DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YAMAHA RM1X

YAMAHA RM1x

サウンドハウス




YAMAHA-RM1X.jpg


YAMAHA RM1x
■■■RM1x機材情報■■■
RM1xは、高品位なAWM2音源と本格的なシーケンサー機能を核に
最新のパターンとサウンドを豊富に内蔵した、音楽をリミックスするための
シーケンサーです
グルーブ感やサウンドをリアルタイムに操作できる8本のアサイナブルノブを
はじめ、音楽の素材を感覚的に作成、編集、修正できる多くの機能を装備しており
リミックスやアレンジ、ダンスミュージックの制作、DJアイテムなど
幅広い用途でお使いいただけます

このジャンルの機種は、テクノ・ダンスやヒップホップ系の音色が主となりますが
このRM1xは、ベーシックな音色から、ジャズ、エスニック、SFXなどの
音色も豊富で、かなり広範囲なジャンルの曲を作ることができると思います
音質も他社製品にくらべて、中低域にしっかりと芯のある出音です
アナログパーカッション音色が独特で、
他社製品は往年のリズムマシンをサンプリングした音色ばかりですが
このRM1xはそれらの音色を網羅しつつ、独自にアナログシンセ等で
制作したと思われる音色が多くあり、リズム音色重視の方でも
納得できる製品だと思います
このクラスとしては、出力ノイズも低く抑えられていますので
サンプリングやDAWソフトなどに取り込んで、
積極的に音作りするときにも安心です
音色コントロールやパラメーラノブも12用意されており
そのうち8つはきりかえにより倍のパラメータを
リアルタイムでコントロールすることができますので
音色やエフェクトをコントロールして
ライブでパフォーマンスにも積極的に活用できます



この記事がお役に立った方は上のバナーのクリックをお願いいたします

■■■RM1xスペック■■■
●音源:AWM2音源
●同時発音数:32音
●パート数:16パート
●音色数:ノーマルボイス654音、ドラムボイス46キット(GMボイス除く)
●エフェクター:3系統搭載(リバーブ・コーラス・その他43バリエーション)
●デジタルローブースト
●シーケンサー部 最大記録発音数約110000音
●ディスプレイ:64*240ドットグラフィックLCD(バックライト付き)
●接続端子:アウトプットLR、PHONES、FOOT SWITCH、MIDI IN/OUT、DC IN
●外形寸法:420W*282W*98H
●重量:4.4kg

■■■Circuit Bent YAMAHA RM1x WAVファイル収録サンプリングCD・DVD■■■

RHYTHM WORKS PLUS



RHYTHM WORKS



エルジーアールレーベルホームページ

http://www.lgril.com/











スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lgril.blog59.fc2.com/tb.php/27-d4ba784b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。