DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NOVATION INDEX

NOVATION INDEX

NOVA(アナログ・サウンド・モデリング(ASM)方式 シンセサイザー音源モジュール)
スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

NOVATION NOVA

サウンドハウス

NOVATION NOVA

novation-nova.jpg


NOVATION NOVA
価格208,000円(1999年当時)
■■■NOVATION NOVA機材情報■■■

当時としては、安価ながらその出音の良さから、数多くの支持を得た
BassStationシリーズや、やDrumStationシリーズを発売した
NOVATIONの、デスクトップタイプのアナログ・モデリング音源モジュール
NOVATION NOVAをご紹介致します。

NOVATION NOVAの音源部分は
アナログ・サウンド。モデリング(ASM方式)を採用し
1ボイスにオシレーターを3つ、リングモジュレーターが2つ、
ノイズ・ジェネレーターが1つという豪華な仕様です。
NOVATION NOVAのリングモジュレーターでは金属音や、過激な音作りが可能で
これを利用したFM音源風の音色やSFX音などは
アナログ方式とは思えないバリエーション豊かなサウンドを出すことが出来ます。
波形は、SAWとSQUAREのみですが、
NOVATION NOVAには、モジュレーション・マトリックス
という機能が搭載されていて
LFO1、LFO2、ENV2、ENV3、WHEELをソースとし
MIX、PITCH、WIDTH、SYNC、SOFTENに対し、
レベルとモジュレーション量を調整できるようになって、
その中も「SOFTEN」というパラメータは、波形を丸くすることが出来ますので
サイン波や三角波のようなソフトな波形にすることが可能です。
また、NOVATION NOVAはオシレータのパラメーターに
「シンク」機能がありませんが
これもモジュレーション・マトリックスの方にシンクが装備されており
各オシレーターに対してシンクのレベルを設定する事が出来ます。
つまり、シンクをかけても、どれかオシレーターを1つ犠牲にすることなく
3つのオシレーターを生かしたまま、それぞれシンクサウンドを発音させることが
出来るようになっています。
このように、NOVATION NOVAは一見波形バリエーションが少ないですが
モジュレーション・マトリックスにより、
多くの波形を作り出すことが出来るようになっています。

次にフィルター部分を見ていきたいと思います。
NOVATION NOVAのフィルターは、
12dB/oct、18dB/oct、24dB/octの選択が出来て
フィルター種類も、ローパス、バンドパス、ハイパス・フィルターと
一揃え装備されています。
もちろん、カットオフ(Frequency)、レゾナンスで調整可能、
スイープ感も良好で、音が細くならず、
中低域がしっかり残っている印象です。
また、NOVATION NOVAでは通常のフィルターにはない
「over drive」というつまみが
フィルターセクションに装備されていますが、
これは、アナログ回路のサチュレーション効果を再現してくれる物で、
エフェクターで言うオーバードライブのように歪むわけではなく、
自然なアナログ感が加わります。
また、フィルター部にもモジュレーションマトリックスが装備されており
LFO1、LFO2、ENV2、ENV3、WHEELをソースにして
カットオフとレゾナンスをモジュレーションすることが出来ます。

LFOは2基搭載されSQUARE、SAW、TRIANGLE、SAMPLE/HOLDの4種類が選択出来
スピードとディレイでコントロールできるようになっています。
LFOのかかり先は、このセクションで行わず、
前記したオシレーター、フィルター、各セクションの
モジュレーション・マトリックスセクションで
設定するような構造になっています。

次にのエンベロープセクションを
見ていきたいと思います。
エンベロープはADSR方式のものが3つ用意されており
ENV1はAMP専用で、ENV2、ENV3は各セクションの
モジュレーション・マトリックスで
任意に割り当てる仕組みとなっており
かなり自由度が高い設計になっています。

NOVATION NOVAでは、これらのパラメータで作られた音色を
最終段でエフェクトをかけて出力できるようになっています。
エフェクトは、リバーブ、ディレイ、
コーラス/フランジャー/フェイザー(内1つ選択)、ディストーション、
EQ、コムフィルター、パン/トレモロ(内1つ選択)のすべてを
1パートに同時使用できるという贅沢な設定となっています。
基本的には、自然なエフェクトを狙ったものではなく
荒っぽいかかりのキャラクターを持っているという印象でした。

これらの設定は、メモリー出来ますが
NOVATION NOVAでは、音色プログラムは256音
マルチティンバーのセッティングなど、パフォーマンスは128音
メモリーすることが出来ます。

そして、さらにNOVATION NOVAには、
ボコーダー機能も搭載されています。
タイプとしては、40バンドタイプのボコーダーで
子音は、ハイパスフィルターによる検出か
ノイズによる検出かを選べるようになっています。

