DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

audio-technica INDEX

audio-technica INDEX

AE2500(バス・ドラム用コンデンサー&ダイナミック・マイクロフォン)
AT4040(コンデンサーマイクロフォン)
AT4047/SV(コンデンサーマイクロフォン)
ATH-M50(スタジオ・モニター・ヘッドフォン)
ATL290(コンデンサーマイクロフォン)
ATS500(コンデンサーマイクロフォン)
スポンサーサイト

audio-technica AT4047/SV

audio-technica AT4047/SV

サウンドハウス



at_at4047sv.jpg
at_at4047sv2.jpg


audio-technica AT4047/SVを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

audio-technica AT4047/SV
オープンプライス予想価格60,000円前後
■■■audio-technica AT4047/SV機材情報■■■

 audio-technica AT4047/SVは日本では長い間
発売されていなかった、海外専門のモデルで
そのクォリティの高さから、日本での正式発売が期待されていた商品です。
一時期(2006年)に生産完了の記事も出て、落胆していたのですが
この度、大幅にプライスダウンして日本での発売となりました。
 AT4047/SVの発売は古くATシリーズとしては
AT4033A、AT4050/CM5、AT4060と発売されてきた
次の製品ということになります。
audio-technica AT4047/SVの海外での評判は非常に高く
あのKISSなどは、LIVEでベースアンプ、ポールのギターアンプ、
エースのギターアンプすべてにAT4047/SV
使用していたほどです。

 audio-technica AT4047/SVは切れ味と
トータルバランスのよさを兼ねるコンセプトのもとに
1インチ大口径ツインダイアフラムを搭載した、audio-technicaお得意の
サイドアドレス型コンデンサーマイクロフォンです。
指向性は単一指向性で、そのマイク形状は背面特性をも
考慮して設計されている徹底ぶりです。
実際に指向特性を見ると、前面は非常に綺麗で緩やかな指向性を持ち
背面もきちんとカットされている特性です、
周波数特性は20~20,000Hz、特性も低域から中域はフラットで
5kHzから10kHzにかけて、独特の調整がなされており
10kHz以降は緩やかに落ち込んでいる
NEUMANN U87Aiを思わせる、とても音楽的周波数特性という印象です。
特に5kHzあたりの周波数特性はこれまでのaudio-technicaの
ATシリーズとはちょっと違った特性を持っていますので
チェックの際はそのあたりも聴いてみたいと思いました。
また出力段トランスの見直しにより大幅なノイズの低減に成功しています。
さらに、本体にはパッドスイッチを装備し、80Hz・12dB/oct.
ハイパスフィルターにより、-10dBのカットが可能となっています。
また、このマイクの特徴は携帯電話やワイヤレスインカムなどの
ノイズに対する対策が強化されており、環境の悪い現場での
トラブルを大幅に軽減する設計がなされています。

実際に見た感じの大きさは、思ったほどではなくコンパクトという印象です。
それでは、実際に使用してみたいと思います。
まずは、ボーカルでチェックしてみました。
個人的にはaudio-technicaのマイクは好みで、多用していますので
いつものサウンドを思い浮かべていたのですが
音色キャラクターは今までの製品とはちょっと違いものでした。
audio-technicaのコンデンサーマイクロフォンといえば
非常にフラットで、若干高域に気持ちよい倍音が感じられる
キャラクターが特徴でした。
反面、中域の粘りや密度といったモノはNEUMANN U87Aiのほうが
やはり上だと感じていました。
audio-technica AT4047/SVは、今までの
ATシリーズのフラットな特性は維持しつつも
中域に密度が感じられる印象でした。
もちろんNEUMANN U87Aiとはキャラクターは異なりますが
ボーカル用として、NEUMANN U87Aiよりも低域から高域まで
ワイドな帯域で録音したい時はAT4047/SV
魅力的な製品であると思います。

さらに、海外では定番の使用方法であるギターアンプでの
マイク録りをしてみました。
ギターアンプのマイクはダイナミックマイクの他は
AT4033aを使用する機会が多かったのですが、
今回audio-technica AT4047/SVを使用しましたが
素晴らしいの一言でした。
AT4033aで、バッキングではちょうどよかったのですが
リード・ギターでは、後処理が必要な状況が多くありましたが
AT4047/SVでは、ATシリーズ独特の高域の伸びに加え
中高域の張りが加わったようなサウンドで
綺麗な中に、ちょっとパワーが加わった印象となりました。
最大音圧が149dB SPLありますので、オンマイクでも安心で
余裕のある録音が行えたと思います。

また、アコースティックギターの録音は、これまでのATシリーズは
ちょっと弱かった印象で、他のマイクを選択する機会が多かったのですが
audio-technica AT4047/SVは美しい魅力的なサウンドで
繊細なアコースティックギターサウンドが欲しい時には
その魅力を発揮できると思います。

