DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RUPERT NEVE DESIGNS INDEX

RUPERT NEVE DESIGNS INDEX

The Portico 5012(2chマイクプリアンプ)
The Portico 5014(ステレオ・フィールド・エディター)
The Portico 5032(2chマイクプリアンプ&EQ)
The Portico 5042(テープ・シミュレーター)
The Portico 5043(2chコンプレッサー/リミッター)
スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

RUPERT NEVE DESIGNS The Portico 5014

RUPERT NEVE DESIGNS The Portico 5014

サウンドハウス



portico5014a.jpg

portico5014b.jpg


RUPERT NEVE DESIGNS The Portico 5014
RUPERT NEVE DESIGNS The Portico 5014 オープンプライス 241,500円前後
■■■RUPERT NEVE DESIGNS The Portico 5014機材情報■■■

 The Portico 5014はNEVEやFOCUSRITEを立ち上げ、
AMEK製品の設計等を手がけてきた、アウトボードの神様的な存在の
ルパート・二ーヴ氏が新しく立ち上げたブランドRUPERT NEVE DESIGNSの
ハーフ・ラックのアウトポードThe Porticoシリーズの一つ
ステレオ音場の広がりをコントロール可能はアウトボードです。
 The Portico 5014のフロントパネルは
左側に、大きめの大きめのインプットゲインつまみがL/R独立で
用意されており、-6db~+12dbという広い可変幅をもています。
その上には、インプット・アウトプット切り返しkのLEDメーターを装備
その隣には、このThe Portico 5014の肝ともいえる
WIDTHつまみ、1バンドですが中域コントロール用のEQ、
さらに距離感を調整するDEPTHつまみが並んでいます。
 The Portico 5014を実際に操作する際は
心臓部ともいえるWIDTHつまみとDEPTHつまみが重要となってきます。
まずはWIDTHつまみ、左に回しきるとMONO、右に回しきるとWIDEとなります。
実際に、ソースをいくつか入力して試してみましたが
左に回しきったMONO状態でも、完全なモノラルという印象ではなく
自然でオケになじみやすくなる印象でした。
また、完全なモノラルソースはWIDE側でもあまり効果は得られませんでしたが
ステレオソースで、少しでも広がっているような音源の場合は
効果をはっきりと認識することができます。
通常、ソースを広げるためには、コーラスやモジュレーションをかけた
ディレイ等を使用しますが、どうしても揺れすぎたり
音が奧に引っ込んだりする場合が多いと思いますが
このThe Portico 5014
全くそのようなことはなく、音像がはっきりとしたまま
ステレオに広がっており、ソースのニュアンスを損ねることがありません
さらにThe Portico 5014のDEPTHつまみは
WIDTHつまみをONにしないと機能しないもので
WIDTHつまみで広げたソースの距離感を調整するためのものです。
例えば、音像が前に出すぎているトラックなどの調整には
絶大な効果を発揮します。
これら、WIDTHつまみとDEPTHつまみの組み合わせにより
微妙な音像の調整から、大胆な配置の効果音的なトラックまで
様々な音場を作り出すことができると思います。
また、The Portico 5014にはその他に
EQセクションがあります。
EQは中低域の120Hz~2.4kHzを15dBブースト/カットでき、2
種類のQカーブをセレクト可能
1バンドのみですが、本機の使用目的を考えれば
あくまで、音場を作り出すエフェクターですので
その調整用と考えれば、十分な使用であるといえます。
 The Portico 5014を実際に使用して感じたのは
ステレオ・イメージャーとしては珍しく音が太いと言うことです。
パート・ニーヴ氏が得意とする入出力段のトランスへのこだわり等が
このにもしっかりと受け継がれており
通しただけで、少しザラつきのあるウオームなサウンドになります。
誰もが認める、ベースやバスドラの録音、
またオケ中で勢いが増し華やかに聴かせられる
ニーヴ・サウンドが、このThe Portico 5014でも
得ることができます。
各トラックのインサートエフェクターとしてはもちろんですが
音ヤセがありませんので、ミックスダウンの最終調整用としても
安心して使用できるクォリティーを持っています。

