DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WALDORF Blofeld

WALDORF Blofeld

サウンドハウス



blofeld.jpg


WALDORF Blofeldを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

WALDORF Blofeld
希望小売価格99,000円
■■■WALDORF Blofeld機材情報■■■

 WALDORF Blofeldはシンセサイザイーの老舗
WALDORFのテーブルトップシンセサイザー
ウォルドルフは1980年代、歴史的名器といえる
PPG Waveというウェープテーブル方式の音源を持ったシンセサイザーを
登場させ、その独特な鋭いサウンドで一世を風靡しました。
それまでのアナログシンセサイザーが苦手とされていた
ベルの音など、多くのミュージシャンを魅了しました
WALDORF Blofeldはそんな歴史を持った
ウェーブテーブルを継承し、さらにQシリーズので培われた
バーチャル・アナログ音源¥も融合したことで、
デジタルならではの鋭く、かつ透明感のある音から
アナログ・シンセ系の音まで出すことができるようになりました。
 WALDORF Blofeldを最初に見たときは
思ったよりコンパクトで、驚きました。
しかし、ボディやツマミが金属製で、ツマミを回す感触も
しっかりしているため、実際に操作してみるとかなり高級感があります。
 WALDORF Blofeldの音色は、
バンクA~Hそれぞれに128ずつ、合計1,024音色
かなりの音色数ですが、どのようなモードでも本体にある
Playボタンを押し、つまみを回せば音色を選ぶことができます。
また、ディスプレイ右下のCat.Filter部分に
呼び出したいカテゴリー(Arp、Lead、Padなど)を表示させておけば
カテゴリー・サーチができますので、欲しい音色も選びやすくなっています。
 WALDORF Blofeldの基本スペックは
最大25ボイスの発音数で6マルチティンバー
1ボイスあたり3オシレーターを使用でき、各オシレーターの波形は、
アナログ回路を再現したバーチャル・アナログ波形としてパルス波
ノコギリ波、三角波、サイン波の4種類
さらに、PPG Waveの流れをくむウェーブテーブル波形としては
66テーブル持っています。
この3つのオシレーターはそれぞれ自由にFM変調させることができ、
さらにそのソースとしては、3つのオシレーターとは別に
ノイズ・オシレーターも持っていて、オシレーター2は
オシレーター3にシンクさせることもできます。
また、ユニゾンで6音まで音を重ねることができます。
オシレーターだけでも、多彩な音作りが行え
まさに、シンセサイザーとして音を作る楽しみを
味わうことができると思います。
 さらにオシレーターで音作りをした後は
強力なフィルターが用意されています。
各ボイスには2つのフィルターが直列でも並列でも
使用できるようになっており、各フィルターのタイプは
11種類の中から選ぶことができるようになっています。
フィルターのタイプは、一般的なローパス、ハイパス・フィルターは
当然ですが、フランジャーのようなフェイザーのような独特の変化が楽しめる
コムフィルターや、そのフィルターを歪ませることもでき
その歪みのキャラクターも13種類用意されています。
その他に、3つのLFO、4つのエンベロープと
音作りの幅はかなり広いといえると思います。
 WALDORF Blofeldには16ステップの
アルペジエーターも内蔵されていおり、各ステップごとにアクセント、
タイミング、グライド、レングスなどを設定できるため
かなり凝ったパターンをプログラムすることができます。
 もちろん、エフェクトも内蔵
エフェクトは2系列用意されていて、
コーラス、フランジャーなどのモジュレーション系やディストーション
ディレイ、リバーブなど基本的なものは用意されています。
 そして、肝心のWALDORF Blofeldのサウンドですが
バーチャル・アナログならではの、骨太のシンセ・リードや
暖かく広がりのあるパッド、テクノに最適なレゾナンスの聴いたシンセ音
デジタル・シンセならではのノイジーなシーケンス音、
スピーカーが壊れそうなSE音や、どうやって作り上げたのか
分からないような倍音変化のシンセ音など、
とにかく様々なバリエーションが揃っています。
音色を聴いているだけで、曲作りやアレンジの
イメージが広がってくるような音色がたくさんプリセットされています。
 WALDORF Blofeldは小さいながら、
シンセならではの多彩な機能を主役させたさせた
素晴らしいシンセサイザーだと言えます。
画面と操作子の使い勝手や配置もよく考えられている上に、
価格からは創造できないほどの機能とサウンド。
初めての1台としても、ハイアマチュアやプロの方の
新しいバリーションとしての1台として
幅広くお勧めできるシンセサイザーだと思います。

