DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DAVE SMITH INSTRUMENTS Prophet '08

prophet08.jpg
DAVE SMITH INSTRUMENTS Prophet '08
オープンプライス予想価格280,000円前後

■■■DAVE SMITH INSTRUMENTS Prophet '08機材情報■■■

シーケンシャル・サーキッツ社時代に往年の名器Prophet-5
生み出したデイヴ・スミス氏
現在はデイヴ・スミス・インストゥルメンツ社を設立しEvolverなどの
シンセサイザーを開発してきました。
そして今、Prophetの名を冠したアナログ・シンセ、Prophet '08を発売しました
長い間、世界中のアーティストを魅了してきたProphetの後継モデルということで、
期待が高まるところです。
 Prophet '08の外見はサイド・パネルにウッドをあしらい
Prophet-5のデザインを引き継ぐもの
パネルの表示なども基本的には同じデザインで統一されていまが
ノブの数や機能は現代風にアレンジがなされており同じではありません。
やや小振りな自照式ボタンが採用されており変更されていますが、
全体の雰囲気はかなり似たものであり、ややスマートな印象ですが
Prophetの血統は引き継がれている印象を与えます。
Prophet '08のポリフォニック数は8音
これら8ボイスをレイヤーしたりスプリットしたりして
音色を作ることが出来ます。
音源はコントロールをデジタルで行うDCOを採用、VCOを採用するか
DCOを採用するかは、意見の分かれるところですが
出音から判断すると、最小限のコントロールのみをデジタル制御した
極めてVCOに近いではないかと思われます。
その他のサウンドが通過する部分は純粋に
ボルテージコントロール(VCF、VCA)となっていま。
アナログの良さを生かしつつ、デジタルの利便性を
うまく使い分けていると言えます。
さらに、ポリチェイン機能により、2台のProphet '08
MIDIケーブルで接続して16ボイスに拡張できることも可能となっています。
 Prophet '08のフィルターには、名器として有名な
Prophet-5にも使用されているカーティス社製のVCFチップを採用
2、4ポールの切り替えも可能になっていて、
サウンドのバリエーションが一層増えると思います。
 Prophet '08のシンセサイザイーの基本構成は
2オシレーター(DCO)-フィルター(VCF)-アンプ(VCO)という
アナログシンセの基本とも言えるシンプルな構成なので
現代のシンセサイザーを含め、少しでもシンセでエディットした方がある人は
オペレーションに苦労することはないだろうと思います。
実際に操作してみると、Prophet '08のパネルが
そのままブロック・ダイヤグラムになっているような印象で
さらにパラメーターを操作すると、そのパラメーターの名前と値が
LCD上に表示されますので、分かりやすいのはもちろん、
とてもスムーズなオペレーションが可能です。
 また、4トラック・シーケンサーやアルペジエーターを搭載しています
シーケンサーの入力はビンテージなスタイルを採用していますが
ピッチや音量、フィルターに関係するものなど自由自在な
パラメーターを割り当てることが可能となっています
 Prophet '08のサウンドは一言で言えば
暖かみのある、太いサウンド
エフェクトは搭載されていないにもかかわらず、艶があり抜群の存在感で
前に出るサウンドですが、倍音の出方が非常に心地良く、
全くうるささを感じさせません
ノーエフェクトの2つのオシレーターからこのような分厚いサウンドが
発せられるというのはさすがとしか言いようがありません
 オシレーターの波形は可変パルス幅を含む4種類
どれも生で聴いても存在感のあるサウンドだ。シンセ・ベースや
リード系の音色などはこの原波形のままでも十分使えるといった印象です。
同じオシレーターが2つ用意されているので、この波形の組み合わせだけでも
バリエーションのある音作りができます
そしてフィルターはカーティス社製の特徴である非常にキレ味がよく、
レゾナンスがゼロの状態でスイープさせても十分サウンドの表情変化を得られます。
また、2ポールに切り替えることで、ソフトで広がりのあるパッドなどを作れます。
 Prophet '08のレイヤー機能も強力で、
シングルでも十分存在感のある分厚いサウンドを
さらにゴージャスなものに変えてくれます。
レイヤーを使ったプリセットを聴くと、2系統のサウンドをミックスすることで、
普通のアナログ・シンセには出せないバリエーション豊かなサウンドを
作れるということに気付かされます。
伝統的なアナログ・サウンドに加え、現代風の新しいシンセサウンドが
作れるというところにも魅力が感じられます。
 Prophet '08の鍵盤に関しては、少しクリック感のある
しっかりしたタッチになっています。
速弾きのときもしっかり指をとらえてくれるので、
ストレスなく演奏できると思いいます。
 Prophet '08はパネル上にズラリと並んだ
パラメーターに直接アクセスできる、アナログ・シンセのオペレーションと
アナログ・シンセの重圧な音色を、共に十分に味わうことが出来る
素晴らしい、製品だと思います。

■■■DAVE SMITH INSTRUMENTS Prophet '08スペック■■■

■8ボイス・アナログシンセサイザー
■61鍵盤(セミウエイテッド鍵盤、ベロシティ及びアフタータッチに対応、スプリットモードでは2つのゾーンに分割可能)
■フル・プログラマブル 128プログラム×2バンクで合計256プログラム(MIDIダンプ可能)
■各プログラムは2つのレイヤーを持ちスタック(2重=4ボイス)かスプリット(2分割=各4ボイス)での演奏可能
■16ステップ×4トラック・アナログスタイルゲートシーケンサー(MIDI同期可能)
■20種類のソースで42種類のパラメーターを変調するバリエーション豊富なモジュレーション・ルーティン
■2台のPROPHET'08をポリチェインで接続して16ボイスに拡張可能
■アルペジエーター(MIDI同期可能)
■フルMIDI対応

1ボイスにつき:
■アナログ・オシレーター(デジタル制御)×2
■波形:ノコギリ波/三角波/ノコギリ+三角波/パルス波(パルスウイズ変調可能)
■ハードシンク
■オシレーター別に独立した2モードのグライド(ポルタメント)
■5つのモードから選択できるユニゾン
■ホワイトノイズ・ジェネレーター×1
■アナログ・ローパスフィルター(カーティスCEMと同等のチップを搭載)×1(
■ローパスフィルターは4/2ポール切替式、自己発振可能(4ポール時)
■アナログVCA×1
■エンベロープ(ADSR+Delay)×3
■エンベロープ3はループ可能
■LFO×4(MIDI/シーケンサーに同期可能)

■ 入出力:オーディオ出力 メインアウトステレオL/R、
アウトプットB(レイヤーB専用の出力端子)
ステレオL/R(各1/4インチフォーン・アンバランスド)、
ヘッドフォン、ペダル(TSR タイプか制御電圧 DC 0~5V)、
サステイン(モーメンタリータイプ、極性変換可)
■MIDI:IN/OUT/THRU/POLY CHAIN
■電源:100V AC 50/60Hz(専用ACアダプター付属)
■外形寸法:888(W)×308(D)×98(H)mm
■重量:約8.5kg

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/

スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。