DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UNIVERSAL AUDIO LA-610 mkII

サウンドハウス



universal-audio-la-610-mk2-1.jpg

universal-audio-la-610-mk2-2.jpg


UNIVERSAL AUDIO LA-610 MKIIを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

UNIVERSAL AUDIO LA-610 mkII
Classic Tube Recording Channel
オープンプライス予想価格178,000円前後
■■■UNIVERSAL AUDIO LA-610 mkII機材情報■■■

UNIVERSAL AUDIO LA-610 mkIIは数々の素晴らしい
レコーディング機器を世に送り出してきたUNIVERSAL AUDIO の
マイクプリアンプ、EQ、コンプレッサーからなるチャンネルストリップ!
真空管コンソール610プリアンプ/EQをベースに、現代に蘇らせた
オールチューブによるマイクプリアンプ&EQ部と
こちらも歴史的銘機 LA-2Aを再現したオプティカル・コンプレッサーを
搭載しています。

前機種LA-610からの主な改良点は、出力レベルの増加
EQの安定性の向上、GAINの整合性の向上、交換不要のLED ジュエルライト搭載、
コンプレッサー回路のトゥルーバイパス可能、
メーターの大型化とLEDライトによる視認性の向上となっています。
この他にもLA-610 Signature Editionで採用されていた
米CINEMAG製のカスタム入出力トランスをこのLA-610 mkIIでも
搭載し、よりハイファイな音質を実現しています。
現場の声をとりいれた、着実な改良と言えると思います。

それでは、LA-610 mkII詳しく見ていきたいと思います。

まずはマイクプリアンプ部
入力は3系統用意されており、XLRのマイク入力が1系統
同じくXLRのライン入力が1系統、フォーンのHi-Z入力が1系統用意されています。
マイク入力とHi-Z入力は、インピーダンスの選択が出来るようになっており
それぞれ、マイク入力が500Ωと2kΩ、Hi-Z入力が2.2MΩ/47kΩの
切り換えが出来るようになっています。
もちろん、マイク入力はファンタム電源対応、
シールドの位相を切り替えるスイッチや、15dBのパッドも装備しています。

その隣に位置するEQ部は2バンドの周波数3段階切り換え式
周波数ポイントはHIGHが10KHz、7KHz、4.5KHz
LOWが200Hz、100Hz、70Hzとなっています。
使ってみた感想では、どちらかといえば補正というよりも
大胆に音作りが出来るという印象、積極的に使用したいところです。

そして、本体の右側にセクションに位置しているのが
T4オプティカル・コンプレッサー部です。
UNIVERSAL AUDIO LA-610 mkIIのコンプレッサーは
同社のLA-2Aをベースに設計がされたオプティカル・コンプレッサーです。
オプティカル・コンプレッサーとはコンプレッション動作の回路部分に
フォトセルと呼ばれる光変換素子を用います。
大きさを光の強弱に一度変換し、それをフォトセルで受けて
アンプでゲインを操作しコンプレッションします。
一般的なコンプレッサーより反応速度が遅いといわれていますが
それが逆に特徴となり、音作りのツールとして多くのファンがいます。
LA-610 mkIIに搭載されているオプティカル・コンプレッサーは
シンプルな構成で、MODEつまみで、バイパスゲイン、コンプレッサー、リミッター
の動作を選択し、後はコンプレッションの量をコントロールする
【ピーク・リダクション】と最終的な出力レベルをコントロールする【ゲイン】の
2つのつまみでコントロールするようになっています。
RAITOは固定で、コンプレッサーモードでは3:1
リミッターモードでは∞:1、アタックは10ms固定
リリースも60ms固定の使用となっています。
コンプレッサーの仕様だけを見れば、細かいセッティングが出来ず
融通の利かないように思われるかもしれませんが
LA-2Aがそうだったように、実際に使用してそのサウンドを聴けば
細かいセッティングは必要ないと納得できると思います。

実際に使用してみた感想ですが
ますは、マイクプリアンプの音質
通常のセッティングでは、自然でクセがなくなおかつ高級感のあるサウンドです。
さらに、ゲインつまみとレベルつまみを上げていけば
真空管ならではの歪みが加わります。
バリバリの歪み系というよりは、昔のアメリカンロックのような懐かしい
上品で深みのあるドライブ感を得ることが出来ます。
シンプルは構成ですが、このゲインとレベルつまみの調整で
ナチュラルなサウンドから、ファットなサウンドまで
大変幅広いキャラクターを持っている印象でした。
真空管回路による分厚いサウンドキャラクターも
合わせ持っていますので、ボーカルはもとより
Hi-Z入力によるベースの録音にもおすすめのサウンドだと思います。

コンプレッサーは、総じていえばナチュラルで力強いサウンド
LA-2Aと同じサウンドというわけではありませんが、
真空管とオプティカル・コンプレッサーならではのサウンドは
十分にのっていると思います。
中域も密度が濃く、押し出されてくるようなサウンドですので
ボーカルで使用すると素晴らしい効果があります。
また、真空管によるコシのあるサウンドを生かして
ベースやバスドムにも最適だと思います。
LA-2Aがそうだったように、このLA-610 mkII
精密なレベル調整には適しませんが
さまざまなソースに幅広く色づけをし、粘りのある
素晴らしいサウンドにしてくれる印象です。
とりあえず、色々なソースを通してみて試して頂きたいと思います。

UNIVERSAL AUDIO LA-610 mkII
現代風のハイクォリティーなアナログサウンドという印象
比較的シンプルな操作方法ですが
マイクプリアンプとEQ、そしてコンプレッサーのセッティングで
サウンドキャラクターが幅広く変化します。
この機器のポテンシャルを出すにはそれなりの熟練が必要な印象ですが
使いこなせれば、真空管ならではの特徴をもったサウンドを
自然に得ることが出来る素晴らしい機材だと思います。




この記事がお役に立った方は上のバナーのクリックをお願いいたします

■■■UNIVERSAL AUDIO LA-610 mkIIスペック■■■

●タイプ:チューブマイクプリアンプ/EQ
●入力端子:XLR×2(MIC IN、LINE IN)、フォン×1(Hi-Z)
●出力端子:XLR×1(LINE OUT)
●周波数特性:20 Hz to 20 kHz +/- 0.5dB
●消費電力:30W
●寸法:48.3W x 8.9H x 31.1Dcm 、2U
●電源:100/120/240V 50/60Hz
●重量:5.4kg

610 TUBE PREAMP
●イコライザー部:HIGH(±9dB、4.5k/7k/10kから選択)、LOW(±9dB、70/100,/200Hzから選択)
●マイクインプットインピーダンス選択可能:500Ω or 2kΩ
●ラインインプットインピーダンス:20kΩ
●Hi-Zインピーダンス選択可能:2.2MΩ or 47kΩ
●ファンタム48V対応
●PHASEスイッチ:0℃/180℃
●-15dBパッドスイッチ:ON/OFF切替

T4 OPTICAL COMPRESSOR
●コンプレッサーRATIO:3:1、ソフトニー
●リミッターRATIO:∞: 1、ソフトニー
●アタックタイム:10ms
●リリースタイム:60ms
●PREAMP/GR/COMPから選択可能なVUメーター表示
●BYP/COMP/LIMITからMODE選択可能
●最大出力: 40 dB (Line), +77dB (Mic)
●使用真空管:(3) 12AX7, (1) 12AT7, (1) EL84

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/



UNIVERSAL AUDIO LA-610 MKIIを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる
UNIVERSAL AUDIO LA-610 MKIIを国内最低価格保証のサウンドハウスでみる










スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。