DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DOEPFER A-116 Voltage Controlled Waveform Processor

DOEPFER A-116 Voltage Controlled Waveform Processor

サウンドハウス



doepfer_a116a.jpg

doepfer_a116b.jpg


DOEPFER A-116 Voltage Controlled Waveform Processor
価格12,600円前後
■■■DOEPFER A-116 Voltage Controlled Waveform Processor機材情報■■■

DOEPFER A-116は豊富なラインナップを誇る
パッチ式アナログ・モジュラーシステムA-100シリーズのひとつ
ベーシック・システムA-100-BS/2に搭載されている
入力波形をダイナミックに変化させ、
音色のバリエーションを豊かにすることの出来るモジュールです。

 DOEPFER A-116は入力信号に対して
信号を増幅しその波形をつぶすクリッピング回路と
位相を徐々に反転させるシンメトリー回路の
2つの波形プロセッサーを持っています。
DOEPFER A-116では入力された入力信号は
クリッピング回路とシンメトリー回路
それぞれ並列に処理され、ミックスされて出力されます。
これらのプロセッサーはそれぞれ、プロセルレベルと
CVによるコントロールレベルの設定が可能で
より多くのバリエーション波形を出力できるようになっています。

基本的にDOEPFER A-116にはA-110等のVCOからの
波形を入力し変化させ出力させるのが
一般的な使用方法だと思います。
また、A-140等のエンベロープ・ジェネレーターからの
CVを入力することにより。それぞれの回路のプロセスレベルを
ADSRの時間軸によって変化させることも出来ますので
その、波形バリエーションや変化は予測不能なほど強力です。
さらに、A-114等のリングモジュレーターと組み合わせることにより
通常のアナログ・シンセサイザーとは思えないような
複雑な波形を作り出すことが可能となります。

DOEPFER A-116は従来の矩形波、ノコギリ波などの波形や
PWM、FMなど変調では得られない音色を作り出すことが出来ますので
基本的なアナログシステムの強力な音色バリエーションとして
お勧めのモジュールであるといえます。




この記事がお役に立った方は上のバナーのクリックをお願いいたします

■■■DOEPFER A-116 Voltage Controlled Waveform Processorスペック■■■

●コントロール:インプット・レベル、クリッピング・レベル、
        クリッピングCVアッテネーター、シンメトリーCVアッテネーター
        シンメトリーコントロール
●入力端子:オーディオ・インプット、クリッピングCVインプット
      シンメトリーCVインプット
●出力端子:オーディオ・アウト
●幅:8HP/40.3mm
●奥行き:40mm
●消費電力:20mA

DOEPFER DARK ENERGYを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

DOEPFER DARK ENERGYを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる


サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/









スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。