DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SE ELECTRONICS INDEX

SE ELECTRONICS INDEX

Reflexion Filter Pro(反射音やノイズからマイクを隔離するレコーディングツール)
SE4400A(コンデンサーマイクロフォン)
スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

SE ELECTRONICS Reflexion Filter Pro

SE ELECTRONICS Reflexion Filter Pro

サウンドハウス



reflexion_filter1.jpg

reflexion_filter2.jpg


SE ELECTRONICS Reflexion Filter Proを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

SE ELECTRONICS Reflexion Filter Pro
実勢価格33,600円
■■■SE ELECTRONICS Reflexion Filter Pro機材情報■■■

Reflexion Filter Proは自宅をレコーディングスタジオの
ボーカルブースの状態に近づけるために作られた商品
レコーディングスタジオのボーカルブースは、基本的には
しっかりと密封された防音空間、通常の部屋より極めてデットです。
防音は最近の住宅ではしっかりとしたものがありますが
この響きの少ないデットな空間は、通常では得られません
プロの間でも自宅録音が増えてきましたが
やはり、デットな環境を作るために、吸音材や厚い布を張り巡らすなど
大がかりなセッティングが必要となります。

Reflexion Filter Proは、マイクスタンドに
取り付けて、使用するマイクの背面にセッティングするだけで
レコーディングスタジオのボーカルブースに極めって近い状態で
録音を行うことが出来ます。
本体の重量が3.6kgありますので
それなりのしっかりとしたマイクスタンドが必要です。

 Reflexion Filter Proは背面がアルミ、
内側がレコーディングスタジオの壁の素材と
同じような黒い吸音材で出来ていて、
裏と表とではかなり印象が異なります。
基本的なセッティングは、
マイクスタンドにReflexion Filter Pro
付属の専用取り付け金具で固定し、
マイクの背面をおおうような形で設置します。
たったこれだけで、セッティングが完了です。
今まで、苦労してボーカルブースを作ってきた方にしてみれば
あまりにもあっけなくセッティングが
完了することに驚かされると思います。

実際にReflexion Filter Proをチェックしてみました。
今回は、あえてレコーディングにはいちばん不向きな
家具が少なくカーテンもないフローリングの部屋で
ボーカルをレコーディングしてみました。
まずは、Reflexion Filter Proなしの状態で録音しました
当然ですが、この状態ですといくらオンで歌っても
部屋の響きをたくさん含み、悪い意味でオケにとけ込んでしまい
音の厚みもなくボーカルが引っ込んでしまいます。
デモテープの仮歌録りはいつもこのような感じですので
こんなものかと思いつつ、次にReflexion Filter Pro
背面に設置して録音してみました。
するとサウンドは一転、レコーディングスタジオの
あの感じで録音されました。歴然とした差です。
デットで余計な響きが収録されないにはもちろんですが
声に厚みが増し、息づかいまでもがはっきりと聞こえるようになりました。
オケに混ぜた場合も、存在感が増し定位もしっかりと決まり
ボーカルのニュアンスをしっかりと録音することが出来ます。

これらの録音時の効果は、単純に吸音材による音の吸収だけではなく
吸音材といえども完全に音を吸収するわけではなく
ある程度は反射し、扇状の形状によりその音が中心に跳ね返り
スタジオブースの反響に似た効果を出していると思います。
実際、マイクとReflexion Filter Proの距離でも音質は変わり
近づけるほど、よりデットな音質になるのでキャラクターの調整の可能です。

今まで、自宅のデモ録音では数万円程度のコンデンサーマイクを
スタジオでは、数十万円のコンデンサーマイクを使用していましたので
響きや定位感を除いて、厚みや存在感等の音質の差は、
マイクの価格差だと考えていたのですが、
それだけではなかったようです。
正直、ボーカルの厚みや存在感がReflexion Filter Proによって
これだけ良好になるのは予想外の結果でした。
Reflexion Filter Proをセッティングしただけで
音が太くなるというのは、にわかには信じがたいとは思いますが
実際にチェックした紛れもない事実です。

総合的にみてReflexion Filter Proにより
デットな録音が出来るだけではなく、厚みや存在感までもが増し、
音が太く録音することが出来ます。
ミックス時もReflexion Filter Proにより録音したトラックは
通常より格段に後処理が楽で、何もしなくても
ヴォーカルが前に出てきてくれるのは嬉しい限りです。
エフェクトのノリも良く、すべての自宅録音を行っている方に
導入の検討をしていただきたい製品であると感じました。



