DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Roland Fantom G6/G7/G8

サウンドハウス



FANTOM G6を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

FANTOM G7を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

FANTOM G8を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

fantom_g6.jpg
Roland Fantom G6/G7/G8
オープンプライス
Fantom G6 予想価格238,000円
Fantom G7 予想価格278,000円
Fantom G8 予想価格328,000円
■■■Roland Fantom G6/G7/G8機材情報■■■
初代Fantom発売以来、魅力的な進化を続けてきたFantom シリーズ
 このFantom Gシリーズは、それまでのパッチとパフォーマンスによる
音色構成を変え、パッチはそのままで、パフォーマンスに変わり
ライブモードをソングモードが設置されました。
これは、従来のパフォーマンスより格段に使いやすくなっており
ユーザーの声が反映された結果ではないかと思います。
この中でも突出している機能は、パッチリメイン機能だと思います
これは、演奏中にライブセットを切り替えても、その音色を保持するもので
特にディケイの長い音色などが、音が切れることなく
次の音色を演奏することが出来ます。
また、実際に音色を切り替えてみると、ボタンを押すと今まで以上に瞬時に
早く音色が切り替わるのは、ライブパフォーマンスでは
大きな魅力だと思います。
 ワークステーション・キーボードでは、高機能なエフェクトを
していますが、複数の音色を同時にならす場合は制限がある場合があります。
従来は複数のパートでならすとエフェクト設定が向こうになることが
ほとんどでしたが、Roland Fantom Gでは
個々のパッチに設定されたエフェクトは、スタジオ/ライブ両モードでも
完全に保持されます。
 機能面でだけでなく、搭載波形容量が倍増されたのに伴い
プリセットサウンドも大幅に増強され、様々なパッチが新たに搭載されています。
特に、ピアノ、オルガンなどのキーボード系の音色が増強されています。
 また、新開発のエクスパンション・ボード、AXシリーズも搭載可能
Super Naturalテクノロジーにより、たいへんリアルな音色と表現力を持っています
 拡張性ではエクスパンション・ボードの他にはUSB端子も装備
パソコンと接続するだけで、オーディオデータを直接やりとりが出来ます。
さらに、専用のCSTi/AUプラグインとしても動作する
エディッター・ライブラリーソフトを、DAW上でプラグインすれば
Roland Fantom Gを超高性能な音源拡張ボードのように扱えます
 Roland Fantom Gはこれまでのシリーズ比べ格段に
ハード面でもスペックが上がっていますが、それを数値的は強化に
結びつけるのではなく、パフォーマンスや音楽制作ツールとしての強化に
振り向けている印象です。
音色数やトラック数などの増加はされていますが、それ以上に
シンセサイザーとして、楽器として進化していると思います。
 それでは、実際に操作をした感想です。
 まずはLIVEモード、LIVEモードへの変更は専用のボタンを押すだけで
内蔵8パート+エクスパンション2パート、さらに外部MIDI16パートを
自由にコントロール出来るモードになりいます。
状況に応じて、パッチを割り当てます。
Roland Fantom Gには膨大なパッチがありますが
カテゴリ分けされており、選択は簡単に目的に音色を捜すことが出来ます。
必要な音色をセットしたら、スプリットやレイヤーなどを
画面の図を使って設定します。
 プリセットのままでも十分ですが、パッチを微調整をして
好みの音色をするのもよいと思います。
例えば、ARXシリーズのSuper NATURALテクノロジーにより
本体の通常のアナログライクなエディットの他に
エレピなどは、ピックアップ、プリアンプ、トーンバーの設定など
従来のシンセサイザーにはなかった、モデリング技術による
音色エディットが可能です。
パッチエディットは専用のボタンが用意されており
そのボタンを押すだけで素早くエディットできるのも魅力です。
 Roland Fantom Gのライブセットは、ホイールや
ペダルなどのコントローラーの設定を保存しておき、ワンタッチで
呼び出すことが出来ます。ローランド独自のDビームコントロールも
パートを選んだら画面上のファンクションボタンでコントローラーを選び
画面上のグラフィックとサウンドの両方で確認しながら作業できます。
 次はRoland Fantom GのSTUDIOモードを紹介します
STUDIOモードは内蔵16パート、エクスパンション2パート、外部16パートを
ミキサー感覚でコントロールできます。
モードの変更は、専用ボタンを押すだけです。
パートの音色設定はマニュアルでも、もちろん可能ですがRoland Fantom Gには
プリセットのスタジオセットが優秀ですのでそれを使えば便利だと思います。
例えば、R&Bセットを選択すれば、ピアノ、ベース、ドラムなどの基本パッチの他に
シンセリードやブラス、ギターなどR&Bに最適なパッチが
即座にスタンバイされます。
それをもとに、自分用にパッチを差し替えれば効率のよい作業が行えると思います。
そのようにして音色が決定したら、ソングにフレーズを
レコーディングしていきます。
レコーディングも専用のSONGボタンで即座にはじめることが出来ます。
通常は、レコーディング前にテンポなどの各種設定を行いますが
このRoland Fantom GではRECボタンを押すと
メトロノームがなり、必要な設定をまとめたウィンドウがポップアップします。
非常に短い手順と時間でレコーディングが開始できます。
また、Roland Fantom Gは大型パッドを装備
ドラムパートのレコーディングは、このパッドを使っても行えます
レコーディングしたフレーズは、トラック毎にディスプレイに表示されます
大型の表示ですのでDAWソフトを使っているような感覚です。
ピアノロール画面や、イベント・リストなどでMIDIデータを一覧しながら
細かくエディットすることが出来ます。
さらに、Roland Fantom Gにはファンタム電源を供給できる
マイク/ライン入力も装備されていますので、オーディオ録音も可能です。
MIDI同様、オーディオもトラックを選んで録音するだけです。
便利な機能として、スキップバック・サンプリング機能があります。
これは、時間をさかのぼってプレイを取り込んでくれます。
Roland Fantom Gは音楽制作の機能を大幅に強化し
スタジオでの創作活動から、ステージでのライブ・パフォーマンスまで
高次元に実現した、プロフェッショナルにふさわしい
ライブ・ワークステーション・シンセサイザーです。


