DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Clavia Nord Piano

Clavia Nord Piano

サウンドハウス



clavia_nord_piano1.jpg


Clavia Nord Pianoを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

Clavia Nord Piano
価格336,000円
■■■Clavia Nord Piano機材情報■■■

Clavia Nord Pianoは絶大な人気をほこる
Nordシリーズのステージ・ピアノモデル。
Nordシリーズと言えば、現代のProphet 5とも言われ
アナログ・モデリング・シンセサイザーとして、確固たる地位を築き
数多くの絶大な支持を得ているNord Leadをはじめ
様々な製品を発売しています。
これまでも、Nord ElectroやNord Stageシリーズには
高品位なピアノ音色を搭載していましたが
さらなる、本格的でプロ仕様とも言える
ステージピアノとしてClavia Nord Pianoは開発されたようです。
早速レビューしてみたいと思います。

Nordシリーズと言えば、赤いボディが特色ですが
Clavia Nord Pianoも、もちろん統一された外見を持っており
一目で同社の製品であると分かります。
仕様としては、88鍵のウェイテッド・ハンマー・アクションを採用
重量は、本格的な鍵盤を採用しているにもかかわらず
18kgとこのクラスでは軽量なモデルとなっていますので
ライブ等持ち運ぶ場面であっても負担が軽減されると思います。
フロントパネルのインターフェイスもピアノ専門モデルと言うことで
非常にシンプルな設計となっており、ピッチベンドや
モジュレーション・ホイールも搭載していません
ステージピアノの中には、コントローラーも充実していて
シンセサイザーと遜色のない性能や仕様を誇っている製品もありますが
操作が複雑であったり、重量もそれなりに重くなってしまいます。
このClavia Nord Pianoは、そうした製品とは対照的に
ピアノ専門モデルと割り切って、必要以上の機能は搭載せず
シンプルで誰でも使いやすく軽量な仕様としているところは
個人的には支持したいと思います。

しかしながら、音源部は全く妥協のない本格的なプロ仕様と言えると思います。
Clavia Nord Pianoの音源部分は
メモリー容量約500MBのPCM音源方式でNord Stageの(256MB)の
約2倍の容量ですが、容量だけではなく
【ストリング・レゾナンス】という、アコースティック・ピアノの
リアリなサウンドを実現する、新しいサンプリング技術が搭載されています。
Clavia Nord Pianoに搭載されている
ストリング・レゾナンス・サンプリング技術とは
ピアノの弦の共鳴を再現する物で
グランド・ピアノは鍵盤を押して発音させる弦以外の弦も
共鳴によって響きが生まれています。
サステイン・ペダルを踏み込まない時は、他の弦はミュートされていますが
それでも、共鳴は存在します。
ましてやサステイン・ペダルを踏み込んだ状態では
230の弦が開放状態となり豊かな共鳴が踏まれ、
それが、グランド・ピアノ独特の響きとなっています。
通常のサンプリングでは、サステイン・ペダルを踏み込まない状態で
1音1音サンプリングされていますので
サステイン・ペダルを踏み込んだ状態での共鳴の再現は
サンプリング方式では不得意とされていました。
Clavia Nord Piano
ストリング・レゾナンス・サンプリング技術では
このピアノの弦の共鳴を独自の技術により再現されています。
パネル上の【ストリング・レゾナンス】をオンにすると
明らかに響きが豊かになっていることが確認でき
生のグランド・ピアノのあのナチュラルな響きが再現されます。
特にバラードなどスローテンポの曲では効果は絶大で
ロックやポップスはサンプリング・ピアノでも
バラードは生のグランド・ピアノというエンジニアも
選択幅に入るほどの力量を有していると思います。
【ストリング・レゾナンス】をオン、オフすることにより
即座に響きがコントロールできるのは、Clavia Nord Piano
最大のアドバンテージと言えると思います。

