DTM音響機器レビュー

新旧DTM音響機器、プラグイン等の独自レビュー・情報・スペック等をご紹介致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Roland INDEX

Roland INDEX

αJUNO-1(DCOアナログ・シンセサイザー)
αJUNO-2(DCOアナログ・シンセサイザー)
AX-Synth(ショルダーキーボード)
CR5000(アナログ・リズムマシン)
Fantom G6(シンセサイザー)
Fantom G7(シンセサイザー)
Fantom G8(シンセサイザー)
INTEGRA-7(スーパー・ナチュラル・サウンド・モジュール)
JD-990(シンセサイザー音源モジュール)
Juno106(DCOアナログ・シンセサイザー)
Juno-Di(シンセサイザー)
JUNO-STAGE(シンセサイザー)
JUPITER-80(ライブ・シンセサイザー)
JV880(音源モジュール)
JV-1080 SUPER JV(シンセサイザー音源モジュール)
JX-8P(DCOアナログ・シンセサイザー)
JX10 super JX(DCOアナログ・シンセサイザー)
MC303(グルーヴ・シンセサイザー)
MC505(グルーヴ・シンセサイザー)
MC-808(グルーヴ・シンセサイザー・サンプラー)
MC-909(グルーヴ・シンセサイザー・サンプラー)
MMP-2(COSMマイク&プリアンプモデリング搭載2chマイクプリアンプ)
PB300 Rhythm Plus(アナログ・リズムボックス)
R-05(リニアPCMレコーダー)
RE201(テープエコー)
SDD320 DIMENSION D(エフェクター)
SDE3000(デジタル・ディレイ)
SH-01 GAIA(バーチャル・アナログシンセサイザー)
SH-2(アナログ・シンセサイザー)
SP-404SX(グルーヴ・サンプラー)
SP-606(グルーヴ・サンプラー)
SPD-30 OCTAPAD(ドラム&パーカッション ループパッド)
TR55(RHYTHM55)(アナログ・リズムボックス)
TR-505(リズムマシン)
TR606(アナログ・リズムマシン)
TR626(リズムマシン)
TR707(リズムマシン)
TR727(パーカッション・リズムマシン)
TR-808(アナログ・リズムマシン)
XP-50(ミュージック・ワークステーションシンセサイザー)
XV5080(シンセサイザー音源モジュール)

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

Roland XP-50

Roland XP-50


サウンドハウス


roland -xp50
Roland XP-50
価格175,000円(1995年当時)

■■■Roland XP-50機材情報■■■
Roland XP-50はマルチティンバー使用でシーケンサーを内蔵する
ワークステーション型シンセサイザーが主流となった
1995年に発売されました。
Roland XP-50の他にも各社ワークステーション型シンセサイザーを
発売していましたが、当時としてはスペック的にも
Roland XP-50は他を凌駕しており、本当の意味で本格的な楽曲を
1台で制作できる環境を整えた製品であると言えます。

Roland XP-50のスペックは、当時音源モジュールの定番となっていた
JV-1080と同スペックで、MCシリーズ譲りのシーケンサーを搭載
さらに、記録媒体として当時の定番であった
フロッピーディスクドライブを装備しています。
音作りから、音楽制作、保存まで、Roland XP-50のみで完結できる
当時としてはハイスペックを持っていました。

それでは、さらにRoland XP-50を詳しく見ていきたいと思います。
まずは、Roland XP-50の音源部分から、
Roland XP-50の音源は、同時発音数64音、パート数16パートと
スペックを見ればJV-1080をそっくりそのままの音源を
移植されている印象ですが
実際にはXP50とJVシリーズは使われているチップは異なり
ウェーブフォームもほとんどは新規に作られたものです。
JV-1080の音源をそのまま入れるのではなく
丹念に見直されて搭載されています。
しかしながら、JV-1080の最大の魅力とも言える
ウェーブ・エクスパンション・ボード(SR-JVシリーズ)の
拡張性は継承されており、Roland XP-50も4枚まで
搭載することが出来るようになっています。

JV1080で使用可能だった、D/JVシリーズ用PCMカード
SO-PCMシリーズ
は残念ですが本機では使用できませんので
ご注意ください。

Roland XP-50の音色メモリーは、プリセットでパッチ512音色、
それらを組み合わせる、パフォーマンス64音色、
リズム・セット8セット。
ユーザーメモリーは、パッチ128音色、パフォーマンス32音色、
リズムセット2セットを装備
そのほかに、GMモードのセットも用意されています。