■■■WALDORF Blofeldスペック■■■

■堅牢なメタル製筐体
■7つのステンレス製エンコーダー
■128 x 64ピクセルのホワイトバックLCD
■1000以上のサウンド搭載
■最大25ボイス
■16マルチティンバー
■1ボイスあたり3オシレーター
■オシレーター同士のFM
■すべてのQオシレーターモデル搭載
■すべてのMicrowave II/XT/XTkウェーブテーブル搭載
■バーチャルアナログモデル搭載
■1ボイスあたり2つの独立したマルチモードフィルター
■1ボイスあたり2つのドライブステージ
■1ボイスあたり3つのLFO
■1ボイスあたり4つのエンベロープ
■1サウンドあたり最大16ステップのプログラマブルアルペジオパターン
■1パートあたり1つのエフェクト(別途全体にかかるエフェクト設定可能)
■ステレオアウト
■ヘッドフォンアウト
■MIDIイン
■USB端子=MIDIイン/アウトに相当
(標準ドライバーで動作、Windows XP以降/Mac OSX 10.3以降を推奨)
■専用ACアダプター付属

WALDORF Blofeldを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

WALDORF Blofeldを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/


























【即納】ドイツの秘密兵器「ブロフェルド」。

【送料無料】Waldorf / Blofeld Synthesizer


詳細は画像をクリックして下さい。


楽天  パワーレック鍵盤堂






Waldorf Blofeld (ブロフェルド)【送料無料】

詳細は画像をクリックして下さい。

楽天  イシバシ楽器店 渋谷店


Waldorf Blofeld Keyboard

(ブロフェルド キーボード)【送料無料】


詳細は画像をクリックして下さい。

楽天  パワーレック鍵盤堂




詳しくは画像をクリックして下さい 






スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

WAVES SSL G-Master Buss Compressor

WAVES SSL G-Master Buss Compressor

サウンドハウス



G_MasterBuss.jpg


WAVES/The SSL 4000 Collection Nativeを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

WAVES SSL G-Master Buss Compressor
バンドルセット:SSL 4000 Collection
TDM版 希望小売価格226.800円
ネイティブ版 希望小売価格113.400円

