DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAWAI R50

r50.jpg

■■■機材情報■■■
12Bit32kHzサンプリングによる初期PCMドラムマシン
ローファイで荒めなサウンドながら
同時代の12bitドラムマシンに比べると
全体的にクセのないサウンドで扱いやすい音質だと思います。
しかし、そこはやはり12bit
ハイハット、シンバル、アゴゴなどの金モノ系は
特有のざらつきがあり、独特のキャラクターを持っています。
また、ショートディレイ、ゲート、フランジャーの
3種類のエフェクターが内蔵されていて、
それを各音ごとに独立してかけることが可能です。

■■■スペック■■■
●音源:12 bits/32 kHzサンプル24音
●メモリー:100パターン(50プリセット&50プログラム)、100ソング
●MIDI対応
●エフェクト:Flanger Delay Gateエフェクター搭載
●出力端子:ステレオアウトLR、独立アウト1系統

■■■収録サンプリングCD・DVD■■■

RHYTHM WORKS SPECIAL EDITION Ver2



RHYTHM WORKS Ver2



ホームページ

http://www.lgril.com/

スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lgril.blog59.fc2.com/tb.php/69-7f06a062
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。