DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DOEPFER A-161 Clock/Trigger Sequencer

DOEPFER A-161
Clock/Trigger Sequencer
サウンドハウス



DOEPFER A-161 Clock/Trigger Sequencer
価格11,550円前後
■■■DOEPFER A-161 Clock/Trigger Sequencer機材情報■■■

DOEPFER A-161はアナログ・モジュラーシステム
A-100シリーズのひとつ、A-100-BS/2にも搭載されている
A-160と同時使用が前提のトリガー・シーケンサーです。

DOEPFER A-161はA-160と
組み合わせて使用するように設計されています。
A-160からのクロック信号(内部接続のみ)によって、
1から8までの出力より順番に信号が出されます。
また、A-160のリセット入力の信号により
DOEPFER A-161もステップ1へ
即座に戻り反映されるようになっています。
さらに、各モジュールでA-160の右側に
DOEPFER A-161をセッティングすることにより
内部接続できるように設計しています。
(セッティングには、定められた条件や接続方法があります)

一般的には、トリガーシーケンサーですので
音程はCV 信号で制御しなければなりません
例をあげると、キーボードやMIDI-CVインターフェイスからの
CV信号はVCOに送り音程を指定
ゲート信号をLFO経由でA-160そしてDOEPFER A-161
接続します。CVが発生したタイミングでステップを開始したい場合は
Gate信号をA-165経由でリセット端子に接続します。
そしてDOEPFER A-161より、目的のステップ信号を
それぞれ個別に出力し、ADSR経由でA138でミックスし VCAに送れば
リズミカルなシーケンスを演奏することが出来ます。

8ステップの、アナログならではのリズミカルなシーケンスや
SEやFX系の効果音を作る際など、様々な場面で
活躍するモジュールであると思います。




この記事がお役に立った方は上のバナーのクリックをお願いいたします

■■■DOEPFER A-161 Clock/Trigger Sequencerスペック■■■

●出力端子:ステップアウト×8
●表示;LEDランプ(各ステップごと8つ)
●幅:4HP/20.0mm
●奥行き:40mm
●消費電力:20mA

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/







スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。