DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Roland INTEGRA-7

サウンドハウス


roland-integra-7-img.jpg
roland-integra-7-img2.jpg
Roland INTEGRA-7
価格 168,000円
■■■Roland INTEGRA-7機材情報■■■
ハードウエア・シンセサイザーとしては、久々の音源モジュール
Roland INTEGRA-7が発表されました。

主要メーカーのラックマウント型の音源モジュールが
発売されなくなり、やはりコンピューターベースの
ソフトウエア音源に主流が移っていく状況の中で
もう、ラックマウント型の音源モジュールは
発売されないのではないかという
心配をしておられた方もいるかと思います。
筆者もその中の一人で、もちろんソフトウエア・シンセサイザーは
活用しておりますが、Roland INTEGRA-7のような
音源モジュールは、最終的にはDAWでミックスをすることとなりますが、
いったんアナログ信号としてケーブルを通って取り込んだ音源は
やはり、ソフトウエア・シンセサイザーとはひと味違う
奥行きがあり、オケに埋もれないキャラクターがあると感じます。
そのような、理由でこのRoland INTEGRA-7は
個人的にもたいへん注目しています。

Roland INTEGRA-7は写真だけを見ると
シンプルなフロントパネルと大きめのダイヤルでハーフラックサイズの
音源モジュールと見間違えそうですが、
実際は、幅48.1cm、奥行き26.2cm、高さ8.9cmの
2Uラックサイズの本格的な音源モジュールです。

Roland INTEGRA-7の概要を簡単に説明すると
音源部はXV-5080とSRXシリーズのすべての音源、
さらにSuperNATURAL音源とGM2音源を加えた
6000音以上のサウンドを収録と、
現在のローランドの資産、技術のすべてを投入したようなスペックです。
パート数は16パート、そのすべてに個別にエフェクトをかけることが出来ます。
さらに、5.1CHサラウンドにも対応、iPadによるUSBまたは、
無線でのコントロールが可能など、
まさにRolandフラッグシップに音源モジュールの
名に恥じないスペックを持っていると思います。

それでは、Roland INTEGRA-7を
さらに詳しく見ていきたいと思います。

Roland INTEGRA-7に搭載されている音源は
大きく分けると、SuperNATURAL音源とPCM音源となります。
SuperNATURAL音源はRoland独自のBehavior Modeling Technologyによる
音源で、今までのアコースティック・ピアノ、ストリングス、
ブラス、ベースに加えRoland INTEGRA-7では
新たに、エレキ・ギターやシタール、二胡などのモデリングを追加。
シンセサイザーではJUPITER-80やJUPITER-50に搭載された
アナログシンセのモデリング音源と同等のものが搭載されています。

roland-integra-7-dimg1.jpg
そしてRoland INTEGRA-7におけるSuperNATURAL音源の
もう一つの側面とも言えるドラム音源
まるでV-Drum、TD-30の音源部分を内蔵しているかのようなスペックで
アコースティック・ドラムをリアルに再現します。
特に連打などの微妙なニュアンスや、強弱による自然な音色変化は
通常のPCM主体の音源では絶対に得られないものです。
また、Roland INTEGRA-7では実際のドラム演奏を
シンセサイザーのコントローラーで
どのように再現するかも非常に良く考えられおり
たとえば、スネア・ロール、シンバル・ロールなどは
モジュレーションバーを利用することにより
自然なロール・サウンドが得られるのはその一例です。
さらに、アンビエンスも調整可能で、マイクのセッティングによる
響きまでもコントロールできるようになっています。

そして、もう一つの音源方式PCM音源についてにていきたいと思います。

roland-integra-7-dimg7.jpg

Roland INTEGRA-7に搭載されているPCM音源は
やはり、その膨大なサウンド数と、過去の資産を受けついた
信頼のサウンドが特徴と言えると思います。
従来までの、ローランドのフラッグシップであったXV-5080の
すべてのサウンドを収録、さらにエクスパンション・ボード
SRXシリーズ 全12タイトルのすべてのサウンドを収録しています。
SRXシリーズのサウンドは、従来のように基盤がモジュールとして
搭載されているわけではなく、あくまでデータが内蔵されているということですが
Roland INTEGRA-7は4基のバーチャル・スロットに
任意のタイトルをロードして使用することとなります。
つまり、12タイトルがずべてスタンバイできるというわけではなく
その中の4タイトルがスタンバイできる仕様となっています。
もちろん、従来のボードを取り替えるという作業がいりませんので
このように手軽にSRXシリーズを入れ替えできるというのは
嬉しい限りです。
従来のエクスパンション・ボード用のスロットは搭載されていませんので
今後、新たなSRXシリーズが発売されるかはわかりませんが
もしかしたら、データ形式で新たなSRXシリーズが発売されるかもしれません


さらに、Roland INTEGRA-7にはGM2音源も内蔵しており
SuperNATURAL音源とPCM音源を含めた総音色数
6000音以上となっています。

Roland INTEGRA-7のパート数は16パート、
同時発音数は最大で128音
パート数は音源による制限はありませんので、
SuperNATURAL音源を16パートマルチティンバーで使用することも可能です。

