DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STUDIO ELECTRONICS C2S

C2Sa.jpg

C2Sb.jpg

STUDIO ELECTRONICS C2S
STEREO COMPRESSOR
■■■機材情報■■■
アナログ・シンセMidiminiSE-1有名なSTUDIO ELECTRONICS社製
ステレオコンプレッサーC2S
FETタイプのステレオコンプUREI 1176を元に
独自の技術を加えた設計となっています。
出力段にNEVE1272タイプのクラスA回路を使用し
トランスも1272と同様のスペックのものが搭載されています。
基本操作は1176同様で
レシオは4:1/8:1/12:1/20:1が選べ、squashモードにて
有名な1176のレシオボタン全押しのサウンドを再現しています。
このレシオ・ボタン全押しは、派手につぶれた独特なサウンドで
ほかのコンプではなかなか真似ができないものです。
入出力端子はXLRとTRSフォーン両方を備えていますので
自宅使用も考慮されていると思われます。
サウンドはつぶれ具合や音色変化など、初期の1176に近い音質です。
ハイファイ音ではありませんが、過激なサウンドや
積極的な音作りが行えます。
もちろん、ベーシックなレベル揃えに使うこともできますが
初期の1176時代のサウンドを再現する場合や
コンプを積極的な音作りの道具として考えている方におすすめ致します。

■■■スペック■■■
●入出力端子:XLR、TRSフォーン(バランス)
●RATIO:4:1/8:1/12:1/20:1/squash(ALL)
●外形寸法:483(W)X44(H)×360(D)mm
●重量:6kg

スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。