DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MILLENNIA HV-3C

MILLENNIA HV-3C

サウンドハウス



hv3c.jpg


MILLENNIA HV-3C
オープンプライス 市場税込予想価格304,500円
■■■MILLENNIA HV-3C機材情報■■■
 
 MILLENNIA HV-3Cは高音質でありながら、
独特の粘りある音質で定評のあるHVシリーズの2chマイクプリアンプ
光沢のある黒を基調としたデザインで、シンプルな外観です
インプットゲインの調整は、Aを押すと+18dB
A/Bスイッチを両方を押すことで+36dBとなる使用で
細かい調整はラッチ式のインプットゲインつまみで
1.5dBステップで可変可能で、リコール製に優れた仕様となっています。
また、MILLENNIA HV-3C
インプットに関してはオプションでB&K(DPA)の
ハイ・ボルテージ(130V)のファンタム電源に対応しています。
B&K(DPA)とのマッチングを考慮されていることからも
この商品が、クオリティ重視の製品であることが分かります。
 MILLENNIA HV-3Cを実際に使用してみた感想は、
予想通りでヴォーカルでは原音に忠実でハイファイでありながら、
厚みもあり上品でなおかつエネルギッシュなサウンドです。
ピアノでも、その演奏の表現力は素晴らしく
ダイナミックレンジの広い、深みのあるサウンドと
スピード感をバランスよく表現していると思います。
特に、ソロパートではその存在感を発揮すると思います。
次にMILLENNIA HV-3Cにループ素材を
ラインで入力して見ました
ドラムトラックも上モノもバランスよく鳴ってくれました。
打ち込みモノとの相性も良いようです。
スピード感とボトムの太さが共存した素晴らしい出音です。
単発のキックやスネアを単独で入力した際にも
抜けが良くて中城にハリがあり、それでいて太い。
しかも、ポトムは膨らんでいるわけではなく、
むしろスッキリしているのに太く聴こえるます。
言葉で表現するのは難しいのですすが
このMILLENNIA HV-3Cを通すと
艶がまし、彩りのあるまとまりのある音質になる印象です。
いわゆる、アウトボードとしてのアナログの質感を
見事に表現していると思います。
マイクプリアンプとしてでは無く
様々な、ソースを通して音作りの術として
使用していただきたいプリアンプだと感じました。

■■■MILLENNIA HV-3Cスペック■■■

■チャンネル数:2
■最小ゲイン:8.5dB
■最大ゲイン:60.5dB
■入力インピーダンス:6.2kn(normal)
■出力インピーダンス:24.3Ω
■周波数特性:4Hz~300kHz +0/-3dB
■最大入力レベル:+23dBu
■最大出力レベル:+32dBu
■電源:100V 50/60Hz 12W
■オプション:B&K(DPA)130vDCインプット
■外形寸法:483(W)×44.5(H)×330(D)mm
■重量:約5.4kg