そしてもう一つの音作りの重要な要素とも言えるエフェクターセクション。
搭載されている、エフェクターの多くはRoland INTEGRA-7用に
新開発されたもので、SuperNATURAL音源のリアルな
アコースティック・サウンドに負けない高品位なリバーブや、
オルガン用のロータリースピーカー・エフェクト
コーラス、ディレイといった一般的なものはもちろんですが、
Bit CrusherやJUPITER80Ver2に搭載されている
ビンテージフィルター、ドラム・パート用のコンプなど、
67種類でさまざまで高品位なエフェクトが用意されています。
さらに、これらのマルチエフェクターは16パートすべてに
個別にかけることが出来るようになっており
EQも16パート用意されています。
ドラム・パート用 COMP+EQも6系統まで使用可能で
さらに、マスター出力にも専用のEQが使えるようになっています
その際も、従来の音源モジュールにみられた
動作や音の違いは全く感じることが出来ません

そして、これら音源モジュールとしての基本性能の他に
もう一つのRoland INTEGRA-7の特徴として
上げられるのがRSS技術を使ったMotional Surround機能があげられます。
Motional Surround機能はRoland INTEGRA-7の
16パートと外部入力のソース1パートの、合計17パートを自由に
サラウンド空間に配置することが出来ます。
roland-integra-7-dimg3.jpg

また、演奏中にサラウンドに配置されたパートを
リアルタイムで自由に動かすことが出来る
モーション・サラウンド機能も装備されています。
操作方法は、ディスプレイに表示されるサラウンド空間に
各パートを希望の位置に配置するだけの簡単な操作で
2ch出力で奥行や左右の広がりを実現することができます。
サラウンドは、スピーカーとヘッドホンそれぞれに
最適なモードが選べるようになっています。
また、リアパネルのステレオ4系統独立アウトの内、
3系統を使い、5.1chの本格的なサラウンド出力も可能となっています。

さらに、Roland INTEGRA-7の特徴として
iPadアプリによるコントロールが上げられます。
専用のアプリをiPadにインストールすれば
マルチティンバー時の音色の選択、パンニング、ボリュームといった
ミキシング設定画面は当然ですが、

roland-integra-7-dimg4.jpg

JUPITERシリーズ同様のシンセエディット画面で音作りを行ったり、

roland-integra-7-dimg6.jpg

SRXシリーズを4基のバーチャル・スロットにロードする際も
パッケージそのままのアイコンが現れます。

roland-integra-7-dimg5.jpg

Motional Surround機能の各パートの定位設定も
各パートに使われている音色が、実際の楽器を模倣した
アイコンを見て作業できます。
その他にもほとんどの作業を
iPadからコントロールすることが出来るようになっています。
iPadとの接続は、通常ケーブルで行いますが
別売のワイヤレスUSBアダプター(WNA1100-RL)を使用することで
無線での接続も可能となっています。

最後にRoland INTEGRA-7をの入出力関連を
見ていきたいと思います。

roland-integra-7-img2.jpg

アナログ出力はステレオが4系統(フォーン端子合計8)、
XLRバランス・ステレオアウト端子が1、フォーンのステレオ入力端子が1、
デジタル出力はS/P DIFデジタル出力が1となっています。
その他にはMIDI端子はIN/OUT/THRU、
オーディオ・MIDI対応のUSB端子が1つ装備されたいます。
フロントパネルには、フォーンタイプのアナログ・ステレオ・インプット端子が1つ
USBメモリー用の端子が1つ、ヘッドホン出力端子が1つ装備されています。

ソフトウェア・シンセサイザー全盛の時代ですが
それらに、全く引けをとらないばかりか、上をゆく性能と、
パソコンより圧倒的に安定した環境が
ライブやスタジオで使えるという意味で、
音源モジュールであるRoland INTEGRA-7の
存在価値は大きいと思います。
なにより、デジタルでの内部接続ではない
アナログでの出力による、音のキャラクターは
やはり捨てがたいと思います。




この記事がお役に立った方は上のバナーのクリックをお願いいたします

■■■Roland INTEGRA-7スペック■■■
●最大同時発音数;128音(音源負荷に依存して変化)
●パート数:16パート
●トーン: SuperNATURALアコースティック、SuperNATURALシンセ、
    SuperNATURALドラムキット、PCMシンセ、PCMドラムキット 
※GM2音色を含む
●拡張用仮想スロット: スロット数=4
※下記のタイトル(本体メモリーに内蔵)からロードして使用します。
 SRXシリーズ(全12タイトル)
 拡張用SuperNATURAL音色(6タイトル)
 拡張用高品位PCM音色(1タイトル)
※SRXシリーズ、拡張用SuperNATURAL音色は、
1タイトルにつき1つの仮想スロットを使用します。
※拡張用高品位PCM音色は、1タイトルで4つすべての
仮想スロットを使用します。
●エフェクト:マルチエフェクト=16系統、67種類、パートEQ=16系統、
      ドラム・パート用 COMP+EQ=6系統、
      モーショナル・サラウンド、コーラス=3種類、
      リバーブ=6種類、マスターEQ
●ディスプレイ:256×80ドット(バックライト付きグラフィックLCD)
●接続端子: PHONES端子(ステレオ標準タイプ)、
     INPUT端子(L、R)(標準タイプ、フロント側)、
     INPUT端子(L、R)(標準タイプ、リア側)、
     OUTPUT A(MIX)端子(L、R)(XLRタイプ)、
     OUTPUT A(MIX)端子(L/MONO、R)(TRS標準タイプ)、
     OUTPUT B端子(L、R)(標準タイプ)、
     OUTPUT C端子(L、R)(標準タイプ)、
     OUTPUT D端子(L、R)(標準タイプ)、
     DIGITAL AUDIO OUT(COAXIAL)端子、
     MIDI端子(IN、OUT、THRU)、
     USB COMPUTER端子(オーディオ/MIDI対応)、
  USBメモリー端子、AC IN端子
●電源:AC100V(50/60Hz)
●消費電力:18W

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/








スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。