Clavia Nord Pianoに搭載されている音色は
グランド、アップライト、エレクトリック・ピアノ、エレクトリック・グランド、
クラビネット、ハープシコードの6つの分類に
計120のプログラムが内蔵されています。
先ほど紹介した、グランドピアノの他にも、アップライトピアノや
YAMAHA CPのようなエレクトリック・グランド、ローズなど
ピアノ音色は十分なプログラムを持っており
プリセットだけでも不足を感じることはないと思います。
さらにUSBインターフェイスを使って本体をコンピュータに接続し
ホームページよりピアノ・サンプルをダウンロード
Nordサウンド・マネージャー(フリーでダウンロード可能)により
本体へピアノ・サンプル等をドラッグ&ドロップにより簡単にロードできます。
Steinway Model D、C7 Conservatory Grand、
Bösendorfer Upright、HonkyTonk Upright、Electric Grand CP80
Rhodes MkI、MkI Suitcase、MkII、MkII、Wurlitzer 1 200A
Hohner Clavinet D6、French Harpsichord、Italian Harpsichord
など様々なバリエーションがダウンロード可能となっていますので
これもClavia Nord Pianoの魅力の一つと言えます。

エフェクトは直列で5種類のエフェクトを同時にかけられるようになっています。

1:Effect1/パン、トレモロ、オート・ワウなど
2:フェイザー、フランジャー、コーラスなど
3:3種類のアンプ/スピーカー・シミュレーター、コンプレッサーなど
4:リバーブ(ルーム1&2、ステージ1&2、ホール1&2)
5:EQ(ミッドレンジのスイープ可能な3バンド・イコライザー)

これらは、フロントパネルに専用の独立したコントロールセクションがあり
ON/OFFや各種設定がつまみやボタンで即座に調整できるようになっています。

続いては実際にClavia Nord Pianoを演奏してみた感想です。
ますは、弾き心地から
通常この手の軽量タイプのステージピアノは、重量級の本格的な
木製鍵盤等を搭載したモデルに比べれば、
キータッチは悪くなっているのが通常ですが
このClavia Nord Pianoでは軽量タイプには珍しく
本格的なハンマー・アクション鍵盤を採用しており
軽量クラスとしはトップレベルのタッチを持っていると思います。
さらに新機能である4種類のベロシティ・レスポンス・カーブを設定できる
KBDタッチ機能を使えば、好みで微調整が行えますので
タッチに関しては問題は見あたらないと感じました。

続いて、付属のダンパーペダルはClavia Nord Piano
特筆すべき機能とも言える物で、通常のダンパーペダルの他に
ソステヌート・ペダルとソフト・ペダルも搭載しており
グランド・ピアノのペダルと同じ配列となっています。
これにより、本格的なクラシックの演奏も可能ですし
ポピュラー・ミュージックでも演奏表現の幅を広げる手段として
活用していけると思います。
さらに、サステイン・ペダルではペダルによるノイズと
ダンパーが弦から持ち上がる音が発音されるようになっており
演奏していない状態でも、ペダルを踏めば発音する徹底ぶり
ペダルにもダイナミクス機能が備わっており
ペダルの強さによって、ペダルノイズも大きくなるようになっています。
これによりClavia Nord Pianoでは
ハーフ・ペダルなどのテクニックを使用することもできます。

次にフロントパネルの各種インターフェイスの使い心地についてです。
ピアノ専門モデルということで、スペック自体がシンプルですので
当然パネル上もシンプルな設計です。
音色の切り替えも、ピアノタイプとモデルナンバーで選択することができ
わかりやすく配置されている印象です。

NORDシリーズのいちばん特徴としてあげられるのは
伝統的にも、やはり出音のすばらしさではないでしょうか
バーチャル・アナログ音源搭載モデルにせよ、PCM音源搭載モデルにせよ
スペック的には、他社のハイエンド製品と比べれば
多少見劣りするスペックですが、出音に定評があり
これまで、即戦力の強力な音色で世界のプレイヤーに支持されてきました。
このClavia Nord Pianoも例外ではなく
素晴らしいサウンドを奏でてくれます。
ピアノは高域から低域まで「鳴っている」印象で
ストリング・レゾナンスを音にすれば
ノーエフェクトでも、そのまま使える音色です。
数GBのソフト音源にも負けない素晴らしい響きだと思います。
エレピなども、太く通る音で、実際にライブリハーサル演奏にも使用しましたが
曲によっては、音が通り過ぎてEQでカット処理したほどです。
EQでカットしても、音がやせるということはなく
「なじむ」という印象、それだけ元音がしっかりしている証明ではないでしょうか
太い音の場合、単体では太く聞こえるのですが
実際に演奏の中に入ると、コモってしまい周りの楽器に負けてしまう
体験が多くありましたが、Clavia Nord Pianoでは
そのようなことはありませんでした。

