DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RODE INDEX

RODE INDEX

K2(真空管コンデンサーマイクロフォン)
NT2000(コンデンサーマイクロフォン)
NT3(コンデンサーマイクロフォン)
NT5(ペンシルタイプ・コンデンサーマイクロフォン)
スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

RODE NT5

nt5.jpg

RODE NT5
価格42,000円
■■■RODE NT5機材情報■■■
ペンシル・タイプのコンデンサー・マイクといえば、
ドラムのオーバーヘッド、あるいはアコースティック・ギターの
収録に使うのが定番です
アコースティック・ギター録音では、とても素直で色付けの少ない印象で
中域(3~4kHz辺り)にピークのある感じなのですが、
やたらと高音の伸びるマイクよりも、原音に忠実な印象で、
実際に近距離で聴いたギターに近い音を表現してくれます。
きらびやかな響きや空気感には欠けるものの、
エッジの効いた鋭い音です。
特に低音弦を使ったフレーズが魅力的で、
ピックのこすれる音がロックっぽい印象でとてもよい感じです。
ドラムのオーバーヘッドでは、非常に映像的な印象というか、
シンバルがくっきりと浮き出て、しかもその厚みまで手に取るように分かる感じです
シンバルの音の違いをはっきりと表現しています。
ドラム・キットの定位もくっきりしていてクリーンな印象です。
タム類の低音感や、キット全体のニュアンスをとらえることは
定番マイクに譲るとしても、シンバルを録るのには
非常に魅力的なマイクであると思われます。
従来のオーバーヘッド用マイクで、高城にピークのあるものは、
きらびやかでシンバルのサスティンを美しく表現しますが、
もう少しパワフルなアタック感が欲しいときにはぴったりのキャラクターです。

■■■RODE NT5スペック■■■
●指向性:カーディオイド
●周波数特性:20Hz~20kHz
●出力インピーダンス:250Ω
●ダイナミック・レンジ:>128dB
●最大出力:+13.9dBu
●最大SPL:+13.9dBu
●外形寸法:20(φ)×118(H)mm
●重量:1.8kg


サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

RODE K2

k2.jpg

RODE K2
価格70,000円
■■■RODE K2機材情報■■■
低価格コンデンサー・マイク・ブームの先駆けとなったNT2をはじめ、
RODE社のコンデンサー・マイクは、今ではプロからアマチュアまで
広く浸透しています。
商品構成はマイク本体、専用電源ユニット、接続用ケーブル、
ショックマウント・サスペンションとなっています。
マイク・スタンドに接続できる変換アダプターも付いた
ショックマウント・サスペンションは、別売りで買うと意外と高く、
これが付属しているのもうれしいポイントです。
マイク本体は、ニッケル仕上げで高級感も重量感もあり
しっかりしたボディになっています。
電源ユニットとマイク本体を専用の付属ケーブルで接続し、
電源ユニットに付いているXLR出力からミキサーなどに
接続するという作りになっています。
本機の大きな特徴と討えるのが、その電源ユニットに、ノイズレスで
無段階に変更できる指向性切り替えツマミが付いていることです。
通常指向性は、スイッチなどで切り替えると完全に変わってしまうのですが、
本機はその中間のような指向性にできます
それぞれの調整位置で音質も変わるので、
ちょっとした音作りにも役に立ちそうです。
音質は、きれいな音という印象、特に重低城に関しては、
なだらかにロールオフされている感じがあり、
オンマイクでも変なボコボコ感は感じられません。
RODE社のマイクは高城がきらびやかで非常に抜けている印象あったのですが、
本機にはその極端な印象はなく、真空管の特徴がよく出ていると思います。
ボーカルでは、特に女性ボーカルでは好印象で、
すごくきれいな声を聴かせてくれます。
高城が盛り上がりながらも、7、8kHz辺りの子音の部分と
声の軽くなり過ぎる耳障りな部分は逆に盛り上がりません。
高城が伸びながらも嫌な部分は出ないという特性です。
また、中低城に関しても“ほんのり"と膨らみがあり、大さも程よくあります。
極端なクセが無いのも良い印象で、もし後でEQなどで声を作りたくなっても
全体的にどうにでも持っていけそうです。
本機は最大SPLが162dBもあり、かなりのオンマイクや大きい声でも
びくともしない作りです。
アコギの場合ぱアルペジオなどはきれいな鳴りを録ることができます。
RODE製のマイクの中ではほんのちょっと高めですが、
その作りは値段の高いマイクにも負けないものになっていると思います。

■■■RODE K2スペック■■■
●周波数特性:20Hz~20kHz
●出力インピーダンス:20Ω
●感度:-36dB(IV/Pa)、16mv@94dBSPL士2dB
●ノイズ:10dBASPL
●最大出力:>十30dBu(@THD=1%、lkΩ)
●ダイナミック・レンジ:150dB
●最大SPL:162dB(@THD=1%、lkΩ)
●SN比:81dB(1kHz/1Pa)
●外形寸法:60(φ)×234mm
●重量:850g


サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

RODE NT2000

nt2000.jpg

RODE NT2000
価格50.000円
■■■RODE NT2000機材情報■■■
オーストラリアのメーカーRODEは、1990年にコンデンサー・マイク
NT2をリリースして以降、メーカーとしての地位を確立しました_
特にNT2は、ラージ・ダイアフラムのコンデンサー型で
10万円を切る価格と、そのサウンド・クオリティでプロ/アマ問わず一世風麿し、
高品質・低価格マイクという世界的な市場を切り開いたと言えます。
NT2000の外観はRODEマイクのフォルムによく見られる感じで、
ニッケル処理された重厚なボディや、二重になっているウィンド・スクリーン
などの堅実な加工を見ると、実際は手頃な価格なのにそれを想像させません。
また正面中央には指向性(無指向~単一指向~双指向)
ローカット・フィルター(20~150Hz)、PAD(O~-10dB)の
大型円型ポッドが用意されています。
これらはすべて無段階の連続可変で、視認性も取り回しも良好です。
ダイアフラムは、厚さ5ミクロンのマイラー樹脂フィルムに、
従来の工法より付着力の強い股ができるスパッター方式を用いて24金薄膜を形成
それを手作業で調整・組み込んだ1インチ(25mm)のHF1型デュアル・ダイアフラム
カプセルが採用されてます。
増幅部は、低雑音FET回路による両面基板で構成、出力コネクター(XLR)には、
金メッキ表面処理が施されています。
付属のショックマウントは黒色ポリマー製で、マイク下部のネジでしっかりと
ショックマウント内枠にマイクを固定できます。
音質は、NT2とは全く別物、1ケタ上の価格帯のマイクと同等のサウンドを感じます。
豊潤な低城とシルキーな高城を持ち、情報量も多く、
1960~70年代の真空管マイクのようなサウンド・キャラクターです。
ボーカルではシビランスと高城の倍音とがはっきり区別され、
音像がよく見えます。アコギでは各弦が団子状態にならず、
1弦1弦何を弾いているかがはっきり分離して聴こえます。
そしてボーカルアコギとも、音像・存在感が3次元的に大きく聴こえる印象です。
リバーブやディレイなどの乗りやダイナミクス系エフェクトのかかりも良好です。
既存のマイクではローカット・フィルターのカットオフ周波数が固定されている
ものが多いのですが、NT2000はこれも無段階で変更できるので、
外付けのEQなどを使用せず適切なカットオフ周波数を設定できます
さらにPAD、指向性も無段階で変更なのでマイク本体のみで
目的のサウンドを容易に獲得できるできると思います。
1ケタ上の価格帯のマイクと肩を並べるサウンド・クオリティ、
もしこの価格帯でコンデンサー・マイクを購入する予定があるなら
迷わずこのマイクを選択すべきだと思います。
本機は期待を裏切らないサウンドとオールマイティな用途を提供してくれる、
新たな基準となるマイクとして活躍してくれるはずです。

■■■RODE NT2000スペック■■■
●周波数特性:20Hz~20kHz
●出力インピーダンス;200Ω
●感度;-36dB(IV/Pa)、16mv@94dB SPL、土2dB
●ノイズ;7dBASPL
●最大出力;+15dBu(@THD=1%、lkΩ)
●ダイナミック・レンジ;136dB
●最大SPL;147dB(@THD=1%、lkΩ、PAD未使用)
●SN比;84dB(lkHz/lpa)
●対応電圧;48V
●外形寸法;60.5(φ)×230(H)mm
●重量;834g(本体)

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

RODE NT3

NT3.jpg

RODE NT3
■■■機材情報■■■
ローコスト・コンデンサーマイクの先駆者RODE社
それまでのNTシリーズよりもコンパクトなボディで
RODE NT3はファンタム電源が使えない状況でも
バッテリー(9V)起動が可能です。
指向性、パッド、ローカットなどの回路を省略したシンプルな設計ですが、
SPLが140dB以上と過大入力にも対応していますので
音質は、フラットではありませんが明るいキャラクターで
抜けが良く力強いサウンドです。
原音以上に明るめのサウンドになりますので
エフェクターで調整しなくてもマイクアレンジだけで
出来上がりのサウンドになることも少なくありません
アコースティックギターのカッティング、アルペジオなどでは
よい録音結果が出るように思います。
ヴォーカルでは子音が強調される傾向はありますが
周波数特性が20Hz-20kHzとワイドレンジで
超低域もしっかりひろいます。
RODE NT3は個性的でRODEキャラクターのあるマイクだと思います

■■■スペック■■■
●タイブ:コンデンサー
●指向性:ハイパーカーディオイド
●周波数特性:20Hz-20kHz
●出力インピーダンス:200Ω
●ノイズ・レベル:17dB
●感度:一39dB
●最大SPL:140dB
●電源:ファンタム電源、9Vバッテリー
●外形寸法:30(φ)X260(H)mm
●重量:375g
●定価:28,000円
●発売:2000年

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。