DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Neumann TLM 102

Neumann TLM 102

サウンドハウス



neumann_tlm102.jpg

neumann_tlm102b.jpg


Neumann TLM 102希望小売価格69,800円
■■■Neumann TLM 102機材情報■■■

 Neumann TLM102はおそらくNeumann製としては
初となるホームレコーディング、DTMのレコーディング用に開発された
コンデンサーマイクロフォンといえると思います。
デザインは一目でノイマン製品と分かる伝統の物ですが
大きさはNeumann TLM 49よりさらに一回り
小さく、直径52 mmで高さは116 mmと、
今までのNeumannのマイクの固定観念からかもしれませんが
驚くほど小さく、非常にコンパクトです。
 Neumann TLM 102指向性は単一指向性で、
最大音圧は144dBと高い値となっており
ドラムやギターアンプの収録にも安心して使用することができると思います。
周波数特性は20Hz~20kHz、周波数特性表を見ると
70Hzから20kHzまでなだらかに落ち込み、70Hzから5kHzまでは
驚くほどフラット、6kHzから上は意図的な立ち上がり特性を持っており
これはNeumann社が公表しているように、音圧のない楽器に対しても、
非常に高い立ち上がりで収録するためであると述べています。

このNeumann TLM 102には、Neumannおなじみの
ショックマウントが付属しておらず、マイクホルダーが標準で付属しています。
これはコストダウンだけが理由ではないようで、
カプセルがボディの部品から完全に分離している構造で、
外部からの振動の影響を受けにくい構造になっているため、
あえてマイクホルダーを採用したという自信の表れといえると思います。
また、Neumann TLM 102ではボーカル録りや
アナウンス録りに必要なポップスクリーンを内蔵していますので、
別途アクセサリーを用意することなく
付属のマイクホルダーにNeumann TLM 102
セッティングするだけで、収録可能な状態になるのは
時間の節約などいろいろな面でアドバンテージとなると思います。

 激戦区となる低価格帯コンデンサーマイクロフォン市場に
本格的に参戦したといっても過言ではない
Neumann TLM 102は確実に注目される存在であり
今後、各メーカーにどのような影響を与えるのか
興味深い製品であるといえます。

実際に使用してみた感想や音質などは、追ってレビューしたいと思います。



この記事がお役に立った方は上のBlog Rankingバナーのクリックをお願いいたします

■■■Neumann TLM 102スペック■■■

●指向性:単一指向性
●周波数レンジ:20 Hz~20 kHz
●最大音圧:144 dB(THD 0.5%)
●最大出力:13 dBu
●ファンタム電源:(P48, IEC 61938)48 V ± 4 V
●コネクター:XLR3F
●重量:約260 g
●サイズ:直径52 mm×高さ116 mm

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/























【コンデンサーマイク】

NEUMANN TLM102


詳細は画像をクリックして下さい。

楽天  イケベ楽器楽天ショップ



ザ・エントリー“ノイマン”登場!

NEUMANN ノイマン / TLM102


詳細は画像をクリックして下さい。

楽天  パワーレック鍵盤堂








スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。