Roland XP-50の前面パネルを見てみると、鍵盤数は61鍵、
左側にはフロッピーディスクドライブを搭載し
その下にはヴォリュームと様々な機能をアサインすることができる
C1/C2、2つのスライダーが装備されています。
その下にはベンドレバーが用意されており
ローランドのシンセサイザーを使用したことのある方でしたら
おなじみの感覚で、操作することが出来ると思います。
パネル上のボタン類は、シンプルな操作で素早く
操作ができるように考えられており、
オペーれーションに慣れれば、
多彩な機能をスムースに操作できるという印象です。

次に、Roland XP-50のリアパネルですが
ペダル端子が2つ、ホールドペダル端子が1つ
MIDI IN/OUT/THRU端子、ヘッドホン端子が1つ
ステレオ音声出力端子が1つというシンプルな構成です。
これだけの音源を搭載していながら、音声出力端子が
ステレオ1系統のみというのは残念な使用ですが
本体内でも、内蔵エフェクターを利用した
高度なミキシングの機能が搭載されていますので
あくまで、Roland XP-501台で音楽制作を完結させるのが
前提の仕様ともいえると思います。

その内蔵エフェクターについて見ていきたいと思います。
Roland XP-50の内蔵エフェクターはJVシリーズを大幅に
機能強化した内容で、リバーブ、コーラス、EFXという
3系統のエフェクターが内蔵されています。
EFXとは、いわゆるマルチエフェクターで、
EQ、ディストーションなどの歪み系、コンプレッサー、
ロータリー、エンハンサー、スペースディレイ、ピッチシフター、
コーラス&ディレイなどの複合エフェクターまで、40種類装備されています。
4相コーラスやコンプレッサー、ディストーションなど
それまでのJV、JDシリーズにはなかったエフェクターが内蔵されており
充実した内容となっています。
もちろん、エフェクターの任意のパラメータをスライダーに割り当て
操作することも出来るようになっています。

次にRoland XP-50の本体に内蔵されているシーケンサーについて
見ていきたいと思います。
Roland XP-50に内装されているシーケンサーは
単体シーケンサーであったMCしリースのSuper MPCを
継承しつつ、大幅に機能強化がなされています。

トラック数は、16フレーズトラック+100パターントラックという仕様で
パターントラックをフレーズトラックに貼り付けていく
とう打ち込み方法が一般的かと思います。
また、このパターントラックを指定した鍵盤に割り当て
鍵盤を抑えるだけで、パターントラックが演奏される
RPS(リアルタイム・フレーズ・トラック)機能があり
サンプラーでフレーズサンプリングした音源を鳴らすのと
同じような演奏が可能となっています。
クオンタイズも、通常のクオンタイズに加え、
R&Bやダンス系のハネたシャッフル・クオンタイズや
16分類、90種類のテンプレートが用意された
グルーブ・クオンタイズなどが搭載されています。
これらの昨日は、現在のシーケンサーでは当たり前の昨日でしたが
当時のワークステーション・シンセサイザーの
内蔵シーケンサーには搭載されていませんでしたので
待ち望んでいたユーザーは多かったと思います。
また、Roland XP-50のクオンタイズにはプレビュー機能があり
2〜4小節クオンタイズをかける前に、クオンタイズ処理後の結果を
聞ける機能がもあります。
もちろん、アンドゥ/リドゥ機能も搭載されています。

また、Roland XP-50のシーケンサーの特徴として
フロッピー・ディスク・ドライブのシーケンスデータを
ダイレクトに再生するクイックプレイ機能が装備されています。
当時のシーケンサーはデータを本体のメモリーに読み込んでから
再生するのが一般的でしたが、このRoland XP-50では
ディスクから、ダイレクトに読み込んで再生することが出来ますので
次々に曲を再生したいライブなどでは、曲間で次の曲をロードする
時間が必要ありませんので、ディスクに入る限りの
連続再生が可能となっていいます。
これは、従来家庭向けのSB-55とというMIDIファイルプレーヤーには
搭載されていた機能ですが、このようなワークステーション型の
シンセサイザーに搭載されるのはRoland XP-50がはじめてとなります。

Roland XP-50以前JV-1000という、やはり、ワークステーションタイプの
シンセサイザーがありましたが、こちらはJV-80とMC-50MKIIを
ただ単に同じシャーシに詰め込んだ印象でしたが
Roland XP-50は一からワークステーション・シンセサイザーとして
オリジナルに設計された印象です。
また、同社としてははじめてRISC CPUを搭載したのも見逃せません
筆者はD-70を所有したこともありますが
音源を同時にならすと発音数に余裕があっても画面表示が遅れたり
音が詰まったりといった現象がありましたが
このRoland XP-50ではそのようなことはありません。
筆者もこのRoland XP-50を実際に使用してみるまでは
JV-1080に鍵盤とシーケンサーがついたという認識でしたが
音源部分、エフェクト、シーケンサー部分と確実に進化をしている印象です。
シーケンサー部分はさすがに現在のDAWソフトには遙かに劣りますが
今でも、その音源・エフェクト部分は色あせることがなく
十分に使用することが出来る音源であると思います。