この記事がお役に立った方は上のバナーのクリックをお願いいたします

■■■SE ELECTRONICS Reflexion Filter Proスペック■■■

●外側:音を拡散する為のアルミ素材を型抜き
●内側:音を吸収する特殊な糸状の繊維加工
●アルミの薄片が低域の音をカット
●音響的な防壁となる空気層
●7層にわたるアルミ素材と吸音素材の組み合わせ
●音響設計に基づきMICとの空間を最適に保持
●重量:約3.6kg(梱包重量約4.5kg)
●フィルターサイズ:36cm(対角線)×30cm(高さ)×20cm(奥行)
●MIC取付距離: 20~40cm

SE ELECTRONICS Reflexion Filter Proを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

SE ELECTRONICS Reflexion Filter Proを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/

























【残響調節用フィルター】

SE ELECTRONICS Reflexion Filter Pro


詳細は画像をクリックして下さい。

楽天  イケベ楽器楽天ショップ





周囲の反射音やノイズからマイクを隔離する。

SE Electronics / Reflexion Filter


詳細は画像をクリックして下さい。

楽天  パワーレック鍵盤堂







テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

SE ELECTRONICS SE4400A

SE ELECTRONICS SE4400A

サウンドハウス



sel_se4400a.jpg

SE ELECTRONICS SE4400A
市場価格67,200円
Matched Pair 市場価格136,500円

■■■SE ELECTRONICS SE4400A機材情報■■■

 SE ELECTRONICS SE4400AはSE ELECTRONICS社の
コンデンサーマイクロフォン、SE ELECTRONICSは
全英でNo.1ブランドに成長。
現在、ヨーロッパでもっとも注目されているブランドです。
ボーカルをはじめ、あらゆる楽器収録に最適な万能タイプの
コンデンサーマイクロフォンとして開発され
指向性もカーディオイド、ハイパーカーディオイド、
双指向性、無指向性の4種類から選択可能
60Hz/120Hzローカットフィルターや10dB/20dBパッドも装備
筺体も小型ながら1インチのカプセルと厳選されたパーツを使い、
SE ELECTRONICS社の熱意が感じられる製品です。
 SE ELECTRONICS SE4400Aを手に取ってみると
1インチ(25mm)の大型ダイアフラムを採用している
コンデンサーマイクとしては、小ぶりな印象です。
付属のショック・マウントとあわせても、扱いやすく
セッティングしやすいと感じました。
 SE ELECTRONICS SE4400Aの正面には
-10/-20dBのPAD切り替えスイッチ、60/120Hzのローカット・フィルター設定
指向性切り替えスイッチが並んでおりわかりやすい設計となっています。
 SE ELECTRONICS SE4400Aの周波数特性は
指向性により異なりますが、高域は5kHzから緩やかに持ち上がり
12kHzを頂点として20kHzまでまた、緩やかに下がっていきます。
低域は50Hzより下が、緩やかに下がっています。
その他の帯域は、フラットな特性となっています。
 SE ELECTRONICS SE4400Aを実際に使用した感想ですが
ボーカルで試してみました。
S/N、出力共全く問題ないレベルで、スタジオ定番のマイクと同レベルです。
音質は全体的に、特性を見て思ったよりもおとなしめな印象を受けたました。
低域は若干タイトで、中低域の800Hzあたりに芯がある印象
高域は仲びやかで、シンバルやハイハットなどの金物に良さそうです。
中低域に独特の芯があるので、スネアに試してみたところ
良い結果が得られました。
ダイナミックマイクの存在感のある中低域と
コンデンサーマイクロフォンの高域がプラスされたような印象で
通常は、2本のマイクを使わなければ得られないサウンドが
SE ELECTRONICS SE4400A1本で得られると思います。
同じように、ダイナミックマイクとコンデンサーマイクロフォンを
同時に使うことの多い、ギターアンプのレコーディングでも
使ってみたいと思わされました。
 SE ELECTRONICS SE4400A
ラインナップにステレオマッチド・ペアもあり
独特の中域の存在感を利用すれば、
さまざまな制作に十分大老できる
たいへん魅力的な製品であると言えます。

■■■SE ELECTRONICS SE4400Aスペック■■■

●周波数特性/20Hz~20kHz
●指向性/無指向、双指向、単一指向、超単一指向
●外形寸法/2.5(φ)×140(H)mm

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/








テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。