DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DOEPFER A-146 Low Frequency Oscillator 2/LFO2

DOEPFER A-146
Low Frequency Oscillator 2/LFO2
サウンドハウス



DOEPFER A-146 Low Frequency Oscillator 2/LFO2

価格12,600円
■■■DOEPFER A-146 Low Frequency Oscillator 2/LFO2機材情報■■■

DOEPFER A-146 LFO2はアナログ・モジュラーシステム
A-100シリーズのひとつ、A-100-BS/2にも搭載されているLFOモジュールです。
同様のLFOモジュールとしてA-145がありますが
A-145がベーシックなLFOモジュールという位置づけに対して
このDOEPFER A-146 LFO2はA-145にはない
機能を装備して、より凝った音作りのために用意されているという印象です。

 DOEPFER A-146 LFO2
ロー・フリケンシー・オシレーター(LFO)で
A-145同様周波数の3段階切り替えスイッチのより
0.1Hz~5KHzの広い周波数レンジを持っています。
A-145では5つの波形ソースをもち
それらを個別にアウトプットし変調をかける仕組みでしたが
DOEPFER A-146 LFO2では
波形を連続可変し出力することが出来るようになっています。

具体的には、上昇ノコギリ波~三角波~下降ノコギリ波と
連続可変する波形と、オフセットの違う可変するパルス幅を
もつ矩形波を2種類、合計で3系統の出力を備えています。
それぞれの出力は個別に可変幅を調整することは出来ず
すべて連動した可変幅で出力する回路設計となっています。

 DOEPFER A-146 LFO2の使用方法としては
基本的にはA-145と同じくVCOの周波数変調やパルスワイズ・モジュレーション
VCFのカットオフ・モジュレーション、VCAのアンプ・モジュレーション
など様々なモジュレーション用の出力として使用することが可能ですが
DOEPFER A-146 LFO2の場合は波形を
連続可変出来る特性を生かし
アンプ・モジュレーションの際には、リアルタイムにトレモロの
波形を変更したり、カットオフ・モジュレーションのスピードを遅くして
波形のエッジ部分でつまみの位置を変えることにより
A-145ではえられない独特のモジュレーションを得ることが可能です。

リセット・イン入力やサイン波を出力できないなど
ファーストLFOとしてはA-145をおすすめやはりモジュラーシステムの長所を生かし
ほかのシンセサイザーでは出せないようなサウンドを
出す意味において、DOEPFER A-146 LFO2
揃えておきたいモジュールであると言えます。



この記事がお役に立った方は上のバナーのクリックをお願いいたします

■■■DOEPFER A-146 Low Frequency Oscillator 2/LFO2スペック■■■

●コントロール:フリケンシー、ウェーブフォーム、周波数レンジ
●出力端子:ノーマル矩形波(パルス波)、ポジティブ矩形波(パルス波)
      鋸状波(SAW)/三角波
●幅:8HP/40.3mm
●奥行き:45mm
●消費電力:20mA

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/










スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。