DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BOSS Dr.PAD DRP-1 ドクター・パッド

BOSS Dr.PAD DRP-1 ドクター・パッド

サウンドハウス




drp1.jpg
drp2.jpg

■■■BOSS Dr.PAD DRP-1機材情報■■■
BOSS Dr.PAD DRP-1はライブなどでドラムセットと一緒に
使うのを想定して開発されたようです。
基本的にはドラムスティックでの演奏を想定していますが
MPCやリズムマシンなどのパッドのように指や手での発音も可能です。
音源はPCM音源で内蔵音色は
「SNARE DRUM 1」
「SNARE DRUM 2」
「TAMBOURINE」
「HAND CLAP」
「CYMBAL」
「TIMPANI」の6音色
通常PCMのリズム音源といえば、パラメータの数値によりDECAYやPITCHを
調整する程度のエディットのみですが
このBOSS Dr.PAD DRP-1には、つまみによりアナログ感覚の
リアルタイムのエディットが行える特徴を持っています。
エディット出来るパラメータは、「SWEEP TIME」「SWEEP RANGE」
「DECAY」「PITCH」があります。
「SWEEP TIME」「SWEEP RANGE」はともに
音程をスイープするパラメータで設定次第で非常におもしろい
音色を作ることが出来ます。
例えば、「SNARE DRUM 1」はオーソドックスな
アコースティック系のスネアドラム音色ですが
「SWEEP TIME」「SWEEP RANGE」を調整することにより
エレクトリックスネアのような音色を作ることが出来ます。
また「CYMBAL」もチャイナ風のシンバルや
効果音に使えそうなメタリックパーカッションなどに
変貌させることが可能です。
また、これらのエディットパラメータはすべて「つまみ」で
変化させることが出来ますので、
アナログ機器を操作しているような感覚でデジタル音源を
操作できる点もこの機種の特徴です。
その他、「PITCH SENS」を設定することにより
パッドを叩く強さで、ピッチも変えることが出来ますので
PCM音源でありながら、パッドの叩く強さにより
音量だけではなく、かなりの音色変化をつけることが出来ます。
BOSS Dr.PAD DRP-1はデジタルパーカッションパッドというよりは
アナログパーカッションパッドの音源部をデジタル化した
というような印象の商品です。



この記事がお役に立った方は上のバナーのクリックをお願いいたします

■■■BOSS Dr.PAD DRP-1スペック■■■
●音色数:6
SNARE DRUM 1/SNARE DRUM 2/TAMBOURINE
HAND CLAP/CYMBAL/TINMPANI
●音色コントロール
SWEEP(TIME&RANGE)/DECAY/PITCH SENS/PITCH/SOUND
●コントロール
LEVEL/MIN SENS
●接続端子:9V DC IN/OUTPUT/TRIG IN/MIX IN
●電源:DC9V乾電池、ACアダプター


■■■収録サンプリングCD・DVD■■■

RHYTHM WORKS PLUS



RHYTHM WORKS









スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。