思います。
ます、処理能力を決定するプロセッサーは、当時としては高速な
32ビットRISCプロセッサー MOTOROLA社製のCold Fireを搭載
当時、機材の複雑化、高性能化が進む中で、
プロセッサーの処理能力が追いつかず、一部の機材では
リアルタイムで鳴らしながら、音色などのエディットを行っていると
発音が遅れたりする製品もありましたが
このE-MU E4XT Ultraでは、そのようなことが感じられず
作業がスムースに行うことが出来るのは評価できる点だと思います。

フロントパネルには当時としては大きめのディスプレイと
各ボタンが、余裕のあるレイアウトで配置されており
長時間の作業でも、他のラックマウント型サンプラーより
はるかに疲れは少なく感じました。
また、ユーザーインターフェイスも考えられており
任意のページやパラメータを記憶させることの出来る
ASSIGNABLE KEYSやジョグシャトルなど
素早く操作ができるように考えられた機能を搭載しています。

入出力端子は、アナログ・ステレオ・インプットが1系統
アウトプットは、ステレオ・アウトが1系統
ステレオ・サブ・アウトが3系統の合計8アウト
デジタル入出力は、AES/EBUデジタル IN/OUTが1系統
MIDI端子は2系統。それぞれIN/OUT/THRU端子を備えています。
さらに、ワード・クロック用のBNC端子を装備し
クロックマスターはAES/EBUまたはBNC経由かを選択可能
また、ASCIIキーボード端子も装備しており
対応のキーボードを使った入力が可能ですので
いがいと時間が取られる各種ネーミング作業も素早く行うことが可能です。

最大同時発音数は128音
RAMは標準で64MB、汎用の72ピンSIMM(要動作確認)を使用して
128MBまで拡張可能です。
(サウンドROM搭載時は64MB)
また、3.2GBのハードディスクを内蔵し、オプションで18GBの
ハードディスクも搭載可能となっています。

サンプラーとしてはファイル互換性も気になるところですが
E-MU E4XT Ultraでは、同じE4シリーズはもちろんですが
EII、EIIIシリーズCR-ROM、AKAI S1000/S3000、Roland S760や
AIFF/WAVファイルの読み込みにも対応しています。

E-MU E4XT Ultraでは、このような機能の他に
豊富な拡張オプションが用意されています。
8in/16outのADATインターフェース等の各種I/Oボード
E-Synth Sound ROM、Orbit/Phatt Sound ROM等の
人気のE-MU音源と同等の音源を搭載できるサウンドROM
電源を切ってもデータが消えず、電源投入後すぐに使うことに出来る
32MBのFlash ROMボードなどがラインナップされています。
このように、単なるサンプラーとしてではなく
サウンドROMを搭載することにより、シンセサイザーとして
使用することも可能となっています。

次にE-MU E4XT Ultraのエディット機能を
見ていきたいと思います。
エディットは同社のシンセサイザーと同等のものが用意されており
当時としてはかなり強力なものといえると思います。
基本的にはPROTEUSシリーズと同じ減算方式のシンセサイズが可能で
PROTEUSシリーズでおなじみのZ-Planeフィルターやモーフィングを
はじめとする21種類のフィルター
2系統17種類のウェーブフォームを持つLFO
往年のパッチ・シンセサイザーをほうふつさせる
最大24系統のパッチングが行える機能など
本格的なエディットが用意されています。

さらにE-MU E4XT Ultraでは波形編集機能も
豊富に用意されています。
ピッチ・チェンジやタイムコンプレッションなどの基本的なものから
汚し・クラッシュ系としても使える、レート・コンバーターや
ビット・コンバーターなど、補正や修正のみならず
積極的な音作りのアイテムとしても使えそうです。
またその他にも、2つのサンプルを動的にミックスする機能や
リズムループなどをスライスしてテンポやパターンを変えることの出来る
Beat-Munging機能など、高速プロセッサーを生かした
当時としては、とても豊富な機能が用意されています。

エフェクターも40種類を持つものと、32種類をもつものの
2系統用意されており、クォリティもレコーディングレベルといえます。
さらに、その他にも48トラックのシーケンサーや
アルペジエーターも搭載されいます。