さらに、ピアノでもモノラルですが試してみました。
ピアノの録音は難しい部類の仕事ですが、
audio-technica AT4047/SVでは明るく
粒立ちのよいキャラクターで、セッティングさえ気をつければ
それほど、後処理をしなくてもオケに埋もれない
高品位のピアノサウンドが録音できるのは、魅力的だと思います。
値段からすると、ステレオで揃えることも可能かと思いますので
ピアノの本格的な録音にも使用してみたくなりました。

いままでの、ATシリーズはボーカルやストリングスなどの弦楽器
金物系、ギターのバッキングなど、比較的幅広い用途に使用されてきましたが
audio-technica AT4047/SVでは中高域の魅力が足され、
さらに、応用範囲が広くなった印象です。
いろいろ試してみた結果、上記のソースはもちろんですが
このマイクの特性やキャラクターから、オールマイティに
こなすことのできるコンデンサーマイクロフォンであると思います。
最初の1本としてもおすすめです。
海外での発売時の価格が160,000円前後であったことを考えると
現在の価格(60,000円前後)で購入できる事は
とてもコストパフォーマンスの高い製品であるといえます。



この記事がお役に立った方は上のBlog Rankingバナーのクリックをお願いいたします

■■■audio-technica AT4047/SVスペック■■■

●型式:DCバイアス型コンデンサーマイクロフォン
●指向特性:単一指向性
●周波数特性:20~20,000Hz
●感度:(0dB=1V/1Pa、1kHz) -35dB
●最大入力音圧レベル(1kHz、 THD1%):149dB SPL
●ローカット:80Hz、12dB/oct
●入力ATT:10dB
●SN比(at1KHz/1Pa):85dB以上
●出力インピーダンス:200Ω
●電源:ファントムDC48V
●消費電流:3.3mA
●質量:430g

audio-technica AT4047/SVを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

audio-technica AT4047/SVを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/










テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

audio-technica ATS500

audio-technica ATS500

サウンドハウス



ats500.jpg


関連商品AUDIO TECHNICA AE3000を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

audio-technica ATS500希望小売価格50,000円
■■■audio-technica ATS500機材情報■■■

 audio-technica ATS500はATSシリーズの
コンデンサーマイクロフォンのひとつ
同シリーズは、同時期に発売された
ペンシル型コンデンサーマイクロフォンのATS400、ATS410と
後にhつばいされたバックエレクトレットコンデンサー型のATS520があります。
その中でこのaudio-technica ATS500は同形式の
コンデンサーマイクロフォンとしては、非常に軽量コンパクトな設計で
セッティング場所を選ばない設計が特徴といえると思います。
 audio-technica ATS500の周波数特性表を見ると
4KHzから8kHz付近に若干のクセがあるような特性ですが
全体的には、フラットでソースを選ばず幅広い用途でつかえる印象です。
スペックとしては、周波数特性30~18,000Hzで
最大入力音圧は148dBと驚異的に高く、機能的にも
パッドスイッチ、ローカットスイッチを備え基本性能は
十分なスペックを持っています。

 それでは、audio-technica ATS500
チェックしていきたいと思います。
まず手に取った第一印象は、もったい以上に小さいこと
持ち運びも便利で取り回しもよい印象です。
その反面、ボディはの作りはしっかりして頑丈な作りで
安心感があります。
付属のショックマウントも安定性に問題はなく
しっかりと固定できます。
audio-technica ATS500を実際に使用してみました。
定番のボーカル録りでは、中高域にクセというほどではありませんが
独特の張りがあり、それがこのマイクの独特の特徴となってると思います。
アコースティック・ギターでは、リードではやや物足りなさを
感じるかもしれませんが、バッキングなどには最適なサウンドで
特別な処理の必要なくオケになじむような印象です。
全体的には、クセがなくオールマイティに使えるサウンドであると思います。
また、audio-technica ATS500の特性として
オンマイクより、オフマイクの方がクリアでフラットな
良質なサウンドが得られると思いました。

総合的にaudio-technica ATS500はフラットで
幅広い用途で使用できるコンデンサーマイクロフォンという印象
低価格、小型で使い回しもよく、入力音圧も高いので
初めてのコンデンサーマイクとしてもおすすめできます。

■■■audio-technica ATS500スペック■■■

●型式:バックエレクトレットコンデンサー型
●指向特性:単一指向性
●周波数特性:30~18,000Hz(ローカットスイッチ付き)
●感度(0dB=1V/Pa、1kHz):-50dB
●出力インピーダンス:100Ω
●最大入力音圧(1kHz at 1% T.H.D.):148dB SPL(158dB SPL, with 10dB pad)
●電源:ファントムDC48V
●外形寸法(ヘッド径×全長):φ48×119.5mm
●本体仕上げ:ブラック
●コネクター:キャノンXLRMタイプ
●質量:約231g