■■■RUPERT NEVE DESIGNS The Portico 5014スペック■■■

●ゲイン:-6dB~+12dB
●入出力:アナログ入出力L/R(XLR)、インサート用のSEND出力(TRSフォーン)、
 RETURN入力(TRSフォーン)、バスL/R入力(TRSフォーン)、DC12V入力、
●EQ:パラメトリック(120Hz~2.4kHz、ワイドQ/ナローQ、+-15dB)
●外形寸法:235(W)×225(D)×45(H)mm
●重量:2.8kg

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/











【現品特価】

RUPERT NEVE DESIGNS / Portico 5014

(フィールドエディター)


詳細は画像をクリックして下さい。

楽天 パワーレック鍵盤堂







テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

RUPERT NEVE DESIGNS Portico5043

RUPERT NEVE DESIGNS Portico5043

サウンドハウス



rnd_portico5043_1.jpg

rnd_portico5043_2.jpg


RUPERT NEVE DESIGNS Portico5043を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

RUPERT NEVE DESIGNS Portico5043
市場予想価格252000円
■■■RUPERT NEVE DESIGNS Portico5043機材情報■■■

 RUPERT NEVE DESIGNS Portico5043コンプレッサー/リミッターデュオは
ダイナミックプロセッシングに全く新しくて強力なアプローチを実行します。
RUPERT NEVE DESIGNS Portico5043はトラッキングと
ミキシングで活躍できるようにデザインされています。
ハーフラックサイズに独立した2基のコンプリミッター
(チャンネル A と B)が並んでいますこれらは別々にも
リンクさせて使うこともできますまたリアパネルのTRSジャックを使って
複数のRUPERT NEVE DESIGNS Portico5043
リンクさせることもできます。
さらにこのリンクはAMEK CIBとDMCLユニットにまで拡張できます。
音質は生ドラムやエレキベース、エレキギター、アコースティック・ギター
と試していったのです、非常にクセが無く原音を損なうことが無く
リダクションすることが出来る印象です。
積極的に音質を変えるような使い方は望めないと思います
しかし、ボーカルではすばらしい結果が得られます
本機は今までに聴いたことの無いような超ソフト・ニーコンプレッサーです
RUPERT NEVE DESIGNS Portico5043はVCAを使用した
コンプレッサーにもかかわらず、全く別次元のコンプ感を表現しています。
レベルはうまく抑えられ、コンプの不自然さが無く音色も変わりません。
また特記すべきこととして、FBスイッチがあります
このスイッチをオンにするとコンプレッサー特有のポンピング現象が無くなります。
リリースを長くしても不自然さがまるで感じられず、
音色もスッキリしていて驚かされます
このようにRUPERT NEVE DESIGNS Portico5043は、
リズム系のパキっとしたコンプ感を得るというよりも、
音色や倍音を崩さないようにコンプを
かけたいというような場合に素晴らしい結果をもたらしてくれます

■■■RUPERT NEVE DESIGNS Portico5043スペック■■■
Gain Range:
Continuously variable from –6 dB to +20 dB.

Threshold Range:
Continuously variable from –36 dB to +22 dB.

Ratio Range:
Continuously variable from 1.1:1 to “Limit” (40:1).

Attack Range:
Continuously variable from 20mS to 75mS

Release Range:
Continuously variable from 100mS to 2.5 Seconds.
FF/FB:
Feed-Forward or Feed-Back VCA control.

LINK:
Multiple 5043’s may be daisy-chained via the rear panel jacks. When an individual channel is
engaged, it’s control voltage appears at the rear panel LINK jack. When both channels are engaged
they are linked together internally and their control voltage also appears at the rear panel LINK
jack.

