DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LINE6 POD XT

pod_xt.jpg

LINE6 POD XT
■■■機材情報■■■
ギター・アンプ・シミュレーターの定番、LINE6Podに機能を追加したPodXT
ホーム・レコーディングのみならす、プロフェッショナル・マシンとしても
価値を得たエフェクターと言えます。
MARSHALL、JCMやFENDER Twinなどを32種類のアンプ・モデル、
22種類のキャビネットのモデルを搭載、キャビネットのモデリングは
ミュート・ピッキングをした際、スピーカーが振動によるサウンドを
再現するなどは非常に"生"に近いものがある。
また、Acoustically IntegreHted Recordingにより、
ギター・アンプを録音するとき、
キャビネットに対して4種類のマイク・セッティングと、
部屋の広さまでも1ステップずつ100%まで設定可能な機能がある。
これによりマイクのオン、オフマイクでのセッティングまで再現可能です。
POD XTの内蔵エフェクトは10種類のダイナミック系のエフェクトがモデリングされていて、比ベーシックな歪み系はもとより、ファズ・サウンドも非常に忠実に再現してます。
このほかにもコンプレッサーのBOSSCS-1MXRDynaComp、
MUTRON3(オート・ワウ)などのエフェクトプログラムも装備
モジュレーション系もビンテージ物のモデリングが多く
最古の国産コーラスのBOSSCE-1などパラメータまで、忠実に再現しています。
LESLIE145やFENDERVibmtoneなどのロータリー・スピーカーの
シミュレーションも装備されている。
また、ROLANDRE-201やのようなテープ・エコーのシミュレートもあり
チューブ(真空管)系アウトボードのシミュレートもあります。
リバーブもアンプ内蔵型のスプリングをはじめとする15種類のセッティングがあり、
POD XTはギターでの使用はもとより、USBデジタル入出力を装備していますので
DAWにおける積極的な音作りを行えるエフェクターとしてもおすすめです。

■■■スペック■■■
●AD/DA:24ビット
●プリセット:アンプ・モデル:32、キャビネット・モデル:22、マイク・モデル:4、エフェクト・モデル:49、チャンネル・メモリー:64
●入出力端子:ギター・インプット、ヘッドフォン・アウト、十4dBu(バランス)ノー10dBV(アンバランス)1/4(L/Mono、R〕出力端子、MIDlIN、OUT/THRU、RJ-45フット・コントローラー端子、デジタル入出力用USB端子
●外形寸法:280(W)×190(D)×74(H)mm
●重量:1.25kg
●定価:75,000円

スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lgril.blog59.fc2.com/tb.php/86-f498f766
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。