最後に重要な音のキャラクターですが
国産のサンプラー、シンセにはない、独特コシのある音質で
E-MUの名に恥じない期待通りのキャラクターです。
立ち上がりのより、ブラスやストリングスはまさにお家芸といえるでしょう
さらに、音の太さからドラムサンプルやベースなどには特に効果的で
重圧な低域と、しっかりとしたアタック感は、
ソフトウェア/ハードウェア・サンプラーを含め
他のサンプラーでは得られない素晴らしい質感を持っていると思います。
ソフトウェア・サンプラー全盛期の今だからこそ
このE-MU E4XT Ultraのキャラクターは非常に貴重で
プロのミュージシャンに愛用され続けている
理由であると思います。



この記事がお役に立った方は上のバナーのクリックをお願いいたします

■■■E-MU E4XT Ultraスペック■■■

●AD変換:16ビット
●DA変換:20ビット
●サンプリング周波数:22.05kHz、24kHz、32kHz、44.1kHz、48kHz
●メモリー:標準64MB、最大拡張時128MB
●フィルター’6ポール・アナログ・シミュレート・フィルター(21種類)
●マルチエフェクター:24ビット処理×2系統
●最大同時発音数:128音
●最大マルチティンバー数:32ch、32パート
●シーケンサー:48トラック
●SCSIコネクター:フル・ピッチ(アンフェノール)50ピン
●周波数特性:20Hz~20kHz
●SIMMスロット:72ピン×2
●内蔵ハード・ディスク:標準3、2GB、最大拡張時18GB
●アナログ入力:ステレオ1系統
●アナログ出力:スデレオ・メイン1系統、ステレオ・サブ3系統
●デジタル入出力:AES/EBU(XLR)
●外形寸法:435(W)x133(H)x336(D)mm
●重量:8kg


サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/










テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

E-MU E4 Platinum

E-MU E4 Platinum

サウンドハウス



e4p1.jpg
e4p2.jpg
E-MU E4 Platinum
E-MU E4 Platinum
価格680000円
■■■E-MU E4 Platinum機材情報■■■
サンプラーなど、デジタル系の音楽機材で、現在の主流を言えば
ソフトウェア・ベースのもだと思います。
そのような中であえてハードウェア・サンプラーを
使用する意味を含めて見ていきたいと思います。
このE-MU E4 Platinumは基本性能やユーザー・インターフェースは
前モデルのE4Ultraシリーズを引き継ぎ、
RFX-32という新開発のボードを搭載しています。
 E-MU E4 Platinumには、大きな特徴が2つあります。
1つはRFX-32という32ビット処理のDSPプロセッサー・ボードの搭載。
このRFX.32は、従来の内蔵エフェクトとはけた違いにパワフルなもので、
32ビットのステレオ・マルチエフェクトが16台分(も内蔵されています。
その上、内部バス・アウトが14もあります。
内部のサンプルにはもちろん、インプットからの信号に対して、
サンプリングしなくても直接エフェクトをかけることが可能です。
さらに、このエフェクトもプラグイン形式を採用しており、
今後リリースされる多様なエフェクト・アルゴリズムを
簡単に追加することができるようになっています。
 そしてメーカーの言葉を借りれば、E-MU E4 Platinum
すべてを最初から備えている。
E4 Ultraではオプション扱いとなっていた64MBのRAM、
20GBのHDD、RFX-32と一緒に新登場した8イン/16アウトの
24ビットADATカード、24ビット/8バランス出力カード、
24ビット/4バランス入力カードなど、
ほとんどすべてのオプションが搭載済みだ。
あとはROMスロットにお好みの音色ROMを取り付けるくらいだろう。
新開発のRFX-32とこれらの充実したI/Oによって、
E-MU E4 Platinumはサンプラーとしてだけでなく、
ミキサー、エフェクターとして使うことも可能になったと言える。
 もう1つの変化は、E4 PlatinumのリリースとともにEOSが4.6になったことです。
マルチセットアップの保存/リコール、新しいサンプル・エディット・ツールなどの
追加機能や、他社サンプラーとのデータ互換性もさらに向上しています。
また、その他にも以下のような機能があります
・ENSONIQ ASR-10、ASR-X、EPSのサンプル/プリセットを
HDD、CD-ROM、フロッピーからロード可能
・RFX-32のマルチモード・スクリーンで、直接FXバスと
ミキサー・ルーティングのエディットが可能
・FXパラメーターに対してのMIDIコントロール
・BPMベースのFXでのPatchchordモジュレーション
・RFX-32用の新しい“Dance Production Set"プラグインの搭載
 [内容]Ultra Phaser、Ring Modulator、Muxster(BPMスライサー)、
 Quad Muxster(4バンドBPMスライサー)、vocoder
・オーディオ信号でサンプルをトリガーするTRIGGERモードの採用
 