このようにして作られた音色は、単体での使用はもちろん
6パートのマルチティンバーとして使用することが出来ます。
マルチティンバー演奏時も1パート毎に
エフェクトをすべてかけることが出来るのは嬉しい限りです、
また、さすがにボコーダーはエフェクトセクションにありますますが
1パートのみとなっております。

その他、このようなバーチャルアナログシンセの定番とも言える
アルペジエーターも搭載されています。
モノ・モード、ポリ・モード両方で使用することができ
プリセットとユーザー合計で386パターンがメモリーされています。
そして、パフォーマンスモードでは、各パートにそれぞれ
1つずつアルペジエーターを割り当てることができ
これだけで、曲の大部分の構成を作り上げることすら可能です。

NOVATION NOVAの入出力系は
アナログアウトプットがステレオ3系統で形6つ用意されており
(内5、6アウトはヘッドホン兼用ミニジャック)
マルチティンバー使用時6パートをそれぞれ別々に
出力することも可能です。
外部入力は、ボコーダー用だけではなく
フィルター前に入力される回路構成ですので
外部入力音声に、フィルターやエフェクトを
かけて出力させることが可能です

総合的に見てNOVATION NOVAは、はっきりとした
キャラクターで、ベースや、ブラス迫力のある音や、
過激でスペイシーな音作りが得意な印象でした。
Nord Leadが現代版Prophet5とよく言われますが
NOVATION NOVAは現代版、
OBERHEIM Matrixといった印象です。
Nord LeadやACCESS Virusといった製品に肩を並べる
実力をもっていると言えると思います。

■■■NOVATION NOVAスペック■■■

●同時発音数:12音(発売初期モデル)
●オシレーター構成:3オシレーター(1ボイス)
●マルチティンバー数:6
●LFO:2LFO
●フィルター:ローパス、バンドパス、ハイパスフィルター、12、18、24/Oct
●エンベロープ:3ADSR
●エフェクト:ディストーション、コム・フィルター、EQ、リバーブ、コーラス、
       フランジャー、フェイザー、ディレイ、パンニング、トレモロ、
       40バンド・ボコーダー
●メモリー:プログラム256音、パフォーマンス128音
●オーディオ出力:6アサイナブル・アウト
●オーディオ入力:2
●外形寸法:383(W)×63(H)×193(D)mm
●重量:4kg


サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/
















NOVATION ULTRANOVA

NOVATION ULTRANOVA





テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

Roland JV-1080

サウンドハウス



roland-jv1080.jpg

Roland JV-1080 SUPER JV
価格149,000円(1994年当時)
■■■Roland JV-1080 SUPER JV機材情報■■■

Roland JV-1080は、、D-50の音源モジュールD-550、
M1の音源のジュールM1Rなど、それまでの音源モジュールが
単なるシンセサイザーの鍵盤無しモデルだった形態を一新し
鍵盤付きシンセサイザーにはない、音源モジュールに特化した
拡張性と機能を追加し設計された本格的な音源モジュールの
さきがけであったと思います。
まさに、Rolandの完全主義を形にした音源モジュールであると言えます。

Roland JV-1080の音源部分は、同時発音数が64音、
パート数が16パートと当時としては最高スペックを誇りました。
内蔵音色はパッチ数512パッチ、ウエーブフォームは448種類
さらに、SR-JV80シリーズのエクスパンション・ボードを4枚まで装着可能
さらに、SO-PCMシリーズのライブラリーまで読み込み可能で
それらを駆使しスタンバイ可能なパッチ数は最大1741パッチにも及びます。
当時としては、驚くべきスペックを誇りました。
これらの膨大な波形はRoland JV-1080では「トーン」と呼ばれ
その「トーン」だけでも、TVF(デジタル・フィルター)、TVA(アンプ)
TVF、TVA、にはそれぞれENV(エンベロープ)が用意され
その他にピッチ・エンベロープが専用に用意されています。
LFOは2基搭載され、WG(オシレーター)、TVF、TVAに対して任意に
モジュレーションすることが出来るようになっており、
これだけでも、本格的なシンセサイザーに匹敵する機能を備えています。
音色は、ピアノ、オーケストラの各楽器などアコースティック系の音色から
D-50、Jupiter8をサンプリングした波形、SAW、SQUウェイブといった
アナログシンセサイザーの波形や、ギターのフレット・ノイズ、
ピアノのハンマー音、ノイズなどの効果音など
さまざまな、波形が用意されています。