■■■WAVES SSL G-Master Buss Compressor機材情報■■■

 WAVES SSL G-Master Buss Compressor
Solid State Logicのライセンス許諾を得て開発された
SSL4000 Collectionの中のひとつ
伝説的なコンソールSSL 4000 Seriesをベースに
細心の注意を払ってモデリングされたPlug-insです。
このプラグインを、開発するために、
SL 4000ファクトリーリファレンスコンソールと、
Solid State Logic社から提供された部品を元に
音響特性解析とモデリングに1年以上を費やしましたそうです。
 WAVES SSL G-Master Buss Compressor
名高いSL4000Gコンソールのバスセンターコンプレッサを基に
そのIC入力とツインVCAゲインリダクションアンプ設計による
ユニークなサウンドをかねそえています。
このバスセンターコンプレッサは、それでなければいけない
というプロ・エンジニアが世界中に数多くいることからも
そのサウンドが多くの支持を得ています。
極端に言えば、どのようなミックスであっても
このコンプレッサを使えば、ミックスに一体感が生まれ
まとまりのあるサウンドへと仕上げてくれます。
もちろん、プラグインの特性を生かして個別のトラックに
かけるのも良いと思います。
ピアノのダイナミクスを調整したりしたり、
ドラムやパーカッションにパンチを加えたりするのにも最適です。
基本的にはミックスを完成した録音にかける
ファイナライザーとしての活用がメインとなると思います。
 WAVES SSL G-Master Buss Compressorの機能は
一般的な、コンプレッサと同様ですので迷うことはないと思います。
THRESHOLD、MAKE UP、ATTACK、RELEASE、RATIOなど
おなじみのパラメータが並んでいます。
RATIOは2:1/4:1/10:1の3種類、やはりコンプレッサとしての
用途に限定していますので、リミッター的な使い方はできません
また、WAVES SSL G-Master Buss Compressorには
オン/オフ可能なアナログ・エミュレーターを搭載、
デジタル音源やひずみ気味の堅くなった音を扱いやすい
キャラクターにしてくれます。
アナログ・マイクプリやアウトボードを通した質感に近く、
特にミッドレンジにアンビエンス的深みが出ます。
 WAVES SSL G-Master Buss Compressor
コンプの効果(大きい音は小さく、小さい音は大きく)が如実に反映される
特性を持っていますので、いわゆるSL4000Gコンソール風の
ミックスにするためには、最終的に
WAVES SSL G-Master Buss Compressorを使うことを
を想定したミックスをする必要があると思います。
初めて使う場合は戸惑うかもしれません。
しかし、使いこなすことができるようになれば
楽曲の持つキャラクター、立体感、奥行きを殺すことなく、
ガッツのあるビチッとレベルの入ったサウンド構築が可能です。
もちろんSL4000Gコンソールにも、個体差があり
エミュレーターとして、単純に本プラグインを比べることはできません
どこまでいっても本物とは、身妙に差がありますが、
それを取っ払っても実のある、プラグインといえると思います。
しかも、コンソールを購入することを考れば、
コスト・パフォーマンスは驚異的といえると思います。
 
■■■WAVES SSL G-Master Buss Compressorスペック■■■

■最大解像度24bit/96kHz
■Mono/Stereoコンポーネント
■TDM、RTAS、Audio Suite、VST、AUをサポート
■PC/Mac互換

■最大解像度24bit/96kHz
■Mono/Stereoコンポーネント
■TDM、RTAS、Audio Suite、VST、AUをサポート
■PC/Mac互換

■Threshold -15dBu to +15dBu
■Make Up Gain -5dBu to +15dBu
■Attack 0.1ms, 0.3ms, 1ms, 3ms, 10ms and 30ms
■Release 0.1s, 0.3s, 0.6s, 1.2s or Auto
■Ratio 2:1, 4:1, and 10:1
■Fade Rate-S 1s to 60s
■Fade Fade In, Fade Out and Fade Off
■Analog On/Off
■In Bypass On/Off
■Compression VU Meter dB to 20dB

WAVES/The SSL 4000 Collection Nativeを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

WAVES/The SSL 4000 Collection Nativeを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/









