DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DOEPFER A-138a/A-138b Mixer

DOEPFER A-138a/A-138b Mixer

サウンドハウス



doepfer_a138_1.jpg

doepfer_a138_2.jpg


DOEPFER A-138a/A-138b Mixer
A-138a 希望小売価格9.450円
A-138b 希望小売価格9.450円
■■■DOEPFER A-138a/A-138b Mixer機材情報■■■

 DOEPFER A-138a/A-138b Mixerは4イン、1アウトの
チャンネルミキサーです。
ソースはCVアウト、オーディオ・アウトのどちらでも使用することが出来ます。
4イン、1アウトにはそれぞれアッテネーターによるレベル調整が行え
A-138aはCVのミックスに適したリニアタイプのボリュームカーブを持ち
A-138bはエキスポネンシャル(対数)カーブのため
オーディオ信号のミックスに適した特性を持ち
ユーザーの目的に合わせ選択できるようになっています。
フロントパネルにはA-138としか記述がなくaタイプかbタイプか
型番での記述はされておりませんが、
フロントパネル上部のlin/expの塗りつぶし表記にて
見分けることが出来ます

 DOEPFER A-138a/A-138b Mixer
A-100-BS/2やA-100miniにも搭載されているように
必須アイテムといっても過言ではありあせん
例えばVCOモジュールが2つある場合は
2つの信号をミックスする必要がありますので
A-138bが必要となると思います。
また、VCFをADSR、LFOさらにキーボードのアフタータッチで
コントロールしたい場合は、A-138a
それぞれの、CV出力をミックスしてVCFモジュールの
CVインプットに入力する事となります。

このような、オーディオ信号のミックス
VCFへのモジュレーションは頻繁に使うと思いますので
DOEPFER A-138a/A-138b Mixer
揃えておかなければならないモジュールだと思います。



この記事がお役に立った方は上のバナーのクリックをお願いいたします

■■■DOEPFER A-138a/A-138b Mixerスペック■■■

●コントロール:In1、In2、In3、In3、Out
●入力端子:インプット1、インプット2、インプット3、インプット4
●出力端子:アウトプット
●幅:8HP/40.3mm
●奥行き:35mm
●消費電力:10mA

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/










スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。