漆黒のボディのミレニア新定番!!Millennia / HV-3C
詳しくは上の画像をクリックして下さい
楽天 パワーレック鍵盤堂

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/




スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

TAPCO Mix100

TAPCO Mix100

サウンドハウス




TAPCO Mix100
オープンプライス市場予想価格13,000円
■■■TAPCO Mix100機材情報■■■

 TAPCO Mix100はプロからアマチュアまで
根強い人気を誇るMACKIEの低価格ブランドTAPCOの製品
TAPCOは低価格ながら、MACKIEの血統を受け継ぎ、ミキサー
パワーアンプ、オーディオ&MIDIインターフェイス、DIボックス
アウトボードなどを販売しています。
そのTAPCOの小型アナログ・ミキサーMixシリーズのひとつ
TAPCO Mix100はノートパソコン用の
カバンに入れて持ち運べるほど薄型、軽量でコンパクトなミキサーです。
 TAPCO Mix100をみてまず驚くのは
コンパクトなボディーもさることながら、
非常に薄型であるのに目がいきます。
これは、電源をACアダプターで供給しているためで
本体に電源トランスを搭載していないので
この薄さを実現しています。
DTM環境で、机の上に置いても違和感なく作業できそうです。
つまみやスイッチ、パネルのデザインなどはMACKIEの系統らしく
長年の同社のノウハウが生きていると感じました。
つまみの大きさ、回し心地、またメインミックスにのみ
採用されている60mmのフェーダーを採用している点など
実際の作業に於いては繊細でスムーズな操作が可能です。
また、コンパクトながらすべてのジャックが上面パネルに
レイアウトされていますので、ケーブルのつなぎ替えなどを
頻繁に行うユーザーにも対応しています。
 TAPCO Mix100のチャンネル構成は10ch
パネルレイアウトは左からファンタム電源対応のマイクプリと
3バンドのEQを搭載したモノラル・チャンネル×2、
ライン人力のステレオ/モノ・チャンネル(EQ無し)×4の構成。
また、全チャンネルに1系統のAUXセンドと
パンポットを搭載しています。
出力はメイン・アウト、コントロール・ルーム・アウト、
モノラルのAUXアウト、ヘッドフオン・アウト。
さらに、CD/TAPEステレオ入出力が1系統装備され、
無駄が無く必要な機能がシンプルにまとまっている印象です。
 TAPCO Mixシリーズは同クラスの製品群の中で最高のサウンドを
提供するプリアンプとEQを搭載しているとのことですが
実際に検証してみたいと思います。
まずは、ラインレベルでのミックスを試しました
シンセをパラアウトでミキサーに入力しミックスしてみました。
ドラムなしの楽曲です。
この価格帯の製品は中高域のクセや変化、軽い歪み感などが
見られますが、TAPCO Mix100では
若干、低域が薄くなる傾向がありましたが、
その傾向はありませんでした。
ワンランク上の出音を感じました。
さらに、今度はドラム入りのミックスを検証します。
先ほどのセッティングはそのままに、ドラムはソフトサンプラーを使用
オーディオ・インターフェイスのアウトをミキサーに入力
先ほどのシンセと共にミックスしてみました。
今度は、トラック数が増えていますが、
ピークが重なったところですぐにひずむこともなく、
ヘッド・ルームにも余裕が感じられました。
また、ドラムが入ったミックスでは低域の薄さは
あまり感じられず問題なく再生されている印象です。
このあたりの音のキャラクターの作り方は
さずがに、MACKIEのノウハウが生きていると思いました。
最後に、マイク入力にコンデンサーマイクをつなぎ録音してみました。
普段は、NEVEなどのマイクプリで録音していますので
それと比べるのも価格的にかわいそうな感じもしますが
それらと比べると、ノイジーな印象です。
もちろん、曲作りの段階で問題になるような
致命的な弱点というほどのことではありません
価格以上の音質を持っていると思います。
また、このキャラクターを生かした音作りもいいのではないでしょうか
 ch1とch2にはHigh(12kHz)、MID(2.5kHz)、Low(80Hz)の
EQは装備されており、周波数ポイントも的を射ており
機器も悪くありません。積極的に音作りが行えます。
 最近は、ほとんどをコンピューター内でミックスするのが定番です
ミキサーは以前ほどチャンネル数を必要としないと
思いますので、TAPCO Mix100
アマチュアのコントロール・センター的な使用から作り込み
プロでも曲作りの初期段階まではカバーできる製品だと思います。
また、やはり小型/軽量を生かし、クラブ・イベントや
ライブなどでの使用にも適していると思います。

■■■TAPCO Mix100スペック■■■

■周波数特性:10Hz~20kHz(-3dB)、10Hz~15kHz(+0、-1dB)
■全高調波歪率:0.005%以下@+4dBu
■等価入力ノイズ:-129dBu(20Hz~20kHzBW)
■残留出力ノイズ:-106dBu
■クロストーク:-90dB@lkHz
■外形寸法:215(W)×41(H)×259(D)mm
■重量:1.4kg