WAVES ( ウェイブス ) SSL 4000 Collection Native ☆DECEMBER SPECIALSセール!☆

WAVES ( ウェイブス ) SSL 4000 Collection Native ☆DECEMBER SPECIALSセール!☆






テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

ZOOM RT-323

ZOOM RT-323

サウンドハウス



rt323.jpg


ZOOM RT-323
希望小売価格29,000円
■■■ZOOM RT-323機材情報■■■

 ZOOM RT-323はドラム&ベース・シーケンサー
RhythmTrakシリーズのひとつ、旧来機からインターフェースを
格段に向上させて、液晶ディスプレイなどデータの視認性が
高められています。
 ZOOM RT-323には、
プリセット400+ユーザー100のパターン、
プリセット64+ユーザー64のドラム・キット、
それから377種類の音源が内蔵されています。
このように、多くの機能が内蔵されている点からも
液晶ディスプレイや大型のダイアルも2つ採用されたことにより、
スピーディな操作が行えるはうれしいところ
 実際にZOOM RT-323を操作してみた印象は
ライブやクラブ・プレイでのリアルタイムでの使用が
意識されている印象でした。
パッドにパターンをアサインし、リアルタイムで演奏するGroove Playなどは
DJがスクラッチでもしているような感覚で、
最大4つのパターンを重ねて複雑なグループを演奏することができます。
プリセットされた音色もこの価格から想像される物より
ワンランク上のクォリティを備えています。
また、ダンス系だけではなく、ロック、ジャズ系のパターンも
多数収録されています。
さらに、パソコン用キーボードのスペース・バーのよう
なREPEAT/STEPボタンを押しながらパッドをトリガーすると、
手を放してもそのパターンをループ再生してくれます。
実際、この機能を使ってTR-808系のダンス・トラックをループさせ、
その上に違うパターンを絡ませてちょっとしたDJプレイが
直ぐに行えることができます。
 この他ZOOM RT-323には、
パターン作成のためのPatternモード
(各パッドに音色がアサインされる。ベース・トラック選択時には
パッドは鍵盤として機能する)とソング作成用の
Songモード(パッドにはパターンがアサインされる)があります。
パッドはベロシティにも対応しており、
さらにメロディを演奏することも可能です。
実際に、パッドは白鍵と黒鍵をイメージした
デザインとレイアウトになっています。
オクターブ切り替えも右脇のボタンでワンタッチで
行えるようになっていますので、メロディの打ち込みも
難なく行えると思います。
 先ほども記載いたしましたがZOOM RT-323
内蔵音源は24ビットのD/Aが採用されている本格的な物で
サンプル自体もとても音楽的といった印象です。
ドラムサンプルはもちろんですが、
エレキベースのサンプルなどは、弦のビビる感じまで
再現しているほどです。
もちろんZOOM RT-323は価格的には
高級なシンセサイザーの内蔵ドラムに比べると
劣るところがありますが、EQやエフェクターを使用すれば
実用に問題はなく、個性的なサンプル・ライブラリーを
蓄えていくのもいいと思います。
さらに、ZOOM RT-323には
メイン出力のほかにサブ出力端子も設けられているので、
外部ミキサーを使えば音作りの可能性はさらに広がると思います。
 次にZOOM RT-323のトラック構成を見てみたいと思います。
本機には、ドラムA+ドラムB+ベース+ソング・トラックの
計4トラックが装備されています。
ドラムA/Bとベースに関しては読んで字のごとく、
それぞれプリセットもしくはユーザー独自に作成した
パターンの再生順序を指示するためのものです。
ソング・トラックは多彩な利用法が可能になっていて、
例えば、ドラムA/Bで基本となるベーシックな
リズム・パターンを演奏させ、ソング・トラックには
フィルだけをプログラムしておくなど。
このほか、初代モデルRT-234で採用されて話題になった
サウンド・ジャマー・スライダー
(音色にリアルタイムな変化を与える)
の動きを記録させたり、ドラムやベースのフレーズを
リアルタイム入力することができるよう設計されています。
これらの各トラックは、独立したミュート操作が可能。
プログラム済みのソングからバリエーションを生み出すことも簡単です。
特にテクノ系のソングでは、ドラムAにキックとハット、
ドラムBにスネアとパーカッションという具合にあらかじめ
分けて入力しておけば、場面によってキックとハットだけの
トラックを演奏させたりすることもできます。
 最後にZOOM RT-323のデータ管理も万全で
スマート・メディアによるデータのバックアップ方法にも対応している
さらにMIDIにフル対応、単3電池6本で7時間以上の連続使用を実現、
手軽にセッションを楽しめるLINE INの装備
2系統のCONTROL IN端子装備するなど
活用法にたくさんの可能性を与えてくれる仕様が満載しており
様々な活用ができるリズムマシンだと思います。