関連商品
関連商品AUDIO TECHNICA AE3000を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

関連商品AUDIO TECHNICA AE3000を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/






















【コンデンサーマイク】audio-technica AE3000

詳細は画像をクリックして下さい。

楽天  イケベ楽器楽天ショップ

値下しました!

audio-technica / AE3000

<CONDENSER MICROPHONE >


詳細は画像をクリックして下さい。

楽天  イシバシ楽器 WEB SHOP










テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

audio-technica ATL290

audio-technica ATL290

サウンドハウス



atl290.jpg


関連商品AUDIO TECHNICA AE3300を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

関連商品AUDIO TECHNICA AE5400を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

audio-technica ATL290希望小売価格32,000円
■■■audio-technica ATL290機材情報■■■

 audio-technica ATL290はATLシリーズのひとつ
ドラムやピアノの収録に適したペンシル型コンデンサーマイクロフォンのATL160
小型軽量クリップ付きで、管楽器などにも装着可能な
コンデンサーマイクロフォンのATL180
仰角60度までクリアに捉える半球前方指向性バウンダリーマイクロホンのATL300
そして今回紹介するaudio-technica ATL290という
シリーズ構成となっています。
その中でもaudio-technica ATL290は低価格でありながらも
様々な用途に対応するべく開発されたコンデンサーマイクロフォン
という位置づけという印象です。
 audio-technica ATL290は形状を見ると
ボーカル用ダイナミックマイクというイメージですが、
実際にはボーカルからインストゥルメンタル収録まで幅広く
使用できるように開発されたコンデンサーマイクロホンです。
ボーカル使用時にはハンドリングノイズを大幅に低減する
ショックマウント防振構造とハイパーカーディオイド特性が威力を発揮し
インストゥルメンタル収録には高安定・高性能の
金蒸着2μmウェーブダイアフラムの広い周波数特性と高感度が
効果的な収録ができるように設計されています。

 audio-technica ATL290の周波数特性を見ると
低域は、150Hzあたりから緩やかに落ち込む特性を持っており
高域は2KHz付近から10KHzまでやや盛り上がりそれ以上は
緩やかに落ち込んでいる特性です。

実際にaudio-technica ATL290を使用した感想ですが
周波数特性にあった低域の落ち込みや、高域の特性はほとんど感じられず
クセがなく、フラットな印象でした。
また感度も高く、最大入力音圧が138dBあることからも
非常に使いやすいコンデンサーマイクロフォンという印象です。
スペック通り、ハンドリング・ノイズも少なく
ボーカルには最適だと思います。
audio-technica ATL290はハンド・マイクタイプ
ということで、オンマイクで使用するという
クセがついており、最初のうちはオンマイクでテストしていたのですが
試しにオフマイクでも試してみました。
結果は、どのような距離でも、きちんとそれぞれ収録できる
特性を持っている印象で求める音質にあわせて、
セッティングが可能であると思います。
 audio-technica ATL290の音質はボーカル以外でも
ドラムの上物でよい効果が得られました。
また、低域も超低域はあまり出ていないのですが
ミッドローあたりの、低域の骨太感や空気感はとてもよく収録できる
特性を持っていると思いますので、ベースなどの低音楽器の
収録にもっさいてきであると思います。
一つだけ短所を上げるとすれば、audio-technica ATL290
全体的に、おとなしめの印象でロック系のトラック収録などには
ミックス時に多少の補正が必要だと思います。
 audio-technica ATL290はライブからレコーディングまで
ボーカルからインストゥルメンタル録音まで
幅広い範囲で使用できるコンデンサーマイクロフォンという印象です。
このようなコンデンサーマイクロフォンがダイナミックマイクと
同程度の価格で購入できるのは、コストパフォーマンスの高い
製品であるといえると思います。

■■■audio-technica ATL290スペック■■■

●型式:バックエレクトレットコンデンサー型
●指向特性:単一指向性
●周波数特性:70~20,000Hz
●感度(0dB=1V/Pa、1kHz):-42dB
●出力インピーダンス:100Ω
●最大入力音圧(1kHz at 1% T.H.D.):138dB SPL
●電源:ファントムDC48V
●マイクホルダー寸法:φ21mm(グリップ径)
●外形寸法(ヘッド径×全長):φ50×168mm
●本体仕上げ:レザー
●コネクター:キャノンXLRMタイプ
●質量:約290g

関連商品
関連商品AUDIO TECHNICA AE3300を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

関連商品AUDIO TECHNICA AE3300を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

関連商品AUDIO TECHNICA AE5400を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

関連商品AUDIO TECHNICA AE5400を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/




















値下しました!