詳細は上の画像をクリックして下さい
ジングル~DTMと中古の楽器店




サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/




テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

Roland Juno-Di

Roland Juno-Di

サウンドハウス



junodi1.jpg
junodi2.jpg


ROLAND JUNO-Diを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

Roland Juno-Di
オープンプライス市場予想価格75,000円前後
■■■Roland Juno-Di機材情報■■■

Roland Juno-Diは、ローランドの人気シリーズ
JUNOシリーズの一つで、先代JUNO-Dの血統を受け継ぐモデルです。
まず、特徴としてあげられるのはその重量
61鍵モデルでありながら、5.2kgという超軽量化を実現しています。
取って付の元箱を持ったときにその軽さに驚いたほどです。
さらに、市販の充電式ニッケル水素電池を単三型8本で5時間の駆動が可能です。
まさに、モバイルシンセサイザーと言えるでしょう。
また、Roland Juno-Diには、USBメモリースロットを搭載
保存したSMFファイルや、WAV/AIFF/MP3などの
オーディオ・ファイルを直接再生できるます。
EXTインプット・ジャックを使えば、iPodなどの
携帯オーディオプレーヤーやCDなどのサウンドソースを
Roland Juno-Diの演奏とMIXして
出力することが可能となっています。
さらに、JUNO-Gで好評だった、マイク入力端子を装備(フォーン)
独立したマイク専用リバーブを搭載していますので
Roland Juno-Di 1台のみで単独のパフォーマンスや
弾き語りセッティングが可能です。
バンド練習などでも、ヴォーカルが一人だけなら
マイクプリが必要なくなりますので重宝しそうです。
もちろん、Roland Juno-Diはシンセサイザーとも
一昔前では、この価格では考えられないようなスペックと
音作りまでしっかりと行える本格的シンセサイザー機能を持っています。
ピアノ音色1番には、この価格のシンセサイザーでは驚異的な
88鍵サンプリングによるピアノパッチが用意されています。
その他にも、エレクトリックピアノ、オルガン、ブラス
ストリングスなどいった、膨大なアコースティックプリセット音色が
バリエーション豊かに用意されています。
もちろん、パッドなどのシンセサイザー・サウンドや
シタールなどの民族楽器、サウンド・エフェクトなども豊富で
内蔵音色は1,082+256(GM2)種類、合計1,338もの
膨大なプリセット・パッチを装備しています。
さらにRoland Juno-Diには29種類の多彩な
ドラム・キットも内蔵、それらの内蔵音色とドラムキットを
128同時発音数と16パートのマルチティンバーで
本格的なDTM音源としても十分活用できます。
エフェクトも5種類のリバーブと3種類のコーラスのほか、
最大3系統まで使用できる79種類のマルチエフェクトを搭載
多種多彩な音づくりが可能です。
全体的な音色の傾向としては、ローランドらしい
ヌケのよい音という印象で、ライブなどでも
他のサウンドに埋もれることなく際立つ音色が多いと感じました
Roland Juno-Diはパネル上に配置された各種ボタンや
つまみなどで、多彩なパフォーマンスをコントロールすることが出来ます。
膨大な音色はピアノ、ベース、オルガン、オーケストラ、シンセ、パッドなどに
カテゴリーに分けられ、それぞれ専用のボタンが
ディスプレイ下に用意され、バリューダイヤルを回すことにより
選ばれたカテゴリーの中で音色を選択していきます。
またユーザーが使用する順番などに応じて、
音色を各ボタンにアサインできるFAVORITE機能を装備しているので、
演奏中でもダイレクトな音色変更が可能です。
さらに、演奏モードも専用のボタンが用意されており
左右の手で違う音色をプレイすることができる「スプリット」
音色を重ねて演奏する「デュアル」などライブ中でも
素早くモード切替が可能です。
Roland Juno-Diでは演奏モードにも、
これまでにない新機能「SUPER LAYER」機能が搭載されています。
この「SUPER LAYER」機能は最大5音hそくまで音を重ねることができ
アナログシンセ顔負けの重厚なサウンドを作ることが出来ます。
そして、ローランド・シンセサイザーの強力な武器であるDビーム機能も搭載
Dビームコントローラーには様々なパラメータをアサインすることができ、
Dビームに手をかざして音色変化をつけることができます。
ここまで、Roland Juno-Diの多彩な機能について
紹介してきました。
超軽量をいかしたパフォーマンス重視のモバイルシンセサイザー
という位置づけの製品といえますが
Roland Juno-Diには、それにとどまらない
本格的なシンセサイザーとしての機能も搭載されています。
USB MIDI機能に対応。
ケーブル1本によるパソコンとの接続で、シーケンス・ソフトへの
MIDI入力が簡単に行えます。
さらにMIDI CONTROLLER機能により、シーケンサーのパラメーターを
JUNO-Diのつまみなどで直感的にコントロールできます。
 また、パソコン・ベースで音色エディットが行える
「JUNO-Di Editor」を同梱。より緻密で本格的な音づくりが可能です。
Roland Juno-Diは本格的な最新サウンド、
超軽量/コンパクト設計、誰にでも扱いやすい優れた操作性など
誰でも手軽にシンセサイザーが楽しめるJUNOシリーズのを
さらに磨き上げたような製品といえるでしょう。
JUNO シリーズ初となる電池駆動に対応したことで、
電源確保の困難な場所でのプレイを可能にし。
ライブ・ハウスからストリート、練習スタジオ、自宅まで、
あらゆるシチュエーションに対応する
キーボード・シンセサイザーとしておすすめです。



