DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Roland JX-8P

サウンドハウス



jx-8p.jpg


Roland JX-8P
価格22,8000円(1985年)
■■■Roland JX-8P機材情報■■■

Roland JX-8Pは1985年に発売された、
DCO、VCF、VCA回路方式のアナログ・シンセサイザーです。
当時すでにFM音源のYAMAHA DX-7、DX-1が発売済(DX-5も発売直前)、
KORGも新音源方式D.W.G.S音源を採用したDW-6000を発売するなど、
シンセサイザーがアナログからデジタルへ変わりつつある時代に、
オーソドックスな音源方式で登場した、Roland JX-8P
その高いポテンシャルとは裏腹に、当時はあまり評価されなかった
不運な機種であると言えます。
後になって、その分厚い音色などが再評価され
様々なアーティストの楽曲で聴かれるようになりました。
それでは、早速見ていきたいと思います

まず外観は、それまでアナログ・シンセサイザーの主流だった
つまみやスライダーがフロントパネルに並んでいたデザインとは異なり、Roland JX-8Pではボタンとバリューで数値を決定する
YAMAHA DX-7を意識しスッキリとした
当時としては最新のデザインとなっています。
もちろんこの方法でも、操作は可能ですが
やはり音色エディットを素早く行うためには
別売の音色パラメータがスラーダーで並んでいる
プログラマーPG-800を利用するのがおすすめです。

電源を入れるとFLディスプレイに”ROLAND JX-8P12”と表示され
12から0までカウントダウンして、プリセット音色が表示され
演奏できる状態となります。

発売当時Roland JX-8Pのいちばんの特徴として
上げられたのは、当時のこの価格のアナログシンセとしては珍しい
ベロシティ(タッチセンス)、アフタータッチ機能の搭載でした。
実際に発売時の命名も
「DYNAMIC SYNTHESIZER(ダイナミック・シンセサイザー)」で
ライブパフォーマンスも意識して開発されたようです。
型番のJX-8Pの「P」もパフォーマンスの頭文字だったようです。

ベロシティはOFF、1、2、3の切り替えが可能で
DCO1、2のピッチエンベロープ、ミックス、VCFカットオフ、VCAレベルを
制御でき、それらの調整次第で様々な変化を付けることが可能です。

アフタータッチはシンプルな構成で、「ビブラート」「ブリリアンス」
「ボリューム」の3つの調整が可能となっています。
「ビブラート」はオシレータのピッチをLFOで揺らしたような効果で
ブリリアンスはVCFのカットオフを上げたような効果、
「ボリューム」はVCAレベルを制御していると思われます。

現在のベロシティ(タッチセンス)、アフタータッチ機能と比べれば
シンプルなものですが、当時としては待ち望まれていた機能だったといえます。

アナログ・シンセサイザーとして見てみると
Roland JX-8Pの構成は6音ポリ(12DCO)
構成は2DCO、1VCF、1VCA、1LFO、2ENV
という基本的な構成ながら、エディットできるパラメーターは
ダイナミクス系やキーフォロー、クロスモジュレーションなどが
新たに搭載されたため、前モデルのRoland JX-3Pの
32パラメーターを大きく上回り
48パラメーターで音色をエディットすることが出来るようになっています。

1ノートに付き2つ搭載されているDCOは、音程の制御のみをデジタル回路で行う
極めてVCOに近い回路構成で(他社ではVCOとしている製品もある)
DCOシンセサイザーの中ではトップクラスの
厚みのあるキャラクターとなっています。
波形は、ノコギリ波、矩形波、パルス波、ノイズが用意されています。
残念なことに、パルスワイズは変えることが出来ず
パルスワイズ・モジュレーションも搭載されておりません。

その代わりというわけではないと思いますが。
Roland JX-8Pにはクロスモジュレーションが装備されています。
クロスモジュレーションは、SYNC1、SYNC2、クロスモジュレーションの3段階
強力なサウンドで、Prophet 5のようなシンクサウンドや
さらに過激な金属系、ベル系の音を 得ることが出来ます。
Juno-106では出せないサウンドですので、
Roland JX-8Pが好まれる特徴の一つであるといえます。