audio-technica / AE3300

<CONDENSER MICROPHONE>【送料無料】


詳細は画像をクリックして下さい。

楽天  イシバシ楽器 WEB SHOP

audio-technica AE5400

コンデンサーマイク 単一指向性


詳細は画像をクリックして下さい。

楽天  ワタナベ楽器 楽天SHOP




















テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

AUDIO-TECHNICA ATH-M50

AUDIO-TECHNICA ATH-M50

サウンドハウス



ath_m50.jpg


AUDIO-TECHNICA ATH-M50を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

AUDIO-TECHNICA ATH-M50
AUDIO-TECHNICA ATH-M50オープン・プライス市場予想価格17,800円
■■■AUDIO-TECHNICA ATH-M50機材情報■■■

 AUDIO-TECHNICA ATH-M50は密閉ダイナミック型の
スタジオ・モニター・ヘッドフォン、
強磁力マグネットを採用した大口径φ45mmドライバーユニット
長時間のリスニングを考慮した耳に確実にフィットするイヤパッドなど
プロの現場での使用を考慮した設計がなされています。 
 AUDIO-TECHNICA ATH-M50のスペックは
周波数特性が15Hz~28kHzとなっており、より高域にシフトした
周波数特性であるといえます。
許容人力は1,600mW、ネオジウム・マグネットのドライバーが採用されており
音が歪みにくい設計がなされているようです。
また、インピーダンスが高めになっていますので
普通のヘッドフォンに比べ音量は大きくなると思います。
 AUDIO-TECHNICA ATH-M50はスタジオ・モニターとして
設計されたとのことですが、折りたたみ機能が搭載されており
専用の収納ポーチも付属しています。
スタジオ使用では珍しい設計ですが、どのスタジオでも自分の
使い慣れた、ヘッドフォンを使用したいユーザーは多いと思います。
また、モバイルパソコン等で、出先でも作業したい方などは
このAUDIO-TECHNICA ATH-M50のような
モバイル対応のヘッドフォンがあれば、どこでもスタジオと同じ
ヘッドフォンモニター環境を持ち運び作業できるのは
嬉しい限りで、今の事情を考慮した上で制作した製品だと感じました。
 AUDIO-TECHNICA ATH-M50のサウンドですが
密閉型ならではの、コシのあり余裕のある再生音です
全体的にフラットで音量の大小による変化も少なく使いやすい印象です
しいていえば、低域と高域にAUDIO-TECHNICA独特のキャラクターがありますが
「クセがある」というほどではありません。
左右の広がりも良く、試聴していて広い空間を感じます、
定位も非常に分かりやすく、立体感も十分に感じられます。
スタジオ定番と言われている、モニターヘッドフォンよりも
クセが無くフラットな印象です。
レコーディング時のモニターとしては、定番ヘッドホンよりも
クセが少ないぶん、物足りなさを感じるかもしれませんが
トラックの音作りや、各種チェック用としては
AUDIO-TECHNICA ATH-M50の方が
使いやすいかもしてません。
 また、装着感は密閉感が程よい強さで遮音性能は高いと思います。
パッドの可変幅が広く、どのような頭の形状にをフィットできるように
設計されていますので、非常に使れにくいと思います。
重量も284gと平均的で問題はありません
さらに、AUDIO-TECHNICA ATH-M50では
カールコードを採用していますので、コードがイスや身体に巻き付く
トラブルも軽減され、なにより常にコード周りがスッキリしていますので
精神衛生上の良いと思います。
 AUDIO-TECHNICA ATH-M50
そのサウンド、装着感、利便性などどれをとっても
これといった短所はなく、素晴らしい能力を感じるヘッドフォンです。
万人にお勧めできる製品といえると思います。

■■■AUDIO-TECHNICA ATH-M50スペック■■■

●型式:密閉ダイナミック型
●ドライバー:φ45mm、CCAWボイスコイル
●再生周波数帯域:15~28,000Hz
●許容入力:1,600mW
●インピーダンス:38Ω
●出力音圧レベル:99dB
●質量(コード除く):284g
●プラグ:標準/ミニ金メッキステレオ2ウェイ
●コード:1.2m 片出しOFCリッツ線 カールコード(伸長時約3m)

AUDIO-TECHNICA ATH-M50を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

AUDIO-TECHNICA ATH-M50を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/























【ヘッドフォン】audio-technica ATH-M50

詳細は画像をクリックして下さい。

楽天 イケベ楽器楽天ショップ



モニターヘッドフォン【新品】

audio-technica ATH-M50



詳細は画像をクリックして下さい。


楽天  イシバシ楽器店 渋谷店



ニューデザインのモニターヘッドホン登場!

audio-technica ATH-M50


詳細は画像をクリックして下さい。


楽天  DJ機材専門店PowerDJ’s







テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。