DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DOEPFER A-160 Clock/Trigger Divider

DOEPFER A-160
Clock/Trigger Divider

サウンドハウス



doepfer_a160a.jpg
doepfer_a160b.jpg


DOEPFER A-160 Clock/Trigger Divider
価格11,550円
■■■DOEPFER A-160 Clock/Trigger Divider機材情報■■■

DOEPFER A-160 Clock/Trigger Divider

DOEPFER A-160はアナログ・モジュラーシステム
A-100シリーズのひとつ、A-100-BS/2にも搭載されている
クロック分割器です。

クロック分割器というと一般的には耳慣れないモジュールですが
入力したクロックの周波数を1/2、1/4、1/8、1/16、1/32、1/64に
分割してそれぞれ専用の端子で出力できるモジュールです。

DOEPFER A-160
A-161モジュールと組み合わせて、
トリガー・シーケンサーとして使用するのが一般的な使用方法だと思います。
また、A-150とA-131との組み合わせにより
DOEPFER A-160のクロック出力に同期した
オートパン効果を作り出すなど、エフェクト効果を作り出すことも得意です。
さらに、レベルのコントロールは出来ませんが
サブオシレーターとして使用することも可能です。

トリガー・インプットの下にはリセット・インプット(Res In)入力端子が
装備され、信号を入力することにより、そのタイミングで開始位置を
常に波形の先頭(ゼロ・ポイント)にすることが出来るようになっています。

DOEPFER A-160は どちらか言うと
脇役的な存在のモジュールですが、
同期のタイミング調整やクロック分割、ゲート同期の出力モジュールとして
時間軸による同期や効果を必要とする様々な場面で
活躍するモジュールであると思います。



この記事がお役に立った方は上のバナーのクリックをお願いいたします

■■■DOEPFER A-160 Clock/Trigger Dividerスペック■■■

●入力端子:トリガー・インプット、リセット・インプット
●出力端子:1/2アウト、1/4アウト、1/8アウト、1/16アウト、
      1/32アウト、1/64アウト
●幅:4HP/20.0mm
●奥行き:40mm
●消費電力:40mA

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/







スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。