DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEUMANN M49

サウンドハウス



M49.jpg


NEUMANN M49の復刻版TLM49を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

NEUMANN M49
■■■NEUMANN M49機材情報■■■

 NEUMANN M49は、以前紹介したU47の直後の
1951年に生産が開始され、同じM-7カプセルが使用されています
(1960年にダイアフラムの耐久性の向上ためK-49に変更)
このNEUMANN M49からU67などの名器に使用されている
真空管AC701Kの運用が始まりました。
当時、NEUMANN M49は主にレコーディングよりは放送用に
使用されることが多く、空調も現在ほど完備されていなかったため、
特に梅雨のときなどブツブツといったノイズが乗ることがたびたびありました。
そんな中、NEUMANN M49サウンドの虜になった
エンジニアが使い続けていました
 NEUMANN M49には増幅回路やコンデンサーが違う
“無印"“b"“c"などの種類があり、それに加えオリジナルではありませんが
トランジスター仕様のものまであります。
しかし、タイプが異なりながら、どれも後述する独特な
M49サウンドを表現できているのは見事だと思います。
参考までに、全く同じ形状でNEUMANN M50という無指向のみのマイクもあるようです
 M49の発売時の値段を現在の価格に換算すると300万円相当。
機能面で新しかったのは、従来はマイク本体にあった指向性切り替えスイッチが
アンプ部に装備されたこと、NEUMANNで初めて、そしてAKG C-12同様、
遠隔指向性切り替えを可能としました
 NEUMANN M49の基本的なサウンド・キャラクターを
簡単に言うと、低域がふっくらしていて中域にビリッとピークがある。
高域が控えめに感じられますが、それは豊かな低域に
耳が向いてしまうからだと思います。
トランジスター仕様のものは若干、おとなしいフラットな印象です。
 では、そんなNEUMANN M49を何に使用するかですが、
まずはキック、ドラム・サウンドはキックにM49が欠かせない存在という
エンジニアが数多くいます。
もちろんベタッとくっつけるわけではなくドラム全体の“下半身"を狙う感じです。
スピード感のあるアタッキーなサウンドではありませんが、
非常にふくよかで深みのあるドラムに仕上がります。
 次に好んで使用されるのはベースやギターのアンプ類。
先程のドラムに対してもそうでしたが、NEUMANN M49
ほかのNEUMANNの真空管マイクよりは若干、感度が低いので
こういった大音量の楽器に対しても扱いやすいと思います。
そして、こういったアンプ系に使用するとまた違った一面を聴かせてくれます。
MARSHALLやVOXなどの真空管アンプではプリ、パワー管のジリジリとした
感じをリアルに表現し、またROLAND JCシリーズなどの
ソリッド・アンプでは太さと温かさを加えてくれます。
なお、M49だけではガリッとし牙の部分が足りないと思った場合は、
タイ
スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。