DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

E-MU E4 Platinum

E-MU E4 Platinum

サウンドハウス



e4p1.jpg
e4p2.jpg
E-MU E4 Platinum
E-MU E4 Platinum
価格680000円
■■■E-MU E4 Platinum機材情報■■■
サンプラーなど、デジタル系の音楽機材で、現在の主流を言えば
ソフトウェア・ベースのもだと思います。
そのような中であえてハードウェア・サンプラーを
使用する意味を含めて見ていきたいと思います。
このE-MU E4 Platinumは基本性能やユーザー・インターフェースは
前モデルのE4Ultraシリーズを引き継ぎ、
RFX-32という新開発のボードを搭載しています。
 E-MU E4 Platinumには、大きな特徴が2つあります。
1つはRFX-32という32ビット処理のDSPプロセッサー・ボードの搭載。
このRFX.32は、従来の内蔵エフェクトとはけた違いにパワフルなもので、
32ビットのステレオ・マルチエフェクトが16台分(も内蔵されています。
その上、内部バス・アウトが14もあります。
内部のサンプルにはもちろん、インプットからの信号に対して、
サンプリングしなくても直接エフェクトをかけることが可能です。
さらに、このエフェクトもプラグイン形式を採用しており、
今後リリースされる多様なエフェクト・アルゴリズムを
簡単に追加することができるようになっています。
 そしてメーカーの言葉を借りれば、E-MU E4 Platinum
すべてを最初から備えている。
E4 Ultraではオプション扱いとなっていた64MBのRAM、
20GBのHDD、RFX-32と一緒に新登場した8イン/16アウトの
24ビットADATカード、24ビット/8バランス出力カード、
24ビット/4バランス入力カードなど、
ほとんどすべてのオプションが搭載済みだ。
あとはROMスロットにお好みの音色ROMを取り付けるくらいだろう。
新開発のRFX-32とこれらの充実したI/Oによって、
E-MU E4 Platinumはサンプラーとしてだけでなく、
ミキサー、エフェクターとして使うことも可能になったと言える。
 もう1つの変化は、E4 PlatinumのリリースとともにEOSが4.6になったことです。
マルチセットアップの保存/リコール、新しいサンプル・エディット・ツールなどの
追加機能や、他社サンプラーとのデータ互換性もさらに向上しています。
また、その他にも以下のような機能があります
・ENSONIQ ASR-10、ASR-X、EPSのサンプル/プリセットを
HDD、CD-ROM、フロッピーからロード可能
・RFX-32のマルチモード・スクリーンで、直接FXバスと
ミキサー・ルーティングのエディットが可能
・FXパラメーターに対してのMIDIコントロール
・BPMベースのFXでのPatchchordモジュレーション
・RFX-32用の新しい“Dance Production Set"プラグインの搭載
 [内容]Ultra Phaser、Ring Modulator、Muxster(BPMスライサー)、
 Quad Muxster(4バンドBPMスライサー)、vocoder
・オーディオ信号でサンプルをトリガーするTRIGGERモードの採用
 
本機の特徴を簡単に紹介したところで、E4Ultraシリーズの良さと
E-MUの意向を考えてみたいとおもいます。
コンピューター、ソフトウェア・サンプラーが安価で手軽に使えるようになった
E-MU E4 Platinumの価格は、正直言って安くはありません。
しかし、プロのミュージシャンでE4 Ultraシリーズを
愛用している人は本当に多ようです。
それはなぜかと問えば、答えぱ出音がE-MUの音だからの一言に尽きると思います。
操作性、スペックうんぬんを語り出すとE-MUをはじめ
ハードウェア・サンプラーには不利な点が多くなってくるかもしれませんが、
ここに音の好みが加味されれば、そんな悩みは吹っ飛んでしまう。
未だにMOOGのシンセの音は本物でなければ出せないという事実と同様に、
E-MUのサンプラーもそれでしか出せないキャラクターを持っていると思います。
E-MU E4 Platinumも例に漏れず、この音が欲しいから使うのだと思います。
 E-MUも自社のハードウェアに誇りを持ってい
E-MU E4 Platinumはこの操作性、そして出音にこだわったAD/DA、
使うべき人が使えば間違いなく素晴らしい音が出てくる。
E-MU E4 Platinumはまさにプロフェッショナルのためのサ
ンプラーであると言えると思います。



この記事がお役に立った方は上のバナーのクリックをお願いいたします

■■■E-MU E4 Platinumスペック■■■

■AD/DAコンバーター:20ビット、24ビット
■データ・エンコーディング:インプット:16ビット、
24ビット、アウトプット/20ビット、24ビット
■オーディオ入力端子:アナログ×6、デジタル:ADATXI(8ch)、AES/EBUXI
■オーディオ出力端子:アナログ×16、デジタル:ADATX2(16ch)、AES/EBUXI
■MIDI端子:MIDIINX2、OUTX2、THRUX2
■その他の接続端子:ワード・クロックBNCIN/OUT、SCSIX2、ASCIIキーボード
■周波数特性:20Hz~20kHz+-1dB
■最大同時発音数:128
■マルチティンバー数:32
■内蔵シーケンサー:48トラック
■外形寸法:435(W)×133(H)×336(D)mm
■重量:8kg(本体)


サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/









スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。