■■■ZOOM RT-323スペック■■■

■サンプリング周波数:48kHz
■D/A変換:24ビット8倍オーバー・サンプリング
■同時発音数:30
■分解能:96
■テンポ:40~250BPM
■定格入出力レベル:-10dBm
■外形寸法:265(W)×175(D)×55(H)mm
■重量:870g(電池除く)


サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/








テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

WAVES The SSL G-Equalizer

WAVES The SSL G-Equalizer

サウンドハウス



g_equalizer.jpg


WAVES/The SSL 4000 Collection Nativeを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

WAVES The SSL G-Equalizer
バンドルセット:SSL 4000 Collection
TDM版 希望小売価格226.800円
ネイティブ版 希望小売価格113.400円

■■■WAVES The SSL G-Equalizer機材情報■■■

 WAVES The SSL G-EqualizerはSolid State Logicの
ライセンス許諾を得て開発されたSSL4000 Collectionの中のひとつ
伝説的なコンソールSSL 4000 Seriesをベースに
細心の注意を払ってモデリングされたPlug-insです。
このプラグインを、開発するために、
SL 4000ファクトリーリファレンスコンソールと、
Solid State Logic社から提供された部品を元に
音響特性解析とモデリングに1年以上を費やしたそうです。
 WAVES The SSL G-EqualizerはSSL G Series EQ292を
モデルとした4バンドイコライザーです。
このシリーズは、基本的にE-Seriesを忠実にモデリングしているのですが
このWAVES The SSL G-Equalizer
E-Series EQより大きなゲインチェンジが可能で
微妙にカーブが異なっており、さらにより幅広いQにより
一層厳密なイコライジングが可能です。
印象としては、大胆にブーストでき、鋭く削ることのできる
分かりやすく大胆なミックスを演出してくれる印象です。
使い手の技量が問われるEOです
使いどころは難しいかもしれませんが、
個性的で独特のミックスをすることができると思います。
創造的に使えるツールとしてアクティブに使用できます。
また、WAVES The SSL G-Equalizerには
オン/オフ可能なアナログ・エミュレーターを搭載、
デジタル音源やひずみ気味の堅くなった音を扱いやすい
キャラクターにしてくれます。
アナログ・マイクプリやアウトボードを通した質感に近く、
特にミッドレンジにアンビエンス的深みが出ます。
 最後に操作面に関してWAVES The SSL G-Equalizer
やはり、マウスでの操作は慣れが必要で、操作性の向上は
今後の課題と言えると思います。
 DAWには、プラグインとしてEQが付属していますが
それらとは、明らかにひとつ上の質感を持っていると思います。

■■■WAVES The SSL G-Equalizerスペック■■■

■最大解像度24bit/96kHz
■Mono/Stereoコンポーネント
■TDM、RTAS、Audio Suite、VST、AUをサポート
■PC/Mac互換

■Analog On/Off
■HP Filter In Bypass HP Filter On/Off
■HP Filter Frequency 16Hz to 350Hz
■LF Shelf Filter Frequency 30Hz to 450Hz
■LF Shelf Filter Gain -17dBu to +17dBu
■LMF Bell Filter Frequency 0.2KHz to 2.5KHz
■LMF Bell Filter Gain -20dBu to +20dBu
■LMF Bell Filter Q 3.5 to 0.1
■LMF f :3 Divides Frequency values by 3
■HMF Bell Filter Frequency 0.6KHz to 7KHz
■HMF Bell Filter Gain -20dBu to +20dBu
■HMF Bell Filter Q 3.5 to 0.1
■HMF f x3 Multiplies Frequency values by 3
■HF Shelf Filter Frequency 1.5KHz to 16KHz
■HF Shelf Filter Gain -17dBu to +17dBu
■EQ In Bypass EQ section On/Off
■Phase Reverse On/Off
■Master Output -24dBu to +12dBu
■Output Meters -40dB to 0dB with peak hold and clip indicators
■Trim Output gain adjustment

WAVES/The SSL 4000 Collection Nativeを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

WAVES/The SSL 4000 Collection Nativeを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/






