そしてRoland JV-1080では「トーン」を
最大4つ使用し「パッチ」を作ります。
この「パッチ」が演奏できる最小単位となります。
「パッチ」の中には、リズムセットも用意されており
エフェクターやアウトプットなど、パンなどを設定出来るようになっています。

さらにそれらの「パッチ」を割り当てる「パフォーマンス」も
Roland JV-1080には用意されています。
「パフォーマンス」は16個のパートを持ち
1つはリズム専用パート、のこりの15個は「パッチ」を
割り当てることができます。
つまり、最大15台分のシンセサイザー+リズムマシンとして
機能させることが出来ます。

当然ですがRoland JV-1080では、
これらの音色情報をメモリーすることが出来ます。
プリセットはパフォーマンスが64種類、
パッチが512種類(内GM音源用が128種類)、
リズムセットが8種類(内GM音源用が2種類)
ユーザーメモリーはパフォーマンスが32種類、パッチが128種類
リズムセットが2種類用意されいます。
さらにDATAカードを利用すればメモリー領域を拡張することも出来ます。
当時としては、圧倒的な音色数を誇りました。

また、音色メモリーの項目でも、少し記載していますが
Roland JV-1080はGM音源としても使用することが出来ます。

次にRoland JV-1080のエフェクト部分を見ていきたいと思います。
Roland JV-1080のエフェクターは単体のマルチエフェクターを
凌ぐとも言われ、リバーブとコーラスを専用に独立させ、
その他に40種類のアルゴリズムを持つ、
EFX(マルチエフェクター)を搭載しています。
EFXはディストーション、ディレイ、コンプレッサー、
ローランドお得意のディメンジョンSPACE-D,
フランジャーなど様々なエフェクトが用意されており
その中にはそれらを組み合わせた複合タイプのエフェクトや、
リバーブ、コーラスの用意されており、独立したリバーブとコーラスとは
別系統でエフェクトをかけることが出来るようになっています。

そして、出力系も充実しており。ミックス・アウト、ステレオ・アウト1、2の
3系統、6独立アウトとなっています。

また、Roland JV-1080は当時肥大化する機能とは裏腹に
処理が追いつかず、ディスプレイ表示がもたつくという現象を解消するために
当時としては高速のRISC CPUを搭載し、
画面の切り換えがもたつくといった現象は解消され、
快適にパッチ、パフィーマンスの切り換え、エディットなどが
行えるようになています。

音色キャラクターは、後発のJV-2080とは異なるキャラクターで
ローランドらしい、明るめの音色が特徴
オケの中でも、際立つキャラクターだという印象です。

このように、Roland JV-1080は1994年発売の製品ながら
エクスパンション・ボードを搭載すれば、今でも十分使える
性能と音色を持ったシンセサイザーだと思います。



この記事がお役に立った方は上のバナーのクリックをお願いいたします

■■■Roland JV-1080 SUPER JVスペック■■■

●最大同時発音数:64音
●パート数:16(パート10はリズム・パート)
●エフェクト:EFX: 40種類(詳しくは備考を参照)
       コーラス: 1種類
       リバーブ: 1種類(8タイプ)
●メモリー:本体
 システム: 1
■パッチ
 ユーザー: 128
 プリセットA: 128
 プリセットB: 128
  プリセットC: 128
 プリセットD(GM用パッチ): 128
■パフォーマンス
 ユーザー: 32
 プリセットA: 32
 プリセットB: 32
■リズム・セット
 ユーザー: 2
 プリセットA: 2
 プリセットB: 2
 プリセットC: 2
 プリセットD(GM用リズム・セット含む):2
■DATAカード(オプション)
 パッチ: 128(M-512E) 64(M-256E)
 パフォーマンス: 32(M-512E) 16(M-256E)
 リズム・セット: 2(M-512E) 1(M-256E)
●ディスプレイ:40桁2行(バック照明付きLCD)
●接続端子:MIX OUT(L, R)、OUTPUT 1(L, R)、2(L, R)
 ヘッドホン・ジャック(ステレオ)、MIDIコネクター(イン、アウト、スルー)
 ウェーブ・エクスパンション・ボード・スロット(計4)
 カード・スロット(PCM, DATA)
●電源:AC100 V(50/60Hz)
●消費電力:13 W
●外形寸法:482(幅)×281(奥行)×88(高さ)mm
      EIA-2Uラック・マウント・タイプ
●重量:5.0 kg

●別売品
 DATAカード(PN-JV80シリーズ、M-256E/512E)
 PCMカード(SO-PCM1シリーズ)
 エクスパンション・ボード(SR-JV80シリーズ)
 ステレオ・ヘッドホン(RH-20/80/120)
 MIDI/SYNCケーブル(MSC-07/15/25/50/100)