このようにClavia Nord Piano
ライブやレコーディング向けの製品であると思います。
ピッチベンドやモジュレーション・ホイールがありませんので
DTMのマスターキーボードとしては向いていませんが
音質と演奏する事に重点を置いた場面では
これ以上ないといえるほど、色々な意味で
プレーヤーの完成を引き出してくれる製品であると思います。



この記事がお役に立った方は上のバナーのクリックをお願いいたします

■■■Clavia Nord Pianoスペック■■■

●鍵盤:88鍵盤、ウェイテッド・ハンマー・アクション
●メモリー:約500MB

■PIANOセクション■

●6種のカテゴリーから選択:ランド、アップライト、エレクトリック・ピアノ、
 エレクトリック・グランド、クラビネット、ハープシコード
●LCDディスプレイ:プログラム名及びピアノ・モデル名を表記
●5プログラム毎に24バンク用意:計120プログラム数
●ライブ・モード:5種類のライブ・プログラムを用意
●パネル・トランスポーズ:+/- 6半音
●グローバル・トランスポーズ:・+/- 6半音
●同時発音数:40 - 60ボイス
● KBDタッチ:4種類のベロシティ・レスポンス・カーブ
●モノ・アウトプット:ステレオ・サウンドをモノラル・サウンドへ変更可能

■エフェクトセクション■

● Effect1:パン、トレモロ、オート・ワウ
(パンとトレモロ3種類のデプスを選択可能、
 レイトはEffect1のRateノブで調整可能)
●Effect2:フェイザー、フランジャー、コーラスを内蔵
(3種類の中からデプスを選択でき、レイトはEffect2のRateノブで調整可能)
●Comp/Amp:3種類のアンプ/スピーカー・シミュレーター、コンプレッサー
( Driveノブでドライブ/コンプレッションを調整可能)
● 6つのアルゴリズムによるリバーブ:ルーム1&2、ステージ1&2、ホール1&2
(Dry/Wetを調整可能)
●ミッドレンジのスイープ可能な3バンド・イコライザーは±15dB増減可能
 (100 Hz, 4 kHz and 200 Hz~8 kHz)

■入出力■

●2×オーディオ・アウトプット(L&R)、1/4”ジャック、アンバランス
●1×モニター・インプット、ミニ・ステレオ
●1×ヘッドホン・アウト、1/4”ジャック、ステレオ
●1×ピアノ・ペダルイン、1/4”ジャック
●MIDI-In、MIDI-Out
●USB

■外形寸法■

●Piano:1,284(W)× 121(H)×340(D)mm
●Pedal:264(W)×224(H)×70(D)mm

■重量■

●Piano:18kg
●Pedal:2kg

Clavia Nord Pianoを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

Clavia Nord Pianoを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/














スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

Oberheim INDEX

Oberheim INDEX

Matrix-6(12DCOアナログ・シンセサイザー)
Matrix1000(12DCOアナログ音源モジュール)

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

Oberheim Matrix-6

Oberheim Matrix-6

oberheim_matrix6.jpg


Oberheim Matrix-6
価格298,000円
■■■Oberheim Matrix-6機材情報■■■

 1985年発売のアナログ・シンセサイザー
当時オーバーハイムといえば、完全プロ用シンセ・メーカーという
ブランドイメージで、アナログシンセOB-X、OB-Xa、OB-8
そして、マトリックス・モジュレーションを搭載した
Xpander、Matrix-12など数多くの歴史的銘機を輩出したメーカーです。