さらに3音ポリとなりますが、1音に付き4DCOを贅沢に使った
ユニゾンモードも装備
ディチューンで50セント上下に可変可能で
さらに、オクターブ下で発音させるモードも備えて
分厚いサウンドを出すことが出来ます。
また、ソロ(モノ)モードも用意されており
モノ・シンセのようにポルタメントを利用した
独特の奏法も可能となっています。

Roland JX-8PではDCOの波形をミックスする
ミキサーにも独特な機能があります。
通常は、DCO1とDCO2のミックスレベルを調整するための回路ですが
DCO2のレベルにのみエンベロープが設定できます。
例えばDCO1で元となる音色を、DCO2はエンベロープでアタック音色を作り
さらに、DCO2のエンベロープにベロシティを世呈すれば
鍵盤弾く強さによりDCO2のアタックが強調された
音色がなるようなサウンドを作ることが可能となっています。

VCFはローランドの特徴的な切れのよいサウンドで
テクノや上物などのきらびやかなサウンドには最適だと思います。

LFOの波形は、正弦波、矩形波、ランダムの3種類が用意されています。
ランダムは、サンプルホールドに近い波形で、同じような効果が得られます。

また、Rolandアナログシンセではおなじみのコーラスも装備されており
JX-3Pでは、ON/OFFののみだったコーラスですが
Roland JX-8Pでは、JUNO-106のように
2タイプが用意され、ステレオで出力すれば
厚みのあるコーラスサウンドを得ることが出来ます。
このコーラスも非常に良いかかりで、
エフェクターとして単体で使いたいくらいです。

これらの音色データは、プリセットが64音色
ユーザーエリアに32音色、別売の音色カートリッジ(M-16C)に
さらに32音色の最大128音色をスタンバイ可能となっています。

このようにして、音色を作り上げた物を演奏する事となりますが
Roland JX-8Pでは、パッチチェインという
機能を装備しています。
パッチチェインとは、現在のパッチやパフォーマンスのような位置づけで
音色データ、キー・モード(POLY、UNISON、SOLO)、アフター・タッチ、
ベンド・レンジ、ポルタメントの6種類を
最大8種類記録させておくことが可能で
フロントパネルの矢印ボタンを押すことにより
順番に切り替えることが出来るようになっています。
現在のパッチやパフォーマンスの機能に比べれば
チープなものですが、当時としてはライブ等で非常に便利な
機能として好評でした

総合的に見てRoland JX-8PはJUNOシリーズの
上位バージョンというよりは、JupiterシリーズのDCOバージョンといった印象です
現代のサウンドにおいても、そのウォームなパッドや
アナログ・オシレータならではの金属音やシンクサウンドは
非常に分厚く時代に関係なく、素晴らしいサウンドです。
MIDIもフル対応ですので、メンテが可能な限りは使い続けていきたいと
思わせる完成度の高い銘機であると思います。



