DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MACKIE INDEX

MACKIE INDEX

1642-VLZ Pro(8モノ、4ステレオ・16chアナログ・ミキサー)
ProFX22(14モノ、4ステレオ・22chアナログ・ミキサー)
スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

MACKIE ProFX22

MACKIE ProFX22


サウンドハウス



mackie-profx22.jpg
mackie-profx22-2.jpg
MACKIE ProFX22を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

MACKIE ProFX22 価格105,000円

■■■MACKIE ProFX22機材情報■■■
通常の作業では、DAWでミックスすることが多くなりましたが
筆者の環境はまだまだ、ハードウェアが多い制作環境ですので
最終的にはDAWでミックスを行うにしても、
ミキサーは欠かせません。
個人的にはデジタルミキサーを使っているのですが、
知人の自宅スタジオでこのMACKIE ProFX22を使用していて
実際に使ってみることが出来ましたので、レビューしたいと思います。

MACKIEのミキサーは昔から音質に定評があります。
テクノ系のミュージシャンの中には、その独特な質感から
SSLなどのスタジオ常設のミキサーを使わず、
あえて、MACKIEのミキサーを使ってミックスした人も
いるくらいですので、その出音には定評があります。
MACKIE ProFX22の音質の秘密は、
定評のあるヘッドアンプ部にあると思います。
他のミキサーに比べ、ヘッドルームが広いので、歪みにも強く
また、ノイズレベルも低く、音質もクリアで芯のあるサウンドです。
ワンランク上のプリアンプを備えている印象です。

MACKIE ProFX22はもともと発売されていた8chと12chモデルの
ProFX8、ProFX12の追加モデルとして発売されました。
チャンネル数はモノラル入力が14ch、ステレオ入力が4ch、
マイク入力は16chあり、マイク入力を16chすべて使った場合は
ステレオ2chがマイク入力兼用となってますので、
その分入力ch数は減ることとなります。
アウトプットはメイン・アウト(ステレオ2ch)の他に
サブアウトが4系統装備されています。

その他にMACKIE ProFX22には、AUXリターン入力がステレオ1系統、
FX出力が1系統、テープ入出力がそれぞれステレオ1系統、
ヘッドホン・アウト、CRアウトなど、
この価格帯の商品としては不足のない内容です。

また、MACKIE ProFX22はメーカーのページに
戦車のイメージが掲載されているように、
衝撃にも強い作りになっています。
実際見た目も、ボディは金属製で、サイドパネルはABS樹脂製。
これでしたら、セッティングを急がなければならない現場でも
特に意識することなく安心して作業が行えると思います。

次にMACKIE ProFX22のチャンネル部分を見ていきたいと思います。
MACKIE ProFX22の入出力端子は
すべてフロントパネルに装備されていますので
チャンネルセクションは一番上に、48Vファンタム電源付きのXLR入力端子、
フォーン入力端子、インサート端子があります。
その下に、18dB/oct、100Hzローカット付きのゲインセクション、
次に、ハイが12kHz、ローが80Hzのシェルビング、
MIDはQ固定の100Hz〜8kHのパラメトリック・イコライザーが
装備されています。
(15ch~22chまでは、MID2.5kHzシェルビングタイプとなります)
その下には、AUXセクション、パンつまみと並び
60mmフェーダーがあります。

MACKIE ProFX22の11ch〜14chには 、インサート端子の代わりに
1つまみのみのシンプルなコンプレッサーが搭載されています。
アタックやリリースはオートでレシオも固定ですが
聞いた感じでは4:1〜6:1くらいの使いやすい設定になっている印象です。

MACKIE ProFX22はフロントパネルでひときわ目立つ存在の
グラフィック・イコライザーが装備されています。
マスター、またはAUX1にアサインが可能なステレオ7バンド仕様で
これのおかげで、ラックタイプのグラフィック・イコライザーを
2台持ち歩かなくてすむのは嬉しい限りです。

また、MACKIE ProFX22にはエフェクターも内蔵しています。
内蔵されているエフェクターは16種類
ルーム、ホールなどリバーブが8種類
コーラス系が2種類、ディレイ系が6種類と
シンプルな構成です。
実際、PA等では、フランジャーや歪み系などは使う機会は
滅多にありませんので、使いやすい仕様だと思います。

さらに、MACKIE ProFX22にはUSB端子が装備されています。
これは、2イン・2アウトのUSBオーディオイン・アウトとして動作し
同梱のTracktion 3音楽制作ソフトウェア、
またはDAWソフトウエアにより、ミックス全体を
レコーディングすることが可能となっています。
また、DAWからの音声出力はch15、ch16に
ルーティングすることが出来ますので、そのソースをミックスして
さらに、パソコンに録音するといったことも出来ます。