The SSL Sound - In the Box

WAVES SSL 4000 Collection Native


詳細は画像をクリックして下さい。

楽天 DJ機材専門店PowerDJ’s





伝説的なSSL 4000 Series卓を細部までモデリング。

WAVES / SSL 4000 COLLECTION Native


詳細は画像をクリックして下さい。

楽天  パワーレック鍵盤堂

SL4000Gシリーズセンターセクション搭載

マスターコンプレッサー

SSL / XLogic G Series Compressor


詳細は画像をクリックして下さい。

楽天  パワーレック鍵盤堂




詳しくは画像をクリックして下さい 





テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

EARTHWORKS 1022

EARTHWORKS 1022

サウンドハウス



1022a.jpg


EARTHWORKS 1022
希望小売価格365,400円
■■■EARTHWORKS 1022機材情報■■■

 EARTHWORKS 1022は、独特の製品を作り出している
EARTHWORKS社製の2chのマイクプリアンプ
EARTHWORKS社はピアノ専用マイクロフォン「PianoMic System」
ドラム用ペリスコープマイク「DrumPeriscope」や測定用機器
各種マイクロホンなど、業務用を意識したクオリティの高い
個性的な製品を世に送り出しています。
 その中で、今回紹介するEARTHWORKS 1022
余計な物を極力排除した、非常にシンプルな構成のマイクプリアンプです。
 EARTHWORKS 1022はZDT
(Zero Distortion Preamp Features)回路を採用しています。
この回路は、ノイズとあらゆる種類の歪みを加えた合計値が
0.0001%以下という驚異的な値を実現しています。
つまり、入力された信号に影響するのはゲイン回路のみという
当社の徹底した主張が伺える回路となっています。
 フロントパネルは、+48Vファンタム電源、位相切り替えスイッチ
ゲインとアウトプットトリムというシンプルなレイアウトですが
使いやすく、クリップ・インジケーターも装備。
インプット・ゲインは5dBステップのノッチ式で
TRSフオーン端子での出力のみレベル調整できます。
つまり、XLR出力はレベル調整回路を通っていませんので
XLR出力の方が、よりピュアな出力が可能
実際に、TRSフオーン端子での出力は多少低域がぼやける印象がありますので
XLR端子での出力をお勤め致します。
また、EARTHWORKS 1022には電源スイッチも
搭載されていないことからも回路設計に対するこだわりが感じられます。
 EARTHWORKS 1022のサウンドですが
歪み感が少なく、明快なキャラクターでストレスが全く無く
原音に忠実なものです。
全帯域が満遍なく出ている印象ですが、良く聴くと中域のツヤにが感じられます。
ローエンドもかなり下までよく仲びているようで、
詰まった感じのしない余裕のある音です。
 EARTHWORKSのマイクはストリングスのレコーディングなどで
よく見かけますが、このEARTHWORKS 1022
そのような印象で、同社のマイクを組み合わせて
ストリングスのような上もの系の収録に合っていると思います
クセのない柔らかい音、ハイファイな印象ですので
激しいビート系のトラックにはやや弱いと思われます。
つややかに録音したい生楽器の収録に最適だと思います。
ステップ式のアウトプット・レベルも用意されていますので
ストリングス系やピアノなどのステレオ録音に
最適なマイクプリアンプだと思いました。
オンマイクでは思ったよりパワフル過ぎる音源や、
倍音がきつい音源をナチュラルに録るにはおすすめです。

■■■EARTHWORKS 1022スペック■■■

■チャンネル数:2
■ゲイン可変幅:+5~+60dB
■入力インピーダンス:100kΩ
■出力インピーダンス:5Ω
■接続端子:アウトプット(TRSフォーン、XLR)、インプット(XLR)
■最大出力レベル:+33dBu
■周波数特性:2Hz~100kHz+-0.1dB
■全高調波歪率:<0.0001%
■外形寸法:483(W)×44(H)×263、5(D)mm
■重量:2.7kg

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/







テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。