DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YAMAHA RM50

RM50.jpg


YAMAHA RM50
■■■機材情報■■■
RM50は16bit48kHzAWM2音源を採用!!
本体に、プリセットボイス500種類、バリエーションボイス500種類
エディットボイス128種類を用意
アコースティックからSFXまで、幅広いジャンルに使用可能です
また、繰り返し行うキー操作をマクロとして登録することが出来ますので
豊富なパラメーターを駆使して、シンセサイザー並みの
音色エディットが可能です
RM50はトリガー入力も6つ備えていますのでドラムパットの
音源としても使用可能、1Uラックマウントタイプですので
他の機器とのセットアップに場所を取りません
また、RM50は RY30用、SY・TG77/55用のウェーブカードも
使用可能ですので、多数のドラムサウンドをスタンバイできます。

■■■スペック■■■
◆音源方式:AWM2(16bit/48kHz)
◆最大同時発音数:16 
◆キット:本体64プリセット、64ユーザー
◆ボイス:500プリセット、500バリエーション、128ユーザー
◆ウェーブ:133プリセット
◆接続端子:トリガーインプット6、独立アウト6、ステレオアウト1
◆MIDI:IN/OUT/THRU、ヘッドホン端子
◆カードスロット:データカードスロット1、ウェーブカードスロット3
◆ディスプレイ:LCD(バックライト付き)
◆外形寸法:480×44×346.7 mm
◆重量:5kg

サンプリングCD・映像素材集 LGRLABEL
http://www.lgril.com/
スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lgril.blog59.fc2.com/tb.php/74-afbd3421
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。