DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YAMAHA TMX

TMX.jpg

■■■機材情報■■■
本来は、ドラムトリガーモジュールとして
ドラムパットや、生ドラムのトリガーで演奏するために
発売された商品ですが、MIDIドラム音源モジュールとしても
かなりの実力を持ています

全体の音色傾向は、同社RY・RM・DTXシリーズとはことなり
骨太で、芯のあるサウンド傾向です

バスドラは、アナログ音源並の重低音を含み、
90年代後半の音色傾向ですが、
サンプリングレート48KHz、16bitAWM2音源は
今でも不足なく使えると思います
パッチは、バスドラ、スネア、ハイハット、シンバル、タムなどの
基本的なドラム音を中心に用意されており
おどかし系が多い最近のドラム音源とは異なり
使いやすいパッチが多く用意されています
もちろん、パーカションやエフェクト系の音色も
豊富に用意されています

また、モディファイ機能により1パッチでもかなり音色が変化するのも特徴です
一般的な、音量やフィルターの変化ではなく
サンプルをレイヤーしてヴェロシティにより切り替えている
と思われ、多数のパッチがこれによりプログラムされています。
これにより、内蔵波形は245音色ですが、
モディファイ機能により1435音のバリエーションを誇ります

トリガーインプットを使い本来のドラムトリガーモジュールとして
使うのはもちろん、MIDIドラム音源モジュールとして
さまざまに、活用できると思います

■■■スペック■■■
音源方式:16bit48KHz AWM2音源
同時発音数:16音
内蔵音色:245音(バリエーション1435音)
ディスプレイ:バックライト付きLCD
パフォーマンス:32
トリガーインプット:12
MIDI端子:IN/OUT
出力端子:4(2Main、2AUX)
フットスイッチ端子:1
外形寸法:480-44-261mm
重量:3.7kg

サンプリングCD・映像素材集販売LGR LABEL
http://www.lgril.com/

スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lgril.blog59.fc2.com/tb.php/75-e6966aaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。