DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Roland OCTAPAD SPD-30

Roland OCTAPAD SPD-30


サウンドハウス



roland_spd30a.jpg


roland_spd30c.jpg

roland_spd30b.jpg


Roland OCTAPAD SPD-30
価格 未定
■■■Roland OCTAPAD SPD-30機材情報■■■

 Roland OCTAPAD SPD-30は従来PADという
型番で一斉を風にしたOCTAPADのなを受け継ぎ
SPDシリーズのモデルとして登場しました。
ドラム・パーカション・プレーヤーはもとより
シンセサイザー・キーボード、DJプレーヤー等にも
レコーディングや制作、パーフォーマンスのアイテムとして
考慮されている製品であるという印象です。

Roland OCTAPAD SPD-30は8つのパッドを装備しています。
一目見て分かるのですが、本機のパッドは新設計で。
従来のSPD-Sなどに比べでパッド間がしっかり別れており
ラバーも厚く打感もよい印象です。
パッド間がしっかり別れていることにより、パッド間のクロストークによる
誤発音も防止しするなど、楽器としての信頼性を大きく高めています。
また、パッドの感度も幅広いダイナミック・レンジを実現し
表現力豊かに演奏することができます。
本体右側には本格的なバック・ライト付きの大型LCDが装備され
3つのキーとつまみにより素早く目的の操作ができるようになっています。
また、パッド・ステータス・イルミネーションを装備し、
暗い場所でも各パッドの位置が確実に把握できるのは
ライブ・パフォーマンスでは魅力的な機能といえると思います。

Roland OCTAPAD SPD-30の内蔵サウンドは670音色
キット数は50キット用意され、ほとんどの場合は用意されたキッドを
選ぶだけで演奏を行うことが出来る
幅広いバリーエーションを持っているキットが用意されています。
また、一般的なドラム・スティックを使う演奏以外でも
例えば、ラテン・パーカションやカホンなど手で叩く
パッチは手のひらでの演奏にも対応していますので
パーカションプレーヤーも違和感なく演奏することが出来ます。
さらに、パッチによってはベースなどの
シンセサイザー音色も内蔵されパッドにより音階をつけて
演奏することが出来るようにもなっています
また、各音色はレイヤー機能により音を重ねたり
叩く強さで異なる音色を切替/フェード/クロスフェードさせることも出来ます。
さらに、チューニング、マフリング、ソフト・アタック、トーン・カラー、
ピッチ・スイープ、ボリューム、パン、リバースの
8つのインスト・パラメーターをによりシンセサイザー並の
音作りが行えるようになっています。

もちろん、Roland OCTAPAD SPD-30にはエフェクトも内蔵
アンビエンス(7タイプ)、イコライザー、リミッターなど
パーカション・サウンドに最適化された、マルチ・エフェクトが30種類用意され
Roland OCTAPAD SPD-30だけで
ドラム・パーカッション・トラックを完成させることが十分可能となっています。

そして、Roland OCTAPAD SPD-30の最大の魅力
ともいえるものが、フレーズ・ループ機能を搭載だと思います。
これは、実際に演奏したパーフォーマンスをレコーディングしループを
ドラム・パーカッションループを制作できるというもので
リアルタイムレコーディングで最大3パートの重ね録りが行え、
例えば、パート1でキット1の、基本的なドラムを演奏してループを作成
そのループに、さらに違うパート2にキット2のパーカション演奏を重ね
さらに、パート3にキット3のSE系のサウンドを重ねて、1つのドラムループを
作り上げる作業が、素早く簡単に行うことが出来ます。
レコーディング方式はリアルタイムレコーディングのみですが
Roland OCTAPAD SPD-30のループフレーズ機能で
作成されるデータはWAV等の音声データではありませんので
レコーディング後の修正は可能ですので問題はないと思います。
ループはパッドを叩くことにより、特定の音をミュートしたり
スタート、ストップをすることが出来ます。
さらに、このようにして作ったループをディスプレイ下のつまみにより
エフェクト・パラメーターをコントロールし、
リアルタイム音色変化のパフォーマンスを行うことが可能となっています。

接続端子関係ではRoland OCTAPAD SPD-30
本体に4系統のトリガー入力を装備し通常のトリガー入力による
発音の他にV-PadやV-Cymbalにも対応、
リム・ショットやシンバルの叩き分けなどが行えます。
また、ハイハット・コントロール・ペダル FD-8やV-Hi-Hat VH-11も対応。
KD-8とFD-8を追加すれば、OCTAPADを中心としたコンパクトな
ドラム・セットを構築することも出来るようになっています。
また、その他ではUSBメモリー用とUSB MIDI用の
2系統のUSB端子を装備
USBメモリーに作成したキットや各種設定の保存はもちろん
USBによるコンピューターとの接続にも対応。
OCTAPAD の演奏をDAWソフトウェアに
レコーディングする事も可能となっています。

このようにRoland OCTAPAD SPD-30
単なる音源内蔵パッドだけではなく、
ループ・プロダクションとしてもパワフルな機能を備えています。
今までドラムパーカッション・プレーヤーだけではなく
DJなどのパフォーマンスや、DTMでのドラム・トラック制作のアイテムなど
幅広い層に、アピールできる魅力を持った製品であるといえます。



この記事がお役に立った方は上のバナーのクリックをお願いいたします

■■■スペック■■■

●パッド:内蔵パッド=8
 ※ 外部パッド(別売)は最大4つまで接続できます。
●音色数:インスト=670
●キット数:50
●キット・チェイン:8チェイン(20ステップ/1チェイン)
●インスト・パラメーター:チューニング、マフリング、ソフト・アタック、
 トーン・カラー、ピッチ・スイープ、ボリューム、パン、リバース
●エフェクト・タイプ アンビエンス(7タイプ)、イコライザー、リミッター、
 マルチ・エフェクト(30タイプ)
●フレーズ・ループ:フレーズ=50、パート=3、テンポ=40~260、
 分解能=480クロック/4分音符、レコーディング方法=リアルタイム、
 最大記憶音数=約10,000音
●ディスプレイ:160×160ドット(バックライト付LCD)、
 パッド・ステータス・イルミネーション ×8(LED)
●接続端子:PHONES 端子(ステレオ標準タイプ)
 OUTPUT端子(L/MONO、R)(標準タイプ)
 MIX IN端子(ステレオ標準タイプ)
 EXTERNAL TRIGGER INPUT(外部トリガー入力)端子×4、
 HH CTRL(ハイハット・コントロール)端子、
 FOOT SW(フット・スイッチ)端子(TRS標準タイプ)、
 MIDI端子(IN、OUT)、USB MEMORY端子(USBメモリー用)、
 USB COMPUTER端子(USB MIDI用)
●出力インピーダンス:1.0kΩ
●電源:ACアダプター(DC9V)
●消費電流:600mA
●外形寸法:幅(W) 541 mm×奥行き(D)272 mm×高さ(H)88 mm
●質量:3.8 kg

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/









スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。