※備考
●EFX
1: ステレオ・イコライザー
2: オーバードライブ
3: ディストーション
4: フェイザー
5: スペクトラム
6: エンハンサー
7: オート・ワウ
8: ロータリー
9: コンプレッサー
10:リミッター
11:ヘキサ・コーラス
12:トレモロ・コーラス
13:スペースD
14:ステレオ・コーラス
15:ステレオ・フランジャー
16:ステップ・フランジャー
17:ステレオ・ディレイ
18:モジュレーション・ディレイ
19:トリプル・タップ・ディレイ
20:クアドラプル・タップ・ディレイ
21:タイム・コントロール・ディレイ
22:2ボイス・ピッチ・シフター
23:フィードバック・ピッチ・シフター
24:リバーブ
25:ゲート・リバーブ
26:オーバードライブ→コーラス
27:オーバードライブ→フランジャー
28:オーバードライブ→ディレイ
29:ディストーション→コーラス
30:ディストーション→フランジャー
31:ディストーション→ディレイ
32:エンハンサー→コーラス
33:エンハンサー→フランジャー
34:エンハンサー→ディレイ
35:コーラス→ディレイ
36:フランジャー→ディレイ
37:コーラス→フランジャー
38:コーラス/ディレイ
39:フランジャー/ディレイ
40:コーラス/フラン

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/











テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

KORG monotron DUO

サウンドハウス



korg-monotron-duo-img1.jpg

korg-monotron-duo-img2.jpg

KORG monotron DUO
価格4,935円
■■■KORG monotron DUO機材情報■■■

KORG monotron DUOはとてもコンパクトで
手のひらサイズながらVCO、VCF回路を搭載する
リアル・アナログ・シンセサイザーです。
驚かされるのは、サイズだけではなくその価格
なんと4,935円!!
さっそく見ていきたいと思います。

KORG monotron DUOは先ほども記載しましたように
本物のアナログ回路を搭載したシンセサイザーです。
しかもオシレータはVCO1、VCO2と2基搭載されています。
基本的な構成はVCO(オシレーター)、VCF(フィルター)のみで
エンベロープやLFOは搭載されていません。
しかしながら、名器MONO/POLYに搭載されていた
X-MOD(クロスモジュレーション)機能が搭載されています。

KORG monotron DUOのX-MOD機能は
VCO1のピッチをVCO2で周波数変調しFMアルゴリズムによる
豊かな高調波を含んだ波形を生成することが出来ます。
FM音源に似ているのですが、FM音源のような
正確な変調ではありませんので
より過激な金属音等を作ることが出来るようになっています。
また、このmonotron DUOにはLFOが搭載されていませんが
このX-MOD機能によるピッチモジュレーションにより
ビブラート効果を得ることが出来るようになっています。

次に、KORG monotron DUO
コントローラー部分を見ていきたいと思います。

フロントパネルにはスイッチが一つとつまみが5つ
それに鍵盤を模したリボンコントローラーが搭載されています。

いちばん左のスイッチは電源スイッチを兼用しており
VCO1のみ発音させるモードと
VCO1とVCO2の2つをミックスして発音させるモードを
選べるようになっています。
純粋にX-MODの効果を出したいときはVCO1のみの発音モードで
デチューンやオクターブ重ねてより厚みのある音色が欲しいときは
VCo1+VCO2のモードを選択すればよいかと思います。

その隣はVCO1のピッチ調整つまみ
そしてその隣のX-MOD INT.つまみで
X-MOD機能のモジュレーションの深さを調整できます。
そして次はVCO2のピッチ調整つまみ
このVCO2とX-MOD INT.つまみにより
音色が劇的に変化するようになっています。
ピッチを微妙にずらしたコーラス効果や
X-MODを浅く設定した、LFOモジュレーションのようなビブラート効果
X-MODを深く設定すれば、ベルや過激な金属音なども
作れるようになっていて、幅広い音色を
このオシレーター・セクションだけでも
作り出せるようになっています。

その隣にはVCFフィルターセクション
おなじみのCUTOFF、PEAK(レゾナンス)で
音作りを行えるようになっています。
このフィルターは歴史的名器MS-10、MS-20と同じ
VCF回路が使われており、KORG monotron DUO
特色となっていると思います。

そしてKORG monotron DUOのフロントパネル
右上の網目状の所には、スピーカーが内蔵されていて
特別なアンプなどがなくても、本機だけで音を出して
演奏する事が出来るところは嬉しい仕様です。

