DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Roland Super JX(JX10)

jx10.jpg

■■■機材情報■■■
1986年最高のアナログシンセを目指し登場したローランド JX10
圧倒的な24DCO12ボイス(デュアル/スプリットモード対応)
ローランド初の76鍵ベロシティー/アフタータッチ・キーボード
1ボイスにつき、2DCO、VCF(ローパス/ハイパス)、VCAおよび
2ADSRジェネレーター
100トーン/64パッチメモリーなど
ローランドアナログシンセ最強のスペックを誇ります。

JX10はデュアル/スプリットモードにより
個別にMIDIチャンネルをわりあて、
独立した、6ボイス(12DCO)シンセ2台分として使用することができます。
アウトも個別に出力することができますので
完全にアナログシンセ2台分として使用できます

■■■スペック■■■
●キーボード 76鍵(ベロシティー&アフタータッチ)
●同時発音数12音(24DCO)1ボイスあたり2DCO
●VCF(ローパス&ハイパスフィルター)
●VCA(2ADSR)
●LFO
●エフェクト(コーラス)
●50プリセット50ユーザートーンメモリー
●プログラムパッチメモリー64
●1トラック400ノートリアルタイムシーケンサー(要メモリカートリッジ)

●消費電力 28W
●重量 14Kg
●寸法 1186(W)*375(D)*101(H)mm

LGR LABEL
http://www.lgril.com/

スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lgril.blog59.fc2.com/tb.php/64-a7493a0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。