この記事がお役に立った方は上のバナーのクリックをお願いいたします

■■■Roland JX-8Pスペック■■■

●鍵盤:61鍵
●同時発音数:6音
●オシレーター:1ノート2DCO(12DCO)
●メモリー:プリセット61音色、ユーザー・メモリー32音色
 メモリー・カートリッジ32音色
●エディット:48パラメーター
●パネルスイッチ:トーン・セレクト(1-32)、
 バンク・セレクト(プリセット、メモリー、カートリッジ)パッチ・チェイン
 キー・モード(ポリ、ユニゾン、ソロ)、
 アフター・タッチ(ビブラート、ブリリアンス、ボリューム)
 エディット(パラメーター、ネーム、MIDI、マスターチューン)
 コピー(カードリッジ-メモリー、メモリー-カードリッジ)、ライト
●コントロール&スイッチ:ピッチベンダー/LFOレバー、ベンド・レンジ・セレクト
 ポルタメント・タイム、、ポルタメント(オン/オフ)、エディット
 アフター・タッチ、ボリューム
●ディスプレイ:16桁蛍光表示ディスプレイ
●リア・パネル:アウトプット・ジャック×2(ステレオ/モノ標準ジャック、5kΩ)
 アウトプット・レベル・スイッチ(H/M/L)、
 ヘッドホン・ジャック(8Ω、ステレオ)、ホールド・ペダル・ジャック(DP-2)
 MIDIコネクター×3(IN、OUT、THRU、5P-DIN)、
 プログラマー・コネクター(5P-DIN)、プロテクトスイッチ、電源スイッチ
●外形寸法:997(W)×375(D)×92(H)
●重量:11.5kg
●消費電力:25W

 

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/



Roland JX-8P & PG-800 sequenced


【DEMO】ROLAND JX-8P




スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

Roland R-05

サウンドハウス



roland-r05-1.jpg
roland-r05-2.jpg

ROLAND R-05を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

Roland R-05
オープンプライス予想価格25,000円前後
■■■Roland R-05機材情報■■■

Roland R-05は24bit96kHz対応のリニアPCMレコーダーで、
コンパクトなサイズながら128×64の大型ディスプレイと日本語表示で
本格的な高音質レコーディングが
簡単な操作で行えるよう設計されている印象です。

Roland R-05の記録方法は2種類
最高24bit96kHzでの高音質WAVファイルと
長時間録音が可能なmp3での保存が可能です。
録音は本体の内蔵バック・エレクトレット・コンデンサー・ステレオマイクの他に、ラインとマイクインプットを備えており
楽器のレコーディングから、フィールド録音、トークの収録など
さまざまなソースのレコーディングに対応出来ると思います。

録音時間は、付属の2GBSDカードでは、16bit44.1kHzで最長180分
mp3 128kbpsでは最長1,993分の録音が可能
別売の32GBSDHCカードでは、16bit44.1kHzで最長2,950分
mp3 128kbpsでは最長32,350分もの録音が可能となっています。

電源は単3乾電池×2本または、別売となりますが
ACアダプターの2電源方式
乾電池起動でも録音では連続16時間以上、
再生では連続30時間以上の連続使用が可能となっており
上位機種より3倍近くの連続使用が可能となっています。

このような機器でレコーディングする際には
録音レベルの設定ミスでせっかくの大事な録音が
思ったように録音できないということがありますが
Roland R-05ではこのようなことを防ぐために
「リハーサル機能」が内蔵されています。
録音したい対象を演奏している状態で
フロントパネルの「REHEARSAL」ボタンを押すと
Roland R-05が自動的に最適レベルを判断して
最適な録音レベルを調整してくれます。
また、突発的な大音量でもリミッター回路が働きますので
レベルあわせに神経をとがらせることはないと思います。

その他にも、定番機能としは、入力レベルを自動的に
可変して揃えてくれるオート・ゲイン・コントロールや
録音開始の2秒前より記録することが可能な「プリ・レコーディング」機能
指定した時間や指定したレベルを超えた時点で、自動的に録音を開始する
自動録音開始機能等を装備して、レコーディング時のサポートも万全です。

さらに、最高16bit48kHz、mp3は128kbpsという制限がありますが
WAVファイルとmp3ファイルの同時記録が可能となっていますので
マスター用と配布・配信用など2つのファイルを変換なして
持つことが出来るのは嬉しい機能です。

編集機能も搭載しておりRoland R-05で録音したソースは、
USB端子を使って、パソコン等に転送し編集することももちろん出来ますが
本体でも、任意のポイントでファイルを分割したり、結合したり
任意のポイント以外を削除するトリミング機能など
簡単な編集は本体のみで行うことが出来るようになっています。
さらに、WAVファイルからmp3ファイルへの変換も
本体で出来るようになっています。
その他の特徴としては、R-09、R-09HRにはなかった
三脚穴を装備しており、オプションを使うことなく
直に三脚を取り付けられるようになっています。