フロントパネル下にはリボンコントローラー鍵盤が搭載されています。
このリボンコントローラーにはスケール機能がついていて
リアパネルの赤いボタンを押すことにより
通常の鍵盤の音程でなる「クロマチック・スケール」、
「メジャースケール」、「マイナースケール」、
そしてMonotoronのようにスケールの割り当てを解除し
通常のリボンコントローラーのように連続的に
音程が変化する「オフ」の4つのスケールが
切り替わるようになっています。

次にリアパネルを見ていきたいと思います。
KORG monotron DUOリアパネルには
先ほどの赤いボタンのスケール切り換えスイッチ
ボリュームダイヤル、ヘッドホン出力端子、AUX入力端子が装備されています。
AUX入力端子は入力した信号をKORG monotron DUO本体の
サウンドとミックスしてスピーカーで鳴らせることが出来るようになっています。

電源は本体下部にある乾電池ボックスに単4乾電池2個をいれます。
最大8時間の使用が可能です。
AC電源は非対応なのが残念ですが
電池は、どこでも手に入りますので、電源のないところでも
プレイできるのは嬉しい仕様だと思います。

さて、実際にKORG monotron DUOの音を出してみた感想ですが
まず、オシレーターは基本的にはSAW WAVE系の音なのですが
純粋なSAW WAVEではないような印象です。
ちょっとSine Waveをミックスしたような印象です。
オシレーター波形は選べませんので、
このオシレーターの音色は守備範囲の広いキャラクターだと感じました。
早速 VCO2とX-MODを使ってモジュレーションをかけてみましたが
設定によって、様々な音色を作り出すことが出来ます。
X-MODつまみを回しきれば、
かなり過激な音も作ることが出来ます。

便利な機能としてVCO2のつまみにはランプが内蔵されていて
モジュレーションの状態を点滅によって
視覚的に見ることで出来ます。

そして、monotron DUOのフィルターセクションです。
歴史的名器MS-10、MS-20と同じVCF回路が使われているのは
ご説明しましたが、実際にカットオフとレゾナンスを調整してみると
まさにMSシリーズのかかり具合にとても似ています。
当方にはMS10とMS20どちらも実機がありますが
カットオフのキレ具合や、レゾナンスの効き具合など
MSシリーズの、繊細さを持ちつつ、切れ味のあるキャラクターは
十分に受け継がれています。
外部入力端子のソースはフィルターの前に接続されていますので
KORG monotron DUOはフィルターエフェクターとしても
十分に価値があると思います。

このようにKORG monotron DUOは4,935円という
衝撃的な低価格ながら、2オシレーターやX-MOD、
MSシリーズのフィルター回路をもち
幅広い音色を作ることが出来ると思います。
バーチャルではなく、本物のリアルアナログ回路ですので
このmonotron DUOでアナログ・シンセを
すばらしさを知って頂ければと思います。



この記事がお役に立った方は上のバナーのクリックをお願いいたします

■■■KORG monotron DUOスペック■■■

●シンセ構成:2VCO with X-Mod、1VCF
●スイッチ:standby/vco1/vco1+2 切替、スケール選択スイッチ(クロマチック→メジャー→マイナー→オフ)
●ツマミ:VCO1 pitch、X-MOD int、VCO2 pitch、VCF cutoff、VCF peak
●コントローラー:リボン・コントローラー
●ボリューム:ヘッドホン・ボリューム
●入力端子:AUXインプット(3.5mmステレオ・ミニ・ジャック)
●出力端子:ヘッドホン(3.5mmステレオ・ミニ・ジャック)
●電源:単4形乾電池x 2本(アルカリ乾電池推奨)
●電池寿命:約8時間(アルカリ乾電池使用時)
●付属品:動作確認用単4形乾電池x 2本
●外形寸法:120(W)x 72(D)x 28(H)mm(ツマミ高さ含む)
●質量:95g(電池含まず)

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/







KORG monotron DUO を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

KORG monotron DUO を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる









KORG monotron Duo ANALOG RIBBON SYNTHESIZER

KORG monotron Duo ANALOG RIBBON SYNTHESIZER


テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

AKAI INDEX

AKAI INDEX

CD3000(プレイバック・サンプラー)
LPD8(ラップトップ・パッド・コントローラ)
LPK25(ラップトップ・パフォーマンス・キーボード)
MINIAK(ヴァーチャル・アナログ・シンセサイザー)
MPC2000XL(サンプラー)
MPC3000(サンプラー)
MPK49(パッド搭載MIDIコントロールキーボード)
S950(12bitサンプラー)
S3200(サンプラー)
XE8(ドラム音源モジュール)
XR10(ドラムマシン)

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。