そして今回ご紹介するOberheim Matrix-6
オーバーハイム製としては、非常にリーズナブルな価格で発売された
DCOアナログ・シンセサイザーです。

Oberheim Matrix-6は前年(1984年)に発売された
VCOアナログ・シンセサイザーXpnaderの技術
(マトリックス・モジュレーション等)を取り入れ
オシレーターをDCOとし、低価格を実現した製品と言えます。
低価格と言っても、アナログ・シンセサイザーとしては
本格的な物で、2DCO(オシレーター)、1VCF(フィルター)、
2VCA(アンプ)、3EG(エンベロープ)
2LFO(ロー・フリケンシー・オシレーター)という
本格的な物です。
3基のエンベロープは、通常はEG1がVCFモジュレーション用
EG2がVCAモジュレーション用、EG3がFMモジュレーション用となっており
廉価版アナログ・シンセサイザーのようにエンベロープが兼用ではないので
思ったような音作りを行うことが出来ると思います。
VCAも2基搭載されています。
このようなタイプの、アナログ・シンセサイザーには珍しい仕様ですが
VCAの一つはレベル調整用(プリセット・レベルとベロシティ値)で、
もう一つは、EG2によってエンベロープを組めるようになっています。
この2VCA仕様は、パッチング式のアナログ・モジュラー・シンセサイザーでは
よく、用いられる仕様で、このOberheim Matrix-6
パッチングと同様のことを行えるように設計された、
マトリックス・モジュレーションを搭載しているため、
このような仕様になっていると思われます。
実際に、モジュレーションの自由度からすれば
この2VCA仕様は必須とも言える仕様で
マトリックス・モジュレーションに対する
同社のこだわりが感じられます。

それでは、Oberheim Matrix-6
マトリックス・モジュレーションについて見ていきたいと思います。

初期のモジュラー式シンセサイザーは
基本的にはオシレーター、フィルター、アンプなどの各モジュールは
独立したモジュールとなっており、
それらをコードによってつなぐ(パッチング)事によって
音作りを行っていました。
この方式は、シンセサイザーの音作りの可能性を
最大限に引き出すと言っても過言ではなく
さまざまな、音作りが可能でした。
しかし、モジュラー式シンセサイザーは
思い通りの音作りをするのには、それなりの知識と経験が必要で
また、本体も大型になってしまう欠点がありました。
そのために、このモジュラー式シンセサイザーをより簡単に
そして、よりコンパクトにしたのが
MINI MOOGやProphet、そしてこのOberheim Matrix-6などの
キーボード一体型のシンセサイザーです。
しかしこのようなシンセサイザーは、
モジュラー式シンセサイザーに比べれば、パッチングという
自由度が削減され、決められたルーティングでの
音作りしか出来ませんので、シンセサイザーの音作りという観念からすれば
後退したと言えると思います。

Oberheim Matrix-6に搭載されている
マトリックス・モジュレーションは、モジュラー式シンセサイザーのような
自由なパッチングをキーボード一体型のシンセサイザーでも
実現するために開発された機能であると言えます。
マトリックス・モジュレーションはSOURCE(変調をかける側)が20種類DESTINATION(変調をかけられる側)が32種類用意されており
AMOUNTで変調度合いをコントロールできるようになっています。
パラメータは以下の通りになっています。

●SOURCE
01:ENVELOPE1
02:ENVELOPE2
03:ENVELOPE3
04:LFO1
05:LFO2
06:VIBRATO
07:RAMP1
08:RAMP2
09:KEYBOARD
10:PORTAMENTO
11:TRACKING GENERATOR
12:KEYBOARD VELOCITY
13:VELOCITY
14:RELEASE VELOCITY
15:PRESSURE
16:PEDAL1
17:PEDAL2
18:LEVER1
19:LEVER2
20:LEVER3

●DESTINATION
01:DCO1 FREQUENCY
02:DCO1 PLUSE WIDTH
03:DCO1 WAVE SHAPE
04:DCO2 FREQUENCY
05:DCO2 PLUSE WIDTH
06:DCO2 WAVE SHAPE
07:DCO1-DCO2 MIX
08:VCF FM BY DCO2
09:VCF FREQUENCY
10:VCF RESONANCE
11:VCA1 VOLIME
12:VCA2 VOLIME
13:ENV1 DELAY
14:ENV1 ATTACK
15:ENV1 DECAY
16:ENV1 RELEASE
17:ENV1 AMPLITUDE
18:ENV2 DECAY
19:ENV2 ATTACK
20:ENV2 DECAY
21:ENV2 RELEASE
22:ENV2 AMPLITUDE
23:ENV3 DELAY
24:ENV3 ATTACK
25:ENV3 DECAY
26:ENV3 RELEASE
27:ENV3 AMPLITUDE
28:LFO1 SPEED
29:LFO1 AMPLITUDE
30:LFO2 SPEED
31:LFO2 AMPLITUDE
32:PORTAMENTO RATE