最後となりましたが、MACKIE ProFX22で実際に簡単ですが
ミックスをしてみた感想です。
普段使っている、デジタルミキサーとは明らかに違う
芯のある、太めの音色が特徴的でした。
デジタルの耳に慣れた私のとっては、とても新鮮で
適度に荒れた音質は、DAW等で音が綺麗過ぎると思っている方には
ぜひ、おすすめしたい音質です。
エフェクトも宣伝文句どおり、プリセットのまま使える印象で
おまけ的なものではなく、自然で本格的な響きでした。
残念な点は、USBでオーディオを入出力する際のフォーマットが
16bitのみであることです。
環境にもよりますが、筆者は24bitでの作業が多く
この点のみ改善を期待したいところです。
その他は、十分なスペックと名に恥じない
クォリティを持った製品だと思います。
MACKIE ProFX22を実際に使用してみて
私も次のミキサー買い換え時には、
アナログミキサーに戻そうと思ってしまいました。
それほど、説得力のある音質でした。




■■■MACKIE ProFX22スペック■■■

●周波数特性:20Hz〜40kHz
●入力チャンネル数:22ch(14モノ、4ステレオ)
●バス数:4
●マイクプリアンプ:16(48Vファンタム電源付き)
●コンプレッサー:4(11〜14ch)
●エフェクトプロセッサー:内蔵16種類
●グラフィックEQ:7バンド(125/250/500/1k/2k/4k/8kHz)
●USB端子:1(2ch オーディオ イン・アウト)
●AD/DA:16bit44.1kHz/16bit48kHz
●フェーダー:60mm
●外形寸法:639(W)×97(H)×407(D)mm
●重量:8.2kg

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/




MACKIE ProFX22を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる
MACKIE ProFX22を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

Mackie アナログミキサー ProFX 22

Mackie アナログミキサー ProFX 22


テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

TASCAM INDEX

TASCAM INDEX

DIGITAL PORTASTUDIO 2488neo(24トラック ハードディスク・デジタルMTR)
DR-2d(リニアPCMレコーダー)
DP-004(4trデジタルMTR)
DR-08(リニアPCMレコーダー)
DR-40(リニアPCMレコーダー)
VL-X5(パワード・モニター・スピーカー)

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

TASCAM DR-40

サウンドハウス


tascam-dr40-1.jpg
tascam-dr40-2.jpg
TASCAM DR-40国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

TASCAM DR-40
オープンプライス予想価格20,000円前後

■■■TASCAM DR-40機材情報■■■

様々なタイプのハンディレコーダーーが発売されていますが
その中でも老舗ともいえるTASCAMから発売されたR-40をご紹介します。

本機は外見から判断すると2トラックのレコーダーと
思われるかもしれませんが、録音トラックを4つ持っており
単なるハンディレコーダーとしてだけではなく
4トラックMTRのような使い方も出来るようになっています。

TASCAM DR-40の大きさは、幅7cm、厚さ3.5cm、高さ15.5cm
他のハンディレコーダーに比べて、とりたて小型というわけではありません
しかしながら、このくらいのボディの方が液晶画面も大きくて見やすく
無理に小型化し操作感が犠牲になるよりは
遙かに理にかなった設計であると言えます。
重さは231g、持った感じは、大きさの割には軽く感じました。

tascam-dr40-5.jpg
TASCAM DR-40のスペックを簡単に見てみると、
トラック数は4トラック、
録音フォーマットは、MP3、WAV、BWFフォーマットで
MP3の32kbpsからWAV/BWFの24bit96kHzまで
幅広い録音フォーマットに対応しています。

BWFフォーマットとはWAVファイルにSMPTEタイムコードを
ファイルに含めることが出来るようになっているフォーマットで、
おもにテレビや映画関連で使われています。

録音時間は、最大約16時間可能で、記録メディアはSDカードを採用しています。
4トラックのオーバーダビング録音が可能で、
2chのコンデンサーマイクとXLR・フォーンのコンボ入力を備えています。
単三乾電池3本による起動が可能で、
オプションのバッテリーパックも要されており
さらに、長時間の録音も出来るようになっています。
また、USBポートを装備しデータをパソコンに転送可能です。
操作もシンプルで手軽に高音質な録音が出来るよう設計されている印象です。