この記事がお役に立った方は上のバナーのクリックをお願いいたします

■■■Roland Juno-Diスペック■■■

■鍵盤:61鍵(ベロシティー対応)
■最大同時発音数:128音
■パート数:16パート
■波形メモリー:64Mバイト(16ビット・リニア換算)
■プリセット・メモリー:パッチ/1082+256(GM2)
 リズム・セット/20+9(GM2)、パフォーマンス/64
■ユーザー・メモリー:パッチ/128、リズム・セット/8、パフォーマンス/64
 フェイバリット/100
■エフェクト:マルチエフェクト/3系統(79種類)、コーラス/3種類
 リバーブ/5種類、マイク・インプット・リバーブ:8種類
■SMF/オーディオ・ファイル・プレーヤー部:再生可能フォーマット
 標準MIDIファイル/フォーマット0/1
 オーディオ・ファイル/WAV、AIFF、MP3
■リズム・パターン:プリセット/24グループ×6
■アルペジオ:128
■コード・メモリー:17
■コントローラー:Dビーム・コントローラー、
 ピッチ・ベンド/モジュレーション・レバー、
 サウンド・モディファイつまみ×5
■ディスプレイ:文字1行+20文字2行 カスタムLCD(バックライト付き)
■外部メモリー:USB MEMORY(USB2.0 Hi-Speed フラッシュメモリ対応)
■接続端子:アウトプット・ジャック(L/MONO、R)(標準タイプ)
 ヘッドホン・ジャック(ステレオ標準タイプ)
 マイク・インプット・ジャック(標準タイプ)
 EXTインプット・ジャック(ステレオ・ミニ・タイプ)
 ホールド・ペダル・ジャック
 MIDIコネクター:IN/OUT
 USB COMPUTERコネクター(USB MIDI対応)
■電源:DC9V=ACアダプターまたは充電式ニッケル水素電池単3形(別売)×8
■消費電流:600mA
※連続使用時の電池の寿命(使用状態によって異なります)
充電式ニッケル水素電池:約5 時間 (USB メモリー接続時は約4 時間)
※マンガン乾電池、アルカリ乾電池は使用不可
■外形寸法 :幅1,008 mm/奥行き300 mm高さ104 mm
■質量:5.2 kg





ROLAND JUNO-Diを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

ROLAND JUNO-Diを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/




テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

MANLEY DUAL MONO MICROPHONE PERAMPLIFIER

MANLEY DUAL MONO MICROPHONE PERAMPLIFIER

サウンドハウス



dualmicpre1.jpg
dualmicpre2.jpg


MANLEY Dual Mono Mic Preampを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