マトリックス・モジュレーションを組み上げる際には
DESTINATIONとなるパラメータを理解した上で
SOURCEを選ぶ必要がありますが
それを、駆使することが出来れば
モジュラー式シンセサイザー並の音作りを行うことができ
Oberheim Matrix-6の真の可能性を
見いだすことが出来ると思います。

さらにこれとは別に、銘機Prophet 5のポリモジュレーションで有名な
DCO1でVCFをモジュレーションすることが出来ます。
これは、一般的にFM変調と呼ばれる物で
金属的な音作りをすることができ
Oberheim Matrix-6の音作りの幅を
大幅に広げる機能であると言えます。
DX7に代表されるような本格的なFM変調は望めませんが
VCFにて発振(サイン波)をさせることにより
モジュレーターがDCO1、キャリアがVCFの
FM音源とも言えると思います。

Oberheim Matrix-6が発売されたのは
最初にも記述しましたが、1985年
この当時は、すでに完全デジタル化されたYAMAHA DX7や
低価格のサンプラー等がすでに発売されており、
アナログからデジタルへの移行期であったと思います。
そのような、時代に発売されたアナログシンセですので
当然のことながら、メモリーやその他の機能など
デジタルの恩恵も受けているといえます。
音色メモリーはシングルが100パッチ、マルチが50パッチ
もちろんMIDIにもフル対応で、さらにスプリットモードも備えています。
これは、2つの異なる音色をアッパーとロワーに割り当てることができ
左手でベース音色、右手でコード音色を演奏させることが可能になっています。
またその際、アッパーとロワーで異なるMIDIチャンネルを指定することできます。
もちろんベロシティ、アフタータッチ対応
現在では、あたりめの機能ですが当時としては
この価格帯では、驚異的と言える機能を誇っており
現在のDTM環境にも問題なく導入できるといえます。

かんじんのOberheim Matrix-6の出音についてですが
オーバーハイムの特徴をダイレクトに引き継いだ
期待を裏切らない音質であると言えます。
同社のXpanderやMatrix 12などは、オシレーターがVCO、
さらに、価格も違いすぎますので単純に比較することはできませんが
十分にそれらのキャラクターは継承していると思います。
むしろ、価格差を考えれば驚異的とも言えます。
DCOの特徴とも言える、硬質な高域の特徴はありますが
オーバーハイムの伝統とも言える、厚いブラスや
全体的な音の太さなど申し分ありません。
また、FM変調の金属音や、マトリックス・モジュレーションを複雑に駆使した
SE音など、アナログシンセでこれだけの音作りができるのかと
驚かされる音色もありました。
全体的には、2DCOをつかった厚めの音色が多くプリセットされていますが
オリジナルで音作りをし、1DCOで音作りをしてみましたが
アシッド風のベースや、テクノ系の音色にも十分対応でき
DCO自体もしっかりとしたコシのある音質であることに驚かされました。

このようにOberheim Matrix-6は、アナログシンセ最終時期に
発売された商品だけあって、機能、音質とも最終形にふさわしい
完成された製品という印象です。
MIDIにもフル対応していますし
音色エディッターも存在しますので、
現在のDTM環境でも十分使用できる
リアル・アナログ・シンセサイザーといえまます。



この記事がお役に立った方は上のバナーのクリックをお願いいたします

■■■Oberheim Matrix-6スペック■■■

●鍵盤:61鍵(ベロシティ、アフタータッチ対応)
●発音数:6音ポリフォニック(12DCO)
●音色メモリー:100(シングル)、50(マルチ)
●パッチエディット:DCO1
 (フリケンシー、フリケンシー・モジュレーション、シンク、
  パルス・ワイズ・モジュレーション、波形、ウェーブ・セレクト
  レバー、キーボード/ポルタメント、キー・クリック)
 DCO2(同上)、VCF、VCA、FM/トラック、ランプ/ポルタメント、
 ENV1~3、LFO1/2
●マトリックス・モジュレーション:SOURCE20種類、DESTINATION32種類
●マスターエディット:MIDI、TUNE他
●スプリット・エディット:リミット、トランスポーズ、MIDIアウトプット他
●接続端子:オーディオアウト2、MIDI IN/OUT/THRU、フットコントロール2