TASCAM DR-40をそれでは細かく見ていきたいと思います。

TASCAM DR-40外見上の特徴ともなっている、内蔵のマイクですが、
可動式のXY/AB切り替え可能なコンデンサーマイクで、
AB設置のセンター音中心の録音や、XY設置のステレオ感豊かな録音まで
幅広く対応することが出来ます。

tascam-dr40-4.jpg

また、底部分にはXLR/TRS兼用のステレオインプットを備えています。

tascam-dr40-3.jpg
XLR接続時は+4dBuラインレベルから+48Vファントム供給可能な
マイクレベルまで対応しており、TRSインプットを利用した
シンセサイザーなどの外部音源の入力や、コンデンサーマイクなど、
ほとんどの機器を接続することが可能です。
また、この端子を利用して、双指向性のマイクの組み合わせによる
MS録音も可能となっています。
さらにTASCAM DR-40では、
MSデコード処理も出来るようになっていますので、
録音記録時ににMSデコード処理をするか、しないかも選択可能です。

TASCAM DR-40ではこれら、内蔵マイクと外部入力とで
録音を行っていきますが、通常のステレオ・トラックの他に
もう一つのステレオ・トラックを持っており
実質4トラックの録音が可能となっています。
2つのステレオトラックを使った録音方法は
歪み対策のために録音レベルを変えて、
同じソースを同時にバックアップ録音できる「デュアルレコーディング」
内蔵マイクと外部入力の別々のソースを同時に録音できる
「4CHレコーディング」
マルチトラックレコーダーのように、1chずつ録音済の音声を聞きながら
音を重ねることが出来る「非破壊オーバーダビング」の3つの
録音方法を選択出来、様々な状況で使用することが出来るようになっています。

TASCAM DR-40で実際に録音する際にはこの他にも
簡単に高音質で録音するための機能が備えられています。
まずは、基本的なスペックとして最大音圧125dB SPLを持ていますので
ロックバンドの大音量のライブ録音でもまず問題ありません。
さらに、過大入力を防ぐリミッター機能や
40/80/120Hz切り換え式のローカット、音声レベルを検出して
自動的に録音レベルを調整するピークリダクション、
指定したレベルより高い音が入力されると
自動的に録音を開始するオートRECなど、
録音中に基準レベルを5秒以上下回った後に、
入力音が基準レベルを超えると
マークを付けるMARKモード、
カメラのセルフタイマーと同じように、5秒、もしくは10秒後に録音を開始する
セルフターマーレコーディングなど、TASCAM DR-40は至れり尽くせりの
録音機能が搭載されています。

TASCAM DR-40では、再生機能も充実しています。
録音したソースの音程を変えずに再生スピードを
変えることが出来る、VSA(Variable Speed Audition)機能を搭載。
楽曲の練習や、トークの早回し再生など様々な場面で活用できる機能です。
また、録音ソースの音量がばらついた場合でも
「レベルアライン機能」を使用すれば、再生時にレベルのばらつきを抑え
聴きやすい状態で再生することが出来ます。
さらに、高域、中域、低域をブーストカットできるイコライザー機能、
指定した場所を繰り返し聞くことが出来る、ループ再生機能、
電源off時の再生位置を記憶し、次の電源on時に
その場所から、再生をはじめられるレジューム機能、
再生中に1~10秒/1秒ステップ、10秒、20秒、30秒の範囲で
戻って再生することの出来る、ジャンプバック再生機能など
実用を重視した機能が、搭載されている印象です。

さらに、TASCAM DR-40はREMOTE端子が装備されており
別売のフットスイッチRC-3Fやワイヤードリモコン接続が可能となっており
離れた場所からの操作や、両手がふさがっている場合でも
コントロールが出来るようになっています。

また、TASCAM DR-40には、WAVファイルで録音したソースのみですが
不要な部分を、分割して削除できるディバイド/デリート機能も
搭載されています。

実際にマイクで録音をしてみましたが、他のレコーダーに比べ
とても、クセがなく自然に録音が出来るという印象でした。
マイクもXY/AB切り替え出来ますので
ソースに合わせて選択出来るのが便利でした。
中央の定位がしっかりするXY方式でも、程よい広がりがあり
レンジも広くこの価格帯であることを忘れてしまう印象です。

このようにTASCAM DR-40はライブハウスでの録音や、単一楽器の録音
仕事での会議や講演会のトーク・インタビュー録音、
フィールドレコーディングや環境音の録音など
様々なソースを高音質で録音することが出来ると思います。