本機の特徴を簡単に紹介したところで、E4Ultraシリーズの良さと
E-MUの意向を考えてみたいとおもいます。
コンピューター、ソフトウェア・サンプラーが安価で手軽に使えるようになった
E-MU E4 Platinumの価格は、正直言って安くはありません。
しかし、プロのミュージシャンでE4 Ultraシリーズを
愛用している人は本当に多ようです。
それはなぜかと問えば、答えぱ出音がE-MUの音だからの一言に尽きると思います。
操作性、スペックうんぬんを語り出すとE-MUをはじめ
ハードウェア・サンプラーには不利な点が多くなってくるかもしれませんが、
ここに音の好みが加味されれば、そんな悩みは吹っ飛んでしまう。
未だにMOOGのシンセの音は本物でなければ出せないという事実と同様に、
E-MUのサンプラーもそれでしか出せないキャラクターを持っていると思います。
E-MU E4 Platinumも例に漏れず、この音が欲しいから使うのだと思います。
 E-MUも自社のハードウェアに誇りを持ってい
E-MU E4 Platinumはこの操作性、そして出音にこだわったAD/DA、
使うべき人が使えば間違いなく素晴らしい音が出てくる。
E-MU E4 Platinumはまさにプロフェッショナルのためのサ
ンプラーであると言えると思います。



この記事がお役に立った方は上のバナーのクリックをお願いいたします

■■■E-MU E4 Platinumスペック■■■

■AD/DAコンバーター:20ビット、24ビット
■データ・エンコーディング:インプット:16ビット、
24ビット、アウトプット/20ビット、24ビット
■オーディオ入力端子:アナログ×6、デジタル:ADATXI(8ch)、AES/EBUXI
■オーディオ出力端子:アナログ×16、デジタル:ADATX2(16ch)、AES/EBUXI
■MIDI端子:MIDIINX2、OUTX2、THRUX2
■その他の接続端子:ワード・クロックBNCIN/OUT、SCSIX2、ASCIIキーボード
■周波数特性:20Hz~20kHz+-1dB
■最大同時発音数:128
■マルチティンバー数:32
■内蔵シーケンサー:48トラック
■外形寸法:435(W)×133(H)×336(D)mm
■重量:8kg(本体)


サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/









テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

E-MU Vintage Pro

vintagePro.jpg

EMU Vintage Pro
■■■機材情報■■■
EMU Vintage Proは1960年代から70年代そして80年代に開発され活躍した
偉大なクラシックキーボードと至高のアナログ・デジタルシンセサイザー
Hammond B-3オルガンやWurlitzer EP、そしてMinimoogやARP2600
CP70などの伝説的なキーボードサウンドを1Uラックスペースで再現
30台以上のクラシックキーボードから一つ一つのサウンドをサンプリングしており、ヴィンテージサウンドの幅広いコレクションを誇ります。
このヴィンテージサウンドを駆動するのは、業界定番となった
E-MU PROTEUS 2000サウンドモジュールの強力なシンセシスエンジン。
128ボイスポリフォニー、32MIDlチャンネル、100以上ものシンセシスパラメータ、
モジュラー・シンセサイザーを並のPachcordシステム、
50タイプを持つ多彩なZ-Planetフィルター、
2系統24bitステレオエフェクト、最大128MB波形を実現する3基の
拡張サウンドROMスロット、フロントパネルから簡単にサウンドを
エディット可能なコントロールノブといった
ハイスペックかつ使い易い数々の機能の全てを受け継いでいます。

■■■スペック■■■
●収録サウンド:Hammond B-3,WurlitzerEP、FenderRhodes,HohnerClavinet,Farfisa,Mellotron,Moogs,Prophets
OberheimOBX,Jupiter,Juno,808,909,ARPs,DX7,CP70,Matrix,SH101
TB303,E-MU Modular,Fairlighl_他
●最大同時発音数:128
●パート:32
●プリセットサンプルROM:32MB
●拡張サウンドROMスロット:3
●接続端子:アナログステレオアウト3 デジタルアウト1
MIDI IN*2/OUT/THRU*2

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。