DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YAMAHA RX5

RX5.jpg

■■■機材情報■■■
12bitローファイサウンドが魅力、
現在音楽の中で良い意味でのローファイ感を付加すること出来ます
再びテクノでそのサウンドが注目されるようになりました。
発売当時、RXシリーズの最高機種として発売されましたので
ローファイサウンドとはいえ、部品等には高品位のものが使われているようです
音色もピッチ、6パラメータEG、レベル、ループといったエディットが可能。
12のボリュームスライダーによるボリュームコントロール。
ステレオ出力に加え、12の独立アウトを装備など
プロ仕様のスペックをもっています
また、ウェーブフォームデータカートリッジにより
音色を追加可能です。
■■■スペック■■■
●PCM12bit音源
●音色数:本体24音、付属カートリッジ28音
●リズム・パターン:100
●ソング:20(最大パート999)、ソングチェイン3
●分解能:1/96
●テンポ:40~250
●ディスプレイ:LCD(16文字×2行)LEDバックライト照明付き
●出力端子:ステレオ出力、独立12チャンネル出力、クリック出力、
ヘッドフォン出力
●接続端子:カセット/イン・アウト、データカートリッジ、
ウェーブフォームデータカートリッジ
●外形寸法:439(W)×340(D)×88(H)mm
●重量:3.8kg

■■■収録サンプリングCD・DVD■■■

RHYTHM WORKS SPECIAL EDITION Ver2



RHYTHM WORKS Ver2



ホームページ

http://www.lgril.com/

FC2 Management

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lgril.blog59.fc2.com/tb.php/31-4785e271
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。