DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Focusrite Mix Master

Focusrite Mix Master

サウンドハウス



mix_naster1.jpg

mix_naster2.jpg

Focusrite Mix Master
希望小売価格188,000円
■■■Focusrite Mix Master機材情報■■■

 Focusrite Mix MasterはFOCUSRITEの
Platinumシリーズのひとつ
24ビット/96kHz ADコンバーターを備え、マスタリングなど
2トラック・ソースに大してさまざまな調整の行えるエフェクターです。
 Focusrite Mix Masterはエキスパンダー、
マルチバンド・コンプレッサー(3バンド)、
マルチバンド・リミッター(3バンド)
3バンド・イコライザー、
ステレオ・イメージ・コントローラーを装備
マスタリングに的を絞ったアウトボードという印象です。
入出力系はアナログ入出力としてXLRとフォーン・ジャックを
各2ch装備、それとは別に、+4dBフォーン・ジャックの
ステレオ・ダイレクト入力も備え、
民生用、業務用を含め様々な機器に対応したいます。
さらにFocusrite Mix Masterには
量子化数(16 /24ビット)、サンプリング・レート(44.1/48/88.2/96kHz)の
AES/EBU(XLR)、S/P DIF(同軸)の2系統のデジタル出力を装備。
同時使用は不可で、ボタンで切り替えて使用します。
そのほかにワード・クロック・インプット(BNC)を装備しているので、
クロック・ジェネレーターまたは外部デジタル機器からの
クロック供給も可能になっています。
 前記のようにFocusrite Mix Masterには
コンプ、リミッター、イコライザー、ステレオコントローラーを
備えていますが、各部エフェクト・セクションは
それぞれバイパスできるのと、すべてのセクションを同時にバイパスできる
EFFECT BYPASS機能(リミッターはバイパスされない)も付いているため、
各プロセッシングON /OFFのサウンドを一斉に切り替えて
試聴することができます。
ディスプレイなどありませんが、エフェクトのコントロールには
クリック・タイプのボリュームを使用しているので、
プロセッシングのセッティングを正確に再現することができ、
ディスプレイ表示では分かりづらいプロセッシングの状況も
すべてツマミの位置で確認できるのは
かえって視覚的にも分かりやすいと思います。
余計なインターフェイスを持たず、内部回路に贅沢にコストをかけた印象です。
 それでは、Focusrite Mix Masterを実際に
使用してみたいと思います。
まずは前段に装備されているマルチバンド・リミッター機能、
このリミッターは固定されたスレッショルド値に設定されていますので
用途としては、プロセッシングする前段階でピークを抑え、
デジタルのクリッピングを防ぐのに効果的だと思います。
前段に位置していることからも、マキシマイズのためのリミッターではなく
過大入力を防ぐための物であるといえます。
次はエキスパンダー、スレッショルドとリリースの設定によって、
信号レベルの低いノイズをマスキングすることができます。
次に次に3バンド・コンプレッサーがあります。
LO/MID/HIでの調整が可能で、一般的なスレッショルド、レシオ、
リリースの設定のほかにLF/HFトリム(スレッショルド調整機能)、
LOCKスイッチ(3バンドのスレッショルドを固定させる機能)、
SLOWATTACK(アタックの調整)、
SLOPE(LF/HFの周波数クロスオーバー・ポイントの設定)、
MAKEUP GAIN(コンプレッション後のゲイン調整)など
通常のコンプレッサー機能の他に、マスタリングに必要な
機能が追加されており、たいへん多機能なコンプレッサーです。
あまりクセが無く、調整次第で様々な表情をつけることができます。
 Focusrite Mix MasterのEQは
EQは3バンドになっており、各バンド10dBのブースト/カットが可能
LFは40/70/120Hz、HFは10/14/20kHzと周波数を選択できるほか、
TILTという機能があり、これを使用することによって
全体的にブースト・カットすることができます。
MFは100Hz~10kHzの周波数帯になっているほか、
×10ボタンがあり、これを使うことにより周波数を
10倍の値に設定可能です。
またQコントロール機能もあるので、指定した周波数のバンド幅を
設定することができます。
またEQ、コンプともに、各ゲインが高過ぎるときに
LEDが点灯する仕組みになっています。
さらに、ステレオ・イメージ・コントローラー(WIDTH)を最終段に装備
テレオ・イメージ・コントローラーとは、ステレオの広がりの増減を、
位相のコントロールによって調整する機能
バランス・トリムも付いており、ステレオのバランスを
左右3dBの範囲で調整することが可能です。
また、これらのステレオ・イメージ・コントローラー機能や
2トラック素材の位相をピーク・メーターで確認できる
PHASE(位相)メーターも装備しています。
7セグメント表示のLEDによって最大180度までの位相を
表示できるので、便利だと思います。
 全体的な音質は高域、中域、低域
それぞれ分離が良く素直な感じです。
傾向としては中高域がちょっと前に出ているようなので、
全体的にクリアに聴こえる印象があります。
 Focusrite Mix Masterはこのように
マスタリングのための様々な機能を装備しています。
各セクションのパラメータもマスタリングに最適な
機能を備えていますので、かなり広範囲に使用できると思います。

■■■Focusrite Mix Masterスペック■■■

■周波数特性:5Hz~200kHz(+-2dB)
■ノイズ・レベル:-96dBu以下(全セクション入力)
 -86dBu以下(全セクション出力)
■全高調波歪率:0.006%以下(十4dBu)
■ヘッドルーム:22dB
■外形寸法:480(W)×88(H)×265(D)mm
■重量:5.2kg

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/







スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。