DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DOEPFER A-190-1 MIDI-to-CV/Gate/Sync Interface

DOEPFER A-190-1
MIDI-to-CV/Gate/Sync Interface

サウンドハウス



doepfer_a190_1a.jpg

doepfer_a190_1b.jpg

DOEPFER A-190-1
希望小売価格31,000円
■■■DOEPFER A-190-1機材情報■■■

 DOEPFER A-190-1はA-100システムの
ラック・ケース内部のCV/GATEをバスにアクセスできる
シングル/マルチ・トリガー、AUX CV出力を備えた
MIDI/CVコンバーター&シンク・インタフェイスです。

 DOEPFER A-190-1は2系統のDAコンバーターを備え
DAコンバーター1はCV1により主にVCOピッチ
DAコンバーター2はCV2により、その他のエンベロープ・ジェネレーターや
VCF、VCAの制御に用いられます。
また、DOEPFER A-190-1はMIDIクロックでコントロールできる
クロック出力を備えています。
このクロック出力により、CVタイプのシーケンサーや
ヴィンテージ・ドラムマシンとMIDI機器との
同期も可能となっています。
さらに、ポルタメントやピッチベンド、LFOを内蔵しています。

それでは、フロントパネルを見ていきたいと思います。
各種コントロールはパネル左上のGroupボタンで
ConfigとPerformanceをセレクト
Menuでエディットするアイテムを選びます。
パラメータの値を変える方法は2種類あり
INC/+とDEC/-ボタンでマニュアルで行う方法と
接続したMIDI機器からプログラムチェンジ情報などを送って
パラメータの値を決定する方法があります。
ディスプレイが搭載されていない分
このあたりのエディット方法は独特ですので
マニュアルは必見といえると思います。

 DOEPFER A-190-1の入出力関係は
MIDI端子がINとTHRU、アウトプットはクロック・アウト
リセット・アウト、CVアウト2系統とゲート・アウトが装備されています。

実際の使用方法ですが、このDOEPFER A-190-1
A100シリーズのラックにセッティングするとCV1とGateは
それぞれのシステムバスに接続されます。
つまり、同じシステムバス上ではVCOは自動的にCV1を受け
ADSRはGate信号を受けるようになっていますので
ほとんどの場合は、MIDIケーブルをつなぎラックにセッティングすれば
基本的な発音は問題なく行えるようになっています。
CV2は、設定によりベロシティ、プログラムチェンジ、コントローラー
ピッチ・ベンド、アフタータッチなどをソースにして
信号を送ることが出来ますので
ベロシティでVCFカットオフやVCAを制御することが可能となっています。

このようにDOEPFER A-190-1
各種パラメータの設定が難解と言えば難解ですが
慣れれば苦になることはないと思います。
ベーシック・システムA-100-BS/2やA-100miniにも搭載されている
MIDI環境でを使用するためには欠かせないモジュールであるといえます。



この記事がお役に立った方は上のバナーのクリックをお願いいたします

■■■DOEPFER A-190-1スペック■■■

●MIDI端子:IN/THRU
●出力端子:クロック、リセット、ゲート、CV1、CV2
●幅:10HP/50.5mm
●奥行き:95mm
●消費電力:10mA(本機は5V電源が必要です)

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/










スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。