■■■Roland XP-50スペック■■■
■シンセサイザー部
●音源:PCM方式
●パート数:16(パート10はリズム・パート)
●最大同時発音数:64音
●エフェクト
EFX:40種類
リバーブ:1種類(8タイプ)
コーラス:1種類
●プリセット・メモリー
パッチ:512
パフォーマンス:64
リズム・セット:8
●ユーザー・メモリー
パッチ:128
パフォーマンス:32
リズム・セット:2
●ウェーブ・エクスパンション・ボード(別売)
最大4枚(A~D)

■シーケンサー部
●トラック数
フレーズ・トラック(16MIDIチャンネル/トラック):16
パターン・トラック(16MIDIチャンネル/トラック):1
テンポ・トラック:1
ビート・トラック:1
※ パターン・トラックには100個までのパターンを作成可能。
●インターナル・メモリー
ソング数:1
記憶音数:約20,000音
ソング長:9998小節
●3.5インチ・マイクロ・フロッピー・ディスク(2DD/2HD)
ディスク・フォーマット:720Kバイト(2DD)、1.44Mバイト(2HD)
記憶音数:約90,000音(2DD)、約180,000音(2HD)
記憶ソング・ファイル数:最大99
●ロードできるソングの種類
XP-50のソング(MRC Pro)
スタンダードMIDIファイル(フォーマット0)
スタンダードMIDIファイル(フォーマット1)
S-MRCのソング(MCシリーズのシーケンサー)
●セーブできるソングの種類
XP-50のソング(MRC Pro)
スタンダードMIDIファイル(フォーマット0)
スタンダードMIDIファイル(フォーマット1)
●分解能
96クロック/4分音符
●データ入力方式
リアルタイム、ステップ
●最大同時入力音数(リアルタイム・レコーディング時)
64音
●最大同時出力音数
64音/トラック
●テンポ
20~250
5~500(テンポ・トラック使用時)
●拍子
1~32/16、1~32/8、1~32/4、1~32/2
■その他
●鍵盤
61鍵(ベロシティー、チャンネル・アフタータッチ付き)
●ディスプレイ
40桁2行(バック照明付きLCD)
●接続端子
ミックス・アウトプット・ジャック(ステレオ)
ヘッドホン・ジャック
ペダル・ホールド・ジャック
ペダル・ジャック(1、2)
MIDIコネクター(イン、アウト、スルー)
●電源:AC100V(50/60Hz)
●消費電力:21W
●外形寸法:1023(幅)×348(奥行)×97(高さ)mm
●重量:9.3kg



サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/

→RHYTHM WORKS PLUSの詳細はこちらから






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

MACKIE INDEX

MACKIE INDEX

1642-VLZ Pro(8モノ、4ステレオ・16chアナログ・ミキサー)
ProFX22(14モノ、4ステレオ・22chアナログ・ミキサー)

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

MACKIE ProFX22

MACKIE ProFX22


サウンドハウス



mackie-profx22.jpg
mackie-profx22-2.jpg
MACKIE ProFX22を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

MACKIE ProFX22 価格105,000円

■■■MACKIE ProFX22機材情報■■■
通常の作業では、DAWでミックスすることが多くなりましたが
筆者の環境はまだまだ、ハードウェアが多い制作環境ですので
最終的にはDAWでミックスを行うにしても、
ミキサーは欠かせません。
個人的にはデジタルミキサーを使っているのですが、
知人の自宅スタジオでこのMACKIE ProFX22を使用していて
実際に使ってみることが出来ましたので、レビューしたいと思います。

MACKIEのミキサーは昔から音質に定評があります。
テクノ系のミュージシャンの中には、その独特な質感から
SSLなどのスタジオ常設のミキサーを使わず、
あえて、MACKIEのミキサーを使ってミックスした人も
いるくらいですので、その出音には定評があります。
MACKIE ProFX22の音質の秘密は、
定評のあるヘッドアンプ部にあると思います。
他のミキサーに比べ、ヘッドルームが広いので、歪みにも強く
また、ノイズレベルも低く、音質もクリアで芯のあるサウンドです。
ワンランク上のプリアンプを備えている印象です。

MACKIE ProFX22はもともと発売されていた8chと12chモデルの
ProFX8、ProFX12の追加モデルとして発売されました。
チャンネル数はモノラル入力が14ch、ステレオ入力が4ch、
マイク入力は16chあり、マイク入力を16chすべて使った場合は
ステレオ2chがマイク入力兼用となってますので、
その分入力ch数は減ることとなります。
アウトプットはメイン・アウト(ステレオ2ch)の他に
サブアウトが4系統装備されています。