実際にRoland R-05を使用して録音してみた感想ですが
やはり「リハーサル機能」は非常に便利な機能でした。
実際にリハーサルをやっているライブハウスで各パートに
Roland R-05をセッティングして録音してみたのですが
セッティングによっては、本体のディスプレイを
見ることが出来ない場合もあります。
そんなときでも、ちょっと演奏してもらって「リハーサル機能」ボタンを押せば
録音レベルを設定してくれるのはとても便利でした。
録音前に演奏を出すことが出来る状況では、
この「リハーサル機能」でのレベル設定で問題ないと思います。
音質は24bit96kHzで録音しましたが、本体の大きさとは相反して
ワイドでダイナミックレンジも十分な音質でした。
小型マイクながら、中低域も厚みがあり
ワンランク上の本格的な音質だと思いました。
また、マイクの構造などが見直された結果でしょうか
ステレオの定位がR-09HRよりも良くなっているようで
立体感が増した印象です。
低価格化されたのに、向上しているのはすごいと思います。

外に出てのフィールドレコーディングでも試してみましたが
クセがなく色づけのないナチュラルな音質で
効果音などの収録に威力を発揮しそうです。
正直R-09HRとの音質の差はキャラクターの違いは
微妙にありますが、同等といっても差し支えないほどでした。
ただ、吹かれには弱かったので、フィールドレコーディングの際には
付属のウィンドスクリーンは必須となると思います。

Roland R-05はこれだけの機能と音質を
このような低価格で実現しているのは驚かされるばかりです。
R-09HRの音質はそのままに、
リモコンや内蔵スピーカーなどを省き
必要な機能を厳選して残した機種という印象です。



この記事がお役に立った方は上のバナーのクリックをお願いいたします

■■■Roland R-05スペック■■■
■レコーダー部
●トラック数:2(ステレオ)
●信号処理:AD/DA変換=24bit、44.1/48/88.2/96kHz

●データタイプ[録音時]※ステレオのみ
・WAVE:サンプリング周波数=44.1/48/88.2/96kHz、
 ビット数=16/24ビット
・MP3(MPEG-1 Audio Layer 3):サンプリング周波数=44.1/48kHz、
 ビット・レート=64/96/128/160/192/224/320kbps
・WAVE + MP3:サンプリング周波数=44.1/48kHz、
 ビット数=16ビット固定、ビット・レート=128kbps固定

●データ・タイプ[再生時]
・WAVE:サンプリング周波数=32/44.1/48/88.2/96kHz、
 ビット数=16/24ビット
・MP3(MPEG-1 Audio Layer 3):サンプリング周波数=32/44.1/48kHz、
 ビット・レート=32~320kbpsまたはVBR(Variable Bit Rate)

●記憶メディア:SDカード ※SDHC規格対応

●入出力
・オーディオ入力 内蔵マイク(ステレオ)、
 マイク入力端子(ステレオ・ミニ・タイプ、プラグイン・パワー対応)、
 ライン入力 ※マイク、ライン同時使用不可(ライン入力優先)
・オーディオ出力 ヘッドホン端子(ステレオ・ミニ・タイプ)
・入力インピーダンス マイク入力(MIC GAIN H)=約7kΩ、
 マイク入力(MIC GAIN L)=約5kΩ、ライン入力=約8kΩ
・周波数特性 20Hz~40kHz
・USBインターフェース ミニBタイプ端子
 ※USB 2.0/1.1マスストレージ・デバイス・クラス対応

●エフェクト
・リバーブ:4種類(Hall1、Hall2、Room、Plate)
・変速再生:50%~150%のスピード ※ 再生時のみ、
 88.2/96kHz再生時除く ※リバーブと変速再生は同時に使用できません

●電源:ACアダプター、単3型電池×2(アルカリ乾電池、またはニッケル水素電池)
・アルカリ電池使用時の連続使用可能時間(使用状態によって異なります)
 :連続再生=30時間以上、連続録音=16時間以上