MANLEY DUAL MONO MICROPHONE PERAMPLIFIER
オープンプライス市場予想価格275,000円
■■■MANLEY DUAL MONO MICROPHONE PERAMPLIFIER機材情報■■■
 MANLEY DUAL MONO MICROPHONE PERAMPLIFIER
高級業務用機として名高いMANLEY社の2ch真空管マイクプリアンプ
一般的なコンデンサマイクに合うような設計になっているようですが
リボンマイクなどのような、低出力マイクでも問題なく使用可能です
 MANLEY DUAL MONO MICROPHONE PERAMPLIFIER
フロントパネルにはINPUT ATTENUATEつまみ、0dB幅で5dBステップのゲイン調整、
ファンタム電源&位相反転スイッチが2ch分用意されている
非常にシンプルなレイアウトです。
また、フロントパネルに1/4" DIRECT INPUTを装備
インストゥルメント用のDIとして使用できる設計になっており
ベースやギターなどの録音の際に、チューブの温かさを加味したい場合にも
使用することが出来ます。
MANLEY DUAL MONO MICROPHONE PERAMPLIFIER
使われている真空管は、MANLEYの工場で1個1個吟味され、選別された
12AX7LPSと6414を2ch分、出力段に搭載一台一台ハンドメイドで
ワイヤリングする徹底ぶりです
また、すべてのハンダは銀を使用しMANLEYの最高級ハイファイオーディオと
同じ手法で製造されています。
その他にもダブルシールディングを施されたMANLEYカスタムメイドのトランス
ハイキャパシティコンデンサを使ったパワーサプライなど、
長年の経験で培ったMANLEYの技術を余すことなく投入しています。
 かんじんのMANLEY DUAL MONO MICROPHONE PERAMPLIFIERのサウンドは
まさに、同社のイメージそのもの
非常にハイファイで、中城はハリのある分厚い音
音の厚みや粘りも品よく感じ取ることができ、それでいて
ワイド・レンジでスピード感もあります。
特にヒップホップ系のリズムサウンドメイキングには最適な印象で
キックやスネアでの重量感と温かさが気持ちよく、
かなりの音圧を感じることが出来ると思います。
MANLEY DUAL MONO MICROPHONE PERAMPLIFIER
真空管を使用していますので、徐々に入力を上げて
真空管をサチュレートさせてみましたが
重量感は失われずに圧力が増しかなりフアットな良い音になります。
また、楽器入力でのギターやベースも太く重量感のあるサウンドは変わりありません
シンセサイザーなどの音色もMANLEY DUAL MONO MICROPHONE PERAMPLIFIER
入力して見ましたが、どれもも優秀で、特にピアノは様々なジャンルで
使用できるサウンドだと感じました。
MANLEY DUAL MONO MICROPHONE PERAMPLIFIER
基本的には、太い音を求めるかには間違いなくおすすめできます。
逆に、はっきりとしたキャラクターで抜けが必要なサウンドは
苦手かと思います。
しかしながらはっきりとしたクセがあるほどではありませんので
エンジニアからホームレコーディングを楽しむセミプロまで、
幅広く使用できると思います。

■■■MANLEY DUAL MONO MICROPHONE PERAMPLIFIERスペック■■■

■チャンネル数:2
■ゲイン可変幅:+40~+60dB
■入力インピーダンス:2.4kΩ
■出力インピーダンス:500(20Hz~20kHz)
■最大出力レベル:+32dBu
■周波数特性:20Hz~60kHz(±ldB)
■全高調波歪率:<0.05%@1kHz
■外形寸法:483(W)×44(H)×254(D)mm
■重量:4.5kg

MANLEY Dual Mono Mic Preampを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

MANLEY Dual Mono Mic Preampを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる


詳細は画像をクリックして下さい。
楽天 パワーレック鍵盤堂

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/



テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

ABBEY ROAD INDEX

ABBEY ROAD INDEX

EMI TG12413 Limiter(プラグイン・ソフトウェア)

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。