■■■Roland Fantom G6/G7/G8スペック■■■

■鍵盤
Roland Fantom G6/61鍵(ベロシティー対応、チャンネル・アフタータッチ付)
Roland Fantom G7/76鍵(ベロシティー対応、チャンネル・アフタータッチ付)
Roland Fantom G8/88鍵(ベロシティー対応、チャンネル・アフタータッチ付)
■最大同時発音数:128音(サンプリング部と共通)
■パート数:16パート(インターナル)+16パート(エクスターナル)+2パート(ARX)+24パート(オーディオ・トラック)
■波形メモリー:256Mバイト(16ビット・リニア換算時)
■ウェーブフォーム:2,230種類
■プリセット・メモリー:パッチ=1,664+256(GM2)、
リズム・セット=64+9(GM2)、ライブ・セット=512、
スタジオ・セット=128
■ユーザー・メモリー(1プロジェクトあたり):パッチ=512、
リズム・セット=64、ライブ・セット=512、スタジオ・セット=128
■エフェクト:パッチ・マルチエフェクト(PFX)=最大16系統76種類、
マルチエフェクト(MFX)=最大2系統 78種類、コーラス=1系統 3種類、
リバーブ=1系統 10種類、インプット・エフェクト=1系統 6種類、
マスタリング・エフェクト=1系統 3バンド・コンプレッサー
■サンプリング部:16ビット/44.1kHz
DIMM/(32Mバイト)モノ=約360秒/ステレオ約180秒、
DIMM最大拡張時(1Gバイト)モノ=約202分/ステレオ約101分
■シーケンサー部: MIDIトラック(Internal/External/ARX)=最大128、
オーディオ・トラック=最大24、テンポ・トラック=1、ビート・トラック=1
■接続端子:ヘッドホン・ジャック/ステレオ標準タイプ、
A(MIX)アウトプット・ジャック(L(MONO)、R)/TRS標準タイプ、Bアウトプット・ジャック(L、R)/標準タイプ、
インプット・ジャック(L/MONO、R)標準タイプ、
マイク/ギター・インプット(ファンタム電源対応)
(Hi-Z入力対応)ジャック/標準/XLRタイプ、
ホールド・ペダル・ジャック(ハーフ・ペダル対応)、
コントロール・ペダル・ジャック(アサイナブル)×2、
MIDIコネクター(IN、OUT、THRU)、
USBコンピューター(ファイル転送(マス・ストレージ・クラス)
およびAUDIO/MIDIに対応)、
USBマウス、デジタル・オーディオ・インターフェース
(COAXIAL INPUT/OUT)

FANTOM G6を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

FANTOM G7を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

FANTOM G8を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/

スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。