●外形寸法 :幅(W) 60 mm、奥行き(D) 103 mm、高さ(H) 25 mm、
●質量:140 g

■動作環境

Windows
・対応OS Windows 7/Windows Vista /Windows XP Home/Windows XP Professional
・対応パソコン USBポートを装備したWindows対応パソコン

Macintosh
・対応OS Mac OS X 10.2以上 ※すべて日本語版
・対応パソコン USBポートを標準で装備しているMacintoshシリーズ

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/



R-05 WAVE/MP3 Recorder Introduction (Part 1)


R-05 WAVE/MP3 Recorder Introduction (Part 2): Recording Samples


ROLAND R-05を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる
ROLAND R-05を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる







ローランド リニアPCMレコーダー Roland R-05[返品種別A]

ローランド リニアPCMレコーダー Roland R-05[返品種別A]

Roland ローランド R-05 WAVE/MP3 Recorder

Roland ローランド R-05 WAVE/MP3 Recorder
価格:24,800円(税込、送料別)







テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

SOFTTUBE INDEX

SOFTTUBE INDEX

TUBE-TECH CL 1B COMPRESSOR

SOFTTUBE TUBE-TECH CL 1B COMPRESSOR

サウンドハウス



softtube-tube-tech-cl1b.jpg

SOFTTUBE TUBE-TECH CL 1B COMPRESSORを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

SOFTTUBE TUBE-TECH CL 1B COMPRESSOR
価格41.790円
■■■SOFTTUBE TUBE-TECH CL 1B COMPRESSOR情報■■■

SOFTTUBE TUBE-TECH CL 1B COMPRESSORは多くの
プロスタジオで使われているTUBE-TECH CL 1B
本家LYDKRAFT(TUBE-TECHブランドを持つ会社)との共同開発によって
ソフトウェア化したプラグインです。
SOFTTUBE TUBE-TECH CL 1BはTUBE-TECH社の真空管コンプレッサー
CL 1BをSOFTTUBE社が忠実にモデリングしました。
ハードウェア版のCL 1Bがボーカルから
アコギ、ベース、ドラムなどオールマイティにほとんどの楽器に使用できる
魅力を持っていましたが、このSOFTTUBE TUBE-TECH CL 1B COMPRESSOR
それと同じく真空管独特のサウンドはありつつも、クセや音痩せがなく
実機と同様、素晴らしいサウンドを持っています。

SOFTTUBE TUBE-TECH CL 1Bの操作画面は実機を
忠実に再現しており、この機種を使ったことのある方でしたら
問題なく使用することが出来ます。
フロントパネルには左上から、インプットゲイン、レシオ、スレッショルド、
メーター切り換え、下段にアタック、リリース
アタック・リリースセレクト・スイッチ、バス・セレクトスイッチが並びます。
実機の真空管コンプレッサーCL 1Bもそうでしたが
非常に幅広いセッティングと、無段階で可変することができる細かいセッティングが
可能なつまみは、このSOFTTUBE TUBE-TECH CL 1Bでも
忠実に再現されています。
仕様としては、ゲインが最大30dB、レシオは2:1から10:1、
スレッショルドは+20から-40dB、アタックは0.5から300ms
リリースは0.05から10sとなっており、
思い描いたセッティングが出来ると思います。
また、サイドチェーンの機能も搭載されています。

また、本体左にはVUメーターがありますが、このVUメーターも
正確にモデリングされています。
プラグインのVUメーターの動きは、
おまけ的な物で実機と同じように使える物はあまり見られませんでしたが
このSOFTTUBE TUBE-TECH CL 1BのVUメーターの動きは
再現性が高く、これだったら実機と同じようにVUメーターの動きだけで
コンプを調整することが出来ると思います。