LINE or BUSS input select:
Selects rear XLR input or 1/4” Buss Input jacks to accept Portico series Buss Outputs.

Maximum Output Level:
Balanced and Floating Transformer Output +25 dBu.

Total Harmonic Distortion and Noise:
@ 2kHz, +20 dBu output level, no load.
Main Output, compressor bypassed: Better than 0.001%
Main Output, compressor engaged: Better than 0.06%

Noise: Mostly 2nd Harmonic
Measured at Main Output, un-weighted, 22Hz-22kHz, terminated 40 Ohms.
With Gain at Unity, Compressor disengaged Better than –103 dBu
With Gain at Unity, Compressor engaged: Better than –92 dBu
Frequency Response:
Main Output, Unity Gain @ 18 Hz –3 dB
@ 150 kHz –3 dB
Crosstalk
Measured Channel to Channel: Better than –80 dB @ 16kHz
METERS A/B:
Monitors INPUT LEVEL and GAIN REDUCTION of either channel A or channel B.
5043 Power:
Voltage Range 9 to 18 Volts DC, 9Watts

RUPERT NEVE DESIGNS Portico5043を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

RUPERT NEVE DESIGNS Portico5043を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/























【即納可能】

RUPERT NEVE DESIGNS / Portico 5043

2Ch Compressor/Limiter


詳細は画像をクリックして下さい。

楽天  パワーレック鍵盤堂


【コンプレッサー&リミッター】

RUPERT NEVE DESIGNSPortico 5043


詳細は画像をクリックして下さい。

楽天  イケベ楽器楽天ショップ







テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

RUPERT NEVE DESIGNS Portico5042

5042.jpg
RUPERT NEVE DESIGNS Portico5042
市場予想価格241500円
■■■機材情報■■■
これまで数々のブランドがアウトボードやプラグインとして
テープ・シミュレーター系のエフェクターを出してきましたが
リアリティを感じる製品がありませんでしたが
RUPERT NEVE DESIGNS Portico5042は
本格的なテープ・シミュレーターサウンドを得ることが出来ます
ロンドンのダブ・トラック風のローとハイのあの感じや
エイドリアン・シャーウッドのミックスなどで使用された
1/4インチ・テープ、走行スピード7.51PSアナログ・マスター・レコーダー
その低音の感じなど、非常によく再現されています
本機は、楽器単体にかけるよりもミックス時のマスターや
マスタリング用途に向いているのではないでしょうか。
独特なハイ落ちとローの盛り上がりがあるのですが、
SATURATIONや走行スピードのモードを使用して
音色優先でありががらテープのリアリティのある感じを
出すことが出来ます。

■■■スペック■■■
Line Amp Specifications
(Measurements with tape circuit disengaged)

Noise:
Measured at Main Output, un-weighted, 400 Hz-22 kHz, Terminated 40 Ohms Balanced.
With Gain at Unity Better than –100 dBu.

Frequency Response:
Measured at +10dBu, trim at unity.
Main Output: @ 10 Hz. –0.50 dB
@ 200 kHz –3 dB
Maximum Output Level:

Balanced and Floating Transformer Output: +25 dBu.

Total Harmonic Distortion and Noise:
@ 1kHz, +20 dBu output level, no load. Better than 0.0015%.
@ 20Hz, +20 dBu output level, no load: 0.250% typical. Mostly 2nd and 3rd
Harmonic

Crosstalk:
Measured Channel to Channel: Better than –90 dB @ 16kHz

Buss Output:
Output is designed to feed the RND 5014 Buss-mixer, Monitor Amplifier at the internal system
level of –2.5 dBu. Output level of the RND 5014 is then equal to that of the 5042.