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/


テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

DOEPFER INDEX

DOEPFER INDEX

A-100 Mini(アナログモジュラーシステム・音源モジュール)
Dark Energy(セミパッチ式USB/MIDIアナログ音源モジュール)
MS404(MIDIアナログ音源モジュール)

A-100シリーズ・モジュール
A-110 Standard VCO(VCOモジュール)
A-114 Dual Ringmodulator(リングモジュレーター)
A-115 Audio Divider(サブ・オシレーターモジュール)
A-116 Voltage Controlled Waveform Processor(波形プロセッサー)
A-118 Noise/Random(ノイズ・ジェネレーター&ランダムCV発生器)
A-120 24dB Low pass VCF1(VCFモジュール)
A-121 Multimode Filter (VCF2)(マルチモード・フィルターモジュール)
A-130 Voltage Controlled Amplifiers(リニアVCAモジュール)
A-131 Voltage Controlled Amplifiers(エキスポネンシャVCAモジュール)
A-132-1 Dual VCA(リニアVCA2基搭載)
A-138a Mixer(リニアタイプ・ミキサー)
A-138b Mixer(エキスポネンシャルタイプ・ミキサー)
A-140 ADSR Envelope Generator(ADSRエンベロープ・ジェネレーター)
A-145 Low Frequency Oscillator LFO(ロー・フリケンシー・オシレーター)
A-146 Low Frequency Oscillator 2/LFO2(ロー・フリケンシー・オシレーター)
A-148 Dual Sample&Hold/Track&Hold(サンプル/ホールド)
A-160 Clock/Trigger Divider(クロック分割器)
A-161 Clock/Trigger Sequencer(トリガー・シーケンサー)
A-190-1 MIDI-to-CV/Gate/Sync Interface(MIDI CV/GATEシンクインターフェイス)

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

DOEPFER A-161 Clock/Trigger Sequencer

DOEPFER A-161
Clock/Trigger Sequencer
サウンドハウス



DOEPFER A-161 Clock/Trigger Sequencer
価格11,550円前後
■■■DOEPFER A-161 Clock/Trigger Sequencer機材情報■■■

DOEPFER A-161はアナログ・モジュラーシステム
A-100シリーズのひとつ、A-100-BS/2にも搭載されている
A-160と同時使用が前提のトリガー・シーケンサーです。

DOEPFER A-161はA-160と
組み合わせて使用するように設計されています。
A-160からのクロック信号(内部接続のみ)によって、
1から8までの出力より順番に信号が出されます。
また、A-160のリセット入力の信号により
DOEPFER A-161もステップ1へ
即座に戻り反映されるようになっています。
さらに、各モジュールでA-160の右側に
DOEPFER A-161をセッティングすることにより
内部接続できるように設計しています。
(セッティングには、定められた条件や接続方法があります)

一般的には、トリガーシーケンサーですので
音程はCV 信号で制御しなければなりません
例をあげると、キーボードやMIDI-CVインターフェイスからの
CV信号はVCOに送り音程を指定
ゲート信号をLFO経由でA-160そしてDOEPFER A-161
接続します。CVが発生したタイミングでステップを開始したい場合は
Gate信号をA-165経由でリセット端子に接続します。
そしてDOEPFER A-161より、目的のステップ信号を
それぞれ個別に出力し、ADSR経由でA138でミックスし VCAに送れば
リズミカルなシーケンスを演奏することが出来ます。

8ステップの、アナログならではのリズミカルなシーケンスや
SEやFX系の効果音を作る際など、様々な場面で
活躍するモジュールであると思います。




この記事がお役に立った方は上のバナーのクリックをお願いいたします

■■■DOEPFER A-161 Clock/Trigger Sequencerスペック■■■

●出力端子:ステップアウト×8
●表示;LEDランプ(各ステップごと8つ)
●幅:4HP/20.0mm
●奥行き:40mm
●消費電力:20mA

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/







テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。