DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DOEPFER A-120 24dB Low pass VCF1

DOEPFER A-120 24dB Low pass VCF1

サウンドハウス



doepfer_a120_1.jpg

doepfer_a120_2.jpg


DOEPFER A-120 24dB Low pass VCF1
希望小売価格18,900円
■■■DOEPFER A-120機材情報■■■

 DOEPFER A-120はシステム「A-100-BS」や
「A-100mini」にも搭載されている、A100シリーズでは
もっともスタンダードといえる
ボルテージ・コントロールド・フィルター(VCF)モジュールです。
搭載されているフィルター・タイプはローパス・フィルターで
カットオフから下の帯域を通過させるフィルター
MOOG型のトランジスター・ラダー型が採用され
24dB/octで切れ味は定評があります。

コントロールは、カットオフ・フリケンシー、CV2、CV3アッテネーター
オーディオレベル、レゾナンス・コントロールを用意
DOEPFER A-120のCV入力は
1V/octave タイプが3系統用意され、
多彩なコントロールが可能です。
CV入力にLFOモジュールをつないでWah効果をえたり
ASDRモジュールをつなぎフィルター・スィープを作り出すといった
ベーシックな使い方はもちろんですが
A100シリーズのモジュール、A-118 Noise/Randomモジュールなどと
組み合わせればFX効果音などを作り出すことが出来ます。
また、CVインにピッチCVを入力し、レゾナンスを上げて発振させれば
サイン波専用オシレータ(VCO)として使用することも可能となっています。

DOEPFER A-120は、A-100シリーズのスタンダードな
VCFとして採用されてきましたので、A-100シリーズのサウンドキャラクターを
象徴していると言っても過言ではありません。
切れ味の良い独特のサウンドは他では得られない存在ですので
まずは、必ずと断言していいほど
揃えておきたいモジュールといえると思います。



この記事がお役に立った方は上のバナーのクリックをお願いいたします

■■■DOEPFER A-120スペック■■■

●コントロール:カットオフ・フリケンシー、CV2、CV3、
 オーディオレベル、レゾナンス・コントロール
●入力端子:CV1、CV2、CV3、オーディオ・イン
●出力端子:オーディオアウト
●幅:8HP/40.3mm
●奥行き:65mm
●消費電力:30mA

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/











スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。