■■■TASCAM DR-40スペック■■■

●記録メディア :SDカード(64MB~2GB)、SDHCカード(4GB~32GB)
●ファイルシステム:FAT16/32
●ファイルフォーマット:WAV、BWF、MP3
 WAV / BWF
  サンプリング周波数 44.1kHz/48kHz/96kHz
  量子化ビット数 16/24ビット
 MP3
  サンプリング周波数 44.1kHz/48kHz
  録音ビットレート 32k/64k/96k/128k/192k/256k/320kbps
  再生ビットレート 32k~320kbps、VBR対応、ID3TAG Ver.2.4対応
   ※VBRで作成されたMP3ファイルはループ再生で正確なIN/OUTポイント
   が設定できない場合があります。また、早送り/早戻しサーチをすると曲の
   経過時間と再生音がずれたり、曲の最後の部分を繰り返して再生したりする
   場合がありますが、一旦再生を止めれば正常な状態に復帰します。
●チャンネル数:4チャンネル(2ステレオ)
●再生スピードコントロール:(VSA) 0.5倍~1.5倍(0.1倍単位)
               ※44.1kHz/48kHz時のみ
●内蔵マイク:単一指向性、ステレオ
       A-BポジションとX-Yポジションを切り換え可能
●EXT MIC/LINE IN:XLR/TRSコンボジャック(1:GND,2:HOT,3:COLD)
  入力インピーダンス 2.2kΩ(MIC)/10kΩ(LINE)
  基準入力レベル -19dBV(MIC) / +4dBu (LINE)
  最大入力レベル -3dBV (MIC) / +20dBu (LINE)
●PHONES/LINE OUT :1/8(3.5mm)ステレオミニホンジャック、アンバランス
 ライン接続時
  出力インピーダンス 12Ω
  基準出力レベル -14dBV(10kΩ負荷時)
  最大出力レベル +2dBV(10kΩ負荷時)
 ヘッドホン接続時
  最大出力 20mW+20mW(32Ω負荷時)
●内蔵スピーカー:0.3W、モノラル
●ローカットフィルター:カットオフ周波数 40Hz/80Hz/120Hz
●USB:Mini-Bタイプ
  フォーマット USB2.0 HIGH SPEED マスストレージクラス
●REMOTE:2.5mmTRSジャック
●エフェクター:リバーブ、入力信号または再生信号にかけることが可能
 プリセット数 6(HALL 1、HALL 2、ROOM、STUDIO、PLATE 1、PLATE 2)
●チューナー:測定範囲 C1~B6
  A4キャリブレーション範囲 435Hz~445Hz(1Hz単位)
●三脚取り付け用穴:1/4インチ・カメラネジ
●電源 :単三形電池3本(アルカリ乾電池またはニッケル水素電池)
 USBバスパワーから供給
 AC100~240V、50-60Hz(別売ACアダプター PS-P515U)
●消費電力:2.5W(最大時)
●電池持続時間(録音時)
 アルカリ乾電池使用時(EVOLTA)
 内蔵マイク使用時
  約16時間(2ch WAV、96kHz、24bit)
  約20.5時間(2ch WAV、44.1kHz、16bit)
  約18時間(2ch MP3、44.1kHz、128kbps)
 内蔵マイク+LINE入力時
  約8.5時間(4ch WAV、96kHz、24bit)
  約9時間(4ch WAV、44.1kHz、16bit)
  約9.5時間(4ch MP3、44.1kHz、128kbps)

 ニッケル水素電池使用時(eneloop)
 内蔵マイク使用時
  約12時間(2ch WAV、96kHz、24bit)
  約17時間(2ch WAV、44.1kHz、16bit)
  約15時間(2ch MP3、44.1kHz、128kbps)
 内蔵マイク+LINE入力時
  約8時間(4ch WAV、96kHz、24bit)
  約8.5時間(4ch WAV、44.1kHz、16bit)
  約8.5時間(4ch MP3、44.1kHz、128kbps)

●電池持続時間(再生時)
アルカリ乾電池使用時(EVOLTA)
 ヘッドフォン使用時
  約16時間(2ch WAV、96kHz、24bit)
  約21.5時間(2ch WAV、44.1kHz、16bit)
  約17.5時間(2ch MP3、44.1kHz、128kbps)
  約15.5時間(4ch WAV、96kHz、24bit)
  約17.5時間(4ch WAV、44.1kHz、16bit)
 約16.5時間(4ch MP3、44.1kHz、128kbps)

ニッケル水素電池使用時(eneloop)
ヘッドフォン使用時
  約14時間(2ch WAV、96kHz、24bit)
  約17.5時間(2ch WAV、44.1kHz、16bit)
  約14.5時間(2ch MP3、44.1kHz、128kbps)
  約13時間(4ch WAV、96kHz、24bit)
  約15時間(4ch WAV、44.1kHz、16bit)
  約15時間(4ch MP3、44.1kHz、128kbps)

●外形寸法:70(幅)×155(高さ)×35(奥行き)mm(マイク閉状態)
      90(幅)×155(高さ)×35(奥行き)mm(マイク開状態)
●質量:213g(電池を含まず)
●動作温度:0~40℃
●付属品:2GB SDカード、Mini USBケーブル



サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/





TASCAM DR-40国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

TASCAM DR-40国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

TASCAM DR-40

TASCAM DR-40





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。