DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sokid State Logic X-Rack Channel EQ Module

Sokid State Logic X-Rack Channel EQ Module
サウンドハウス



X-Rack-Channel-EQ-Module.jpg


SOLID STATE LOGIC X-Rack Channel EQ Moduleを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

Sokid State Logic X-Rack Channel EQ Module
■■■機材情報■■■
多くのプロデューサーとエンジニアは「ランチボックス」と
称するSSLコンソールから取り外した古いEQモジュールを持っています。
ある人はそのEQが彼らのミックスのためには
必要不可欠なツールであると言うでしょう。
このChannel EQモジュールはSSLの伝統的なラージコンソールに
装備されているSSL twin-curve、EとGシリーズのイコライザーカーブを
コンパクトなX-Rackで再現できます。
全バンドでベル・カーブを選択可能
昔からのSSLのEQサウンドを継承しつつ、
現在のXL9000KコンソールのEQを再現、発展させているます。
HFでは最高周波数が22kHzまであり
なおかつベル・カーブをセレクトすることもできます
またHMF、LMFにおいてはE/Gシリーズ・コンソールの
カーブ特性の選択も可能となっており、4バンドすべてで
ベル・カーブを選択すると、ピンポイントで
周波数をブースト、カットでき、グラフィックEQ的に
扱えるという点でもたいへん優れていると思います。

■■■スペック■■■
●HF :周波数レンジ 1.5kHz – 22kHz ±20dB
●HMF:周波数レンジ 600Hz – 7kHz ±20dB Qカーブ (0.7 – 2.5)
●LMF:周波数レンジ 200Hz to 2.5kHz ±20dB Qカーブ (0.7 – 2.5)
●LF:周波数レンジ 40Hz – 600Hz ±16.5dB
●インプット:XLR +4dBu or –10dBVセレクト
●アウトプット:XLR +4dBu
●周波数特性/20Hz~20kHz(土0.5dB)、~200kHz(-3dB)
●サイズ:200(D)mm×171(H)mm×35(W)mm
●重量:260g

SOLID STATE LOGIC  X-Rack Channel EQ Moduleを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

SOLID STATE LOGIC X-Rack Channel EQ Moduleを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/

スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lgril.blog59.fc2.com/tb.php/125-9d983366
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。