DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KORG Polysix

poly6.jpg

■■■機材情報■■■
1981年、32パッチメモリー可能なアナログポリシンセとして発売
同時機の競合機種、Juno6がメモリー機能を搭載しておりませんでしたので
画期的なポリシンセとして登場しました、
後期にはMIDI対応モデルも発売されました
写真は、 KORG 純正 MIDI付きモデルです
Polysixは、非常に暖かみのあるアナログオシレーターを搭載しており
特に、ストリングス音色には定評があり、国産 Prophet5などと
呼ばれておりました。
また、6ボイスユニゾンモードを使用した、リード/ベース音色も
定評がありました。
1VCO+サブオシレーター/1VCF/1VCA/1EG/1LFOの
基本的なアナログシンセの構成ですが
ユニゾンモード・アナログ3相コーラス・32パッチメモリー・MIDI対応
アルペジエイター・コードメモリーなど、十分な機能を備えております。

■■■スペック■■■
●キーボード 61鍵
●同時発音数6音
●1VCO(SAW/PW/PWM)+1サブオシレーター
●1VCF(ローパスフィルター)
●1VCA
●1EG(ADSR)
●1LFO
●エフェクト(CHORUS/PHASER/ENSEMBLE)
●32パッチメモリー
●ARPEGGIO/ARPEGGIATOR
●コードメモリ-
●重量 11.5Kg
●寸法 980(W)*373(D)*132(H)mm

LGR INDEPENDENT LABEL
http://www.lgril.com/
スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lgril.blog59.fc2.com/tb.php/52-c31f5901
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。