Tape FX Specifications
(Measurements with tape circuit engaged)

Maximum Output Level:
Gain trim at Unity, Saturation at Min: +25 dBu
Gain trim at Unity, Saturation at Max: +6 dBu

Noise:
Measured at Main Output, un-weighted, 400Hz-22kHz, input terminated 40 Ohms Balanced.
With Gain at Unity, Saturation control at Min: Better than –70 dBu
With Gain at Unity, Saturation control at Max: Better than –90 dBu

Frequency Response:
Tape engaged, 7.5 IPS -3 dB @ 16 kHz
Tape engaged, 15 IPS -3 dB @ 20 kHz
Low frequency response varies with input gain and saturation settings.

Total Harmonic Distortion and Noise:
Tape Engaged: Approximately 1-2% 2nd and 3rd
Harmonic below 1 kHz

Crosstalk:
Measured Channel-to-Channel,
Maximum Saturation: Better than –80 dB @ 16kHz

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

RUPERT NEVE DESIGNS Portico5032

5032.jpg
RUPERT NEVE DESIGNS Portico5032
市場予想価格252000円
■■■機材情報■■■
RUPERT NEVE DESIGNS Portico5032は5012と同等のマイクプリ、
それに3バンドEQが加わった1chモデルです。
ライン・インプットが付いているので、シンセなどのライン楽器に
SILKスイッチの効果を付加できるのも便利でしょう。
マイクプリの印象についてはハイエンドが滑らかに伸びたハイファイ感も
ありつつ、さらに低減はパンチがあるという
今までに聴いたことの無い音楽的なサウンドです。
RUPERT NEVE DESIGNS Portico5032のEQ部分は
最初に各帯城をブーストする方向でチェックしたところ、
クセが無くどんなサウンドにも使える音色と思います
お勧めの使い方は中城のパラメトリックEQをカットする方向で使用すること
位相の乱れも無く、いい感じでカットできました。
さらに、×10スイッチを使用するとデフオルトの周波数レンジである
80Hz~800Hzを800Hz~8kHzに変更できます
つまり、このスイッチを併用することで
80Hz~8kHzの周波数レンジの中からセレクトできるわけです。
これはPULTEC MEQ-5やMANLEY voxboxと同じように、
ボーカルやアコースティック・ギターの中城をカットして
基音と倍音のバランスを調整するときに便利です。
また、コーラスをたくさん重ねるときなどにも
試してみるとよいと思います。

■■■スペック■■■
Frequency Response:
Main Output, no load,
–0.2 dB @ 10 Hz
–3 dB @ 160 kHz

Noise:
Measured at Main Output, unweighted, 22Hz-22kHz,
Terminated 150 Ohms.
With gain at unity better than –100 dBu
With gain at 66 dB better than –62 dBu
Equivalent Input Noise better than –128 dBu

High Pass Filters:
Continuously variable swept frequency from 20 Hz to 250 Hz.
Slope: 12 dB/Octave

Gain:
Unity to +66dB in 6 dB steps,
Trim continuously adjustable from –6dB to +6dB

Buss Output:
Output is designed to feed a Buss-mix Amplifier (ie. Buss inputs on 5043) at the
internal system level of -2.5 dBu.

Maximum Output Level:
Maximum output from 20 Hz to 40 kHz is +25 dBu.

Mute:
Mutes Main Output only.

Total Harmonic Distortion and Noise:
@ 1kHz, +20 dBu output:
Main Output: Better than 0.001%
@ 20Hz, +20 dBu output:
Main Output: Better than 0.002%
Silk Engaged: Better than 0.2% Second harmonic

Equalization:
Low Shelving EQ:
+/- 15dB boost or cut. Corner frequency 160Hz
High Shelving EQ:
+/- 15dB boost or cut. Corner frequency 8kHz 16kHz switch selectable
Mid Peak EQ:
+/- 15dB boost or cut. Continously variable frequency, 80 to 800Hz or
800Hz to 8000Hz switchable

Phantom Power:
+48 Volts DC +/- 1%

Power requirements:
Voltage range: 9 to 18 Volts DC

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。