DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AKAI XE8

XE8.jpg

■■■機材情報■■■
1988年に発売されたドラム音源モジュール
80年代独特の重みのある荒い音質で
当時の音を再現したい方や
個性的なドラム音が欲しい方に納得頂ける音源と思います。
このドラム音源モジュールの特徴は
音源は16bit PCM方式を採用しておりますが
出力段にアナログ回路(VCA)を搭載しており
それが、フルデジタルとはひと味違う音質になっていると思います。
■■■スペック■■■
16bitリニア 44KHz PCM音源
最大同時発音数: 8 音
ドラムキット数 : 1 (拡張カードにより最大3)
内蔵ドラム音数 : 16音(拡張カードにより最大48)
オーディオアウト数: 9(MIX OUT:1/INDIVIDUAL OUT:9)
MIDI OUT : 1
MIDI IN: 1
MIDI THRU: 1
音色追加用カードスロット:2

■■■収録サンプリングCD・DVD■■■

RHYTHM WORKS SPECIAL EDITION Ver2



RHYTHM WORKS Ver2



ホームページ

http://www.lgril.com/

スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lgril.blog59.fc2.com/tb.php/29-03fc796d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。