DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ART PRO CHANNEL

pro_cha_a.jpg

pro_cha_b.jpg

ART PRO CHANNEL
■■■機材情報■■■
ART PRO CHANNELチューブ・プリアンプ/コンプ
4バンド・チューブパラメトリックEQを搭載
それぞれ独立したモノラル・モデルです。
マイクプリにはローカット・フィルターがあり
コンプは、チューブとオブティカル方式を切り替えて使用可能
レンジが広く中低域が前に出ていて厚みがあり、
ブリティッシュビンテージサウンドを意識したような音質
チューブのドライブ感あまりクセが無くナチュラルに感じられます。
プリアンプ/コンプ/EQそれぞれが単体エフェクターと
同じくらいのパラメータを備え、
また、音質をかなり変化させることができますので
操作が難しい反面、マイクプリとしてではなく
エフェクターとしても使用できますので
守備範囲のひろい機材といえます。

■■■ART PRO CHANNELスペック■■■
●入力インピーダンス:1.67kΩ、1MΩ
●出力インピーダンス:600Ω、300Ω
●コンプレッサー:レシオ(2:1-10:1)、アタック(Fast:2msec/optical
0.5msecvari_mu、Slow:(15msec)、リリース(Fast:300msec、
Auto:100msec-3msec)
●EQ:LF(40Hz/120Hz)、LM(20Hz-200Hz、200Hz-2kHz、Q=1.1/3.3)
HM(200Hz-2kHz、2kHz-20kHz、Q=1.1/3.3)、HF(6kHz/18kHz)
●周波数特性:10kHz-20kHz(±0.5dB)
●全高調波歪率:<0.1%
●外形寸法:483(W)k89(H)x165(D)mm
●重量:5.5kg
●価格:155,000円

スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lgril.blog59.fc2.com/tb.php/83-a19dfa39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。