DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MXR Computer Rhythm 185

mxr.jpg

MXR Computer Rhythm 185
■■■機材情報■■■
ギターなどのエフェクターで有名なMXRが
80年代半ば、LINNやEmuのリズムマシンに対抗するべく
発表したComputer Rhythm 185
ROMチップに8ビット、サンプルを搭載しプログラム可能なシーケンサーを搭載
当時としては、高いスペックのリズムマシンでした。
Computer Rhythm 185はユーザーインタフェースで
それまでになかった方法を取り入れました。
当時のリズムマシンのほとんどは、
ドラムパッドが水平方向に、一列または2列に並べられていましたが
本機は、4×3列に配置されています。
その後、MPCシリーズでこのような、配列のパッドは
珍しくなくなりましたが、当時としては画期的だったといえると思います。
内蔵音色は12、12音色すべてに独立した
ヴォリュームフェーダーが用意され、
各楽器のバランスを素早く取ることができます
音色は、8ビット独特の荒いサウンドで
今では、貴重なサウンドだと思います。
残念ながら、リズムマシンとしては成功を収めることが出来ず
製品としては途絶えてしましましたが
ローファイ系の音色は今でこそ使える音色といえると思います。


サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL

■■■MXR Computer Rhythm 185収録サンプリングCD■■■

http://www.lgril.com/



●RHYTHM WORKS COMPLETE EDITION●

●RHYTHM WORKS SPECIAL EDITION●

●RHYTHM WORKS PLUS●

●RHYTHM WORKS●


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。