DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LINE6 Bass Pod Pro

LINE6 Bass Pod Pro

サウンドハウス



basspodpro1.jpg

basspodpro2.jpg


LINE6 /POD X3 PROを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

LINE6 Bass Pod Pro
希望小売価格99,800円
■■■LINE6 Bass Pod Pro機材情報■■■
  
 LINE6 Bass Podが発売されてから、
ベーシストが使用しているのをよく見かけるようになりました。
また、ドラムループや単発ドラムをLINE6 Podではなく
LINE6 Bass Podを使用して空気感を作る
ミュージシャンも数多く見かけます。
歪みなどの、汚し系のエフェクトはPodの方が過激にかかるのですが
存在感を変えずに程よい荒らし加減やにじみを加えたいときに
とても重宝する印象です。
今回レポートするLINE6 Bass Pod Pro
LINE6 Bass PodのProバージョンで
2Uラックマウントとなっています。
 LINE6 Bass Pod Proはもちろん
LINE6 Bass Podが持っていた機能はすべて備えています。
さっそく、ベースを入力し試聴してみました。
エフェクトプリセットは、同じ物がありましたので
試してみましたが、音は別物といった印象です。
もちろん、良い意味でです。
LINE6 Bass Pod Proの方がレンジ感が大きく、
他のトラックの音にが埋もれない力強いサウンドです
DAコンバーター自体にも差があるのではないでしょうか
ワンランク上のサウンドといった印象です。
さらに、リアパネルを見るとPro仕様ならではの仕様が伺えます。
通常の-10dBVアンバラ・フォーン・アウトの他に
モデリング・DI共にバランス・キャノンの+4dBuアウト
(リフトノグランド切り替え付き)があります。
さらにLive/Studioという切り替えスイッチがあり、
ライブ時にアンバランスはステージ・アンプ、
バランスはPA卓へと使い分けられる用になっています。
デジタルアウトも本格的な物で
Extemal Digital Clock ln付きのAES/EBUとS/P DIFアウトがあります。
さらに、リアンプ用のライン・インが用意されており
エフェクターとしてMIX時に他の音色とのマッチングを
合わせながらじっくりと設定を詰めていけます。
この端子はプリエフェクトのリターンとしても使えます。
欲を言えば、完全にプロ用エフェクターとして
XLRのラインインプットがあればと思いました。
前記のサウンドレポートは、アナログアウトを使用していましたが
今度は、今度はデジタル・アウトも試してみました。
LINE6 Bass Pod Proはフロント・パネルに
Digita1 Syncスイッチがあり、44.1/48kHz、Externa1の切り替えが
できるので、クロックジェネレータよりクロックを送り
DAWに録音してみました。
結果は同じくレンジ感・ヌケの良い、かつクリアで
レスポンスの良いものでした。
さらにノイズも軽減されているようにも感じました。
やはり、DAW環境においては、デジタル・アウトの存在は重要で
レベルマッチングなどの作業を減らし、高音質で
効率的に作業が行えるのは嬉しい仕様です。
 LINE6 Bass Pod Proはベーシストが使用することを
前提にしていますが、HDRベースのクリエーターや
エンジニアにとっても大きな武器になると思います。

■■■LINE6 Bass Pod Proスペック■■■

■モデリング:アンプ・モデル(32)、キャビネット・モデル(16)、
 デジタル・エフェクト(16)
■アナログ入出力:ライン入力(フオーン)、ベース入力(フオーン)、
 ステレオ出力(フオーン/アンバランス)、ステレオ出力(XLR/バランス)
 センド/リターン(フオーン)、ヘッドフオン(フオーン)
■デジタル出力:AES/EBU(コアキシャル)、S/PDIF(コアキシャル)
■AD変換:24ビット
■外形寸法:482.6(W)×88.9(H)×177.8(D)mm
■重量:4.54kg

LINE6 /POD X3 PROを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

LINE6 /POD X3 PROを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/






































LINE6 / POD X3 PRO アンプ・シミュレーター

詳細は画像をクリックして下さい。


楽天  イシバシ楽器 WEB SHOP








POD史上最強モデル!LINE6 / POD X3

詳細は画像をクリックして下さい。

楽天  パワーレック鍵盤堂




LINE6 / POCKET POD EXPRESS

【ライン6】【アンプシミュレーター】


詳細は画像をクリックして下さい。

楽天  イシバシ楽器 WEB SHOP




詳しくは画像をクリックして下さい 






スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

LINE6 POD XT

pod_xt.jpg

LINE6 POD XT
■■■機材情報■■■
ギター・アンプ・シミュレーターの定番、LINE6Podに機能を追加したPodXT
ホーム・レコーディングのみならす、プロフェッショナル・マシンとしても
価値を得たエフェクターと言えます。
MARSHALL、JCMやFENDER Twinなどを32種類のアンプ・モデル、
22種類のキャビネットのモデルを搭載、キャビネットのモデリングは
ミュート・ピッキングをした際、スピーカーが振動によるサウンドを
再現するなどは非常に"生"に近いものがある。
また、Acoustically IntegreHted Recordingにより、
ギター・アンプを録音するとき、
キャビネットに対して4種類のマイク・セッティングと、
部屋の広さまでも1ステップずつ100%まで設定可能な機能がある。
これによりマイクのオン、オフマイクでのセッティングまで再現可能です。
POD XTの内蔵エフェクトは10種類のダイナミック系のエフェクトがモデリングされていて、比ベーシックな歪み系はもとより、ファズ・サウンドも非常に忠実に再現してます。
このほかにもコンプレッサーのBOSSCS-1MXRDynaComp、
MUTRON3(オート・ワウ)などのエフェクトプログラムも装備
モジュレーション系もビンテージ物のモデリングが多く
最古の国産コーラスのBOSSCE-1などパラメータまで、忠実に再現しています。
LESLIE145やFENDERVibmtoneなどのロータリー・スピーカーの
シミュレーションも装備されている。
また、ROLANDRE-201やのようなテープ・エコーのシミュレートもあり
チューブ(真空管)系アウトボードのシミュレートもあります。
リバーブもアンプ内蔵型のスプリングをはじめとする15種類のセッティングがあり、
POD XTはギターでの使用はもとより、USBデジタル入出力を装備していますので
DAWにおける積極的な音作りを行えるエフェクターとしてもおすすめです。

■■■スペック■■■
●AD/DA:24ビット
●プリセット:アンプ・モデル:32、キャビネット・モデル:22、マイク・モデル:4、エフェクト・モデル:49、チャンネル・メモリー:64
●入出力端子:ギター・インプット、ヘッドフォン・アウト、十4dBu(バランス)ノー10dBV(アンバランス)1/4(L/Mono、R〕出力端子、MIDlIN、OUT/THRU、RJ-45フット・コントローラー端子、デジタル入出力用USB端子
●外形寸法:280(W)×190(D)×74(H)mm
●重量:1.25kg
●定価:75,000円

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。