このように、細かなセッティングが出来るSOFTTUBE TUBE-TECH CL 1Bですが、
逆に言えば、ある程度のコンプレッサーの知識がないと
思い描いたサウンドに出来ないということも言えると思います。
しかし、プラグインソフトならではの28種類のプリセットが用意されており
ボーカルやアコースティック・ギター、ベース、ドラムなど
それぞれのパートにあわせた最適なセッティングが
予め用意されていますので、コンプのセッティングに自信の無い方でも
すぐに使い始めることが出来るようになっています。

実際にボーカルとドラムで試してみましたが
どちらのソースでも言えることは、
プラグイン臭さを感じさせないということでした。
通常はプラグインエフェクトの場合「音痩せ」とまでいかないのですが、
若干音質がタイトになる傾向がありますが
このSOFTTUBE TUBE-TECH CL 1はそういったことを
感じさせないサウンドでした。
ボーカルでは、本当にクセがなく、キレイで高級感あり
なおかつ、音圧のあるサウンドに仕上げることが出来ます。
このような、ナチュラルなサウンドを作るには最適だと思います。
プラグインもここまで来たか、と思わせるサウンドです。
また、ドラムでは少し積極的なセッティングで試してみましたが
真空管のナチュラルな歪みまで、忠実にモデリングされているようで
こちらも、見事なサウンドです。
基本的には、実機同様ナチュラルなサウンドが魅力で
オールマイティに使用できるコンプレッサーという印象です。
また、実際に使用してみてもCPUの付加も低く
レイテンシーも気になりませんでした。
万人にお奨めできるコンプレッサー・プラグインです。



この記事がお役に立った方は上のバナーのクリックをお願いいたします

■■■SOFTTUBE TUBE-TECH CL 1B COMPRESSOR動作環境■■■

●64-bit対応
●Intelプロセッサーを搭載したMacintoshiMac OS X 10.5 以上,
●Windows XP (32-bit only), Windows Vista, Windows 7
●1 GB RAM
●VST, VST3, AudioUnits, AAX, RTAS
●Pro Tools 7.0以上
●iLok USB keyが必要です。
(2011年11月現在)
※最新の動作環境はメーカーページをご覧下さい。


サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/





softtube-tube-tech-cl1b.jpg

SOFTTUBE TUBE-TECH CL 1B COMPRESSORを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる






テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

YAMAHA INDEX

YAMAHA INDEX

CP1(ステージ・ピアノ)
CS6X(シンセサイザー)
CS6R(シンセサイザー音源モジュール)
DTX-MULTI12(音源モジュール搭載All in oneドラムパッド)
DX27(4オペレータFM音源搭載シンセサイザー)
DX100(4オペレータFM音源搭載シンセサイザー)
EOS B700(シンセサイザー)
MM8(シンセサイザー)
MO6(シンセサイザー)
MO8(シンセサイザー)
MOTIF XF6(シンセサイザー)
MOTIF XF7(シンセサイザー)
MOTIF XF8(シンセサイザー)
MOTIF XS6(シンセサイザー)
MOTIF XS7(シンセサイザー)
MOTIF XS8(シンセサイザー)
MOTIF RACK XS(シンセサイザー音源モジュール)
POCKETRAK C24(ポケッタブルPCMレコーダー)
POCKETRAK W24(ポケッタブルPCMレコーダー)
MR10(アナログ・リズムマシン)
RM1x(リズム音源モジュール)
RM50(リズム音源モジュール)
RY9(リズムマシン)
RY10(リズムマシン)
RY20(リズムマシン)
RY30(リズムマシン)
RX8(リズムマシン)
RX5(リズムマシン)
RX11(リズムマシン)
RX17(リズムマシン)
RX21(リズムマシン)
RX21L(リズムマシン)
RX120(リズムマシン)
S70XS(ステージ・ピアノ/シンセサイザー)
S90XS(ステージ・ピアノ/シンセサイザー)
SY77(シンセサイザー)
TENORI-ON O(TNR-O)(シンセサイザー)
TG500(シンセサイザー音源モジュール)
TMX(ドラム音源モジュール)

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。