その他にMACKIE ProFX22には、AUXリターン入力がステレオ1系統、
FX出力が1系統、テープ入出力がそれぞれステレオ1系統、
ヘッドホン・アウト、CRアウトなど、
この価格帯の商品としては不足のない内容です。

また、MACKIE ProFX22はメーカーのページに
戦車のイメージが掲載されているように、
衝撃にも強い作りになっています。
実際見た目も、ボディは金属製で、サイドパネルはABS樹脂製。
これでしたら、セッティングを急がなければならない現場でも
特に意識することなく安心して作業が行えると思います。

次にMACKIE ProFX22のチャンネル部分を見ていきたいと思います。
MACKIE ProFX22の入出力端子は
すべてフロントパネルに装備されていますので
チャンネルセクションは一番上に、48Vファンタム電源付きのXLR入力端子、
フォーン入力端子、インサート端子があります。
その下に、18dB/oct、100Hzローカット付きのゲインセクション、
次に、ハイが12kHz、ローが80Hzのシェルビング、
MIDはQ固定の100Hz〜8kHのパラメトリック・イコライザーが
装備されています。
(15ch~22chまでは、MID2.5kHzシェルビングタイプとなります)
その下には、AUXセクション、パンつまみと並び
60mmフェーダーがあります。

MACKIE ProFX22の11ch〜14chには 、インサート端子の代わりに
1つまみのみのシンプルなコンプレッサーが搭載されています。
アタックやリリースはオートでレシオも固定ですが
聞いた感じでは4:1〜6:1くらいの使いやすい設定になっている印象です。

MACKIE ProFX22はフロントパネルでひときわ目立つ存在の
グラフィック・イコライザーが装備されています。
マスター、またはAUX1にアサインが可能なステレオ7バンド仕様で
これのおかげで、ラックタイプのグラフィック・イコライザーを
2台持ち歩かなくてすむのは嬉しい限りです。

また、MACKIE ProFX22にはエフェクターも内蔵しています。
内蔵されているエフェクターは16種類
ルーム、ホールなどリバーブが8種類
コーラス系が2種類、ディレイ系が6種類と
シンプルな構成です。
実際、PA等では、フランジャーや歪み系などは使う機会は
滅多にありませんので、使いやすい仕様だと思います。

さらに、MACKIE ProFX22にはUSB端子が装備されています。
これは、2イン・2アウトのUSBオーディオイン・アウトとして動作し
同梱のTracktion 3音楽制作ソフトウェア、
またはDAWソフトウエアにより、ミックス全体を
レコーディングすることが可能となっています。
また、DAWからの音声出力はch15、ch16に
ルーティングすることが出来ますので、そのソースをミックスして
さらに、パソコンに録音するといったことも出来ます。

最後となりましたが、MACKIE ProFX22で実際に簡単ですが
ミックスをしてみた感想です。
普段使っている、デジタルミキサーとは明らかに違う
芯のある、太めの音色が特徴的でした。
デジタルの耳に慣れた私のとっては、とても新鮮で
適度に荒れた音質は、DAW等で音が綺麗過ぎると思っている方には
ぜひ、おすすめしたい音質です。
エフェクトも宣伝文句どおり、プリセットのまま使える印象で
おまけ的なものではなく、自然で本格的な響きでした。
残念な点は、USBでオーディオを入出力する際のフォーマットが
16bitのみであることです。
環境にもよりますが、筆者は24bitでの作業が多く
この点のみ改善を期待したいところです。
その他は、十分なスペックと名に恥じない
クォリティを持った製品だと思います。
MACKIE ProFX22を実際に使用してみて
私も次のミキサー買い換え時には、
アナログミキサーに戻そうと思ってしまいました。
それほど、説得力のある音質でした。




■■■MACKIE ProFX22スペック■■■

●周波数特性:20Hz〜40kHz
●入力チャンネル数:22ch(14モノ、4ステレオ)
●バス数:4
●マイクプリアンプ:16(48Vファンタム電源付き)
●コンプレッサー:4(11〜14ch)
●エフェクトプロセッサー:内蔵16種類
●グラフィックEQ:7バンド(125/250/500/1k/2k/4k/8kHz)
●USB端子:1(2ch オーディオ イン・アウト)
●AD/DA:16bit44.1kHz/16bit48kHz
●フェーダー:60mm
●外形寸法:639(W)×97(H)×407(D)mm
●重量:8.2kg

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/




MACKIE ProFX22を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる
MACKIE ProFX22を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

Mackie アナログミキサー ProFX 22

Mackie アナログミキサー ProFX 22


テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

TASCAM INDEX

TASCAM INDEX

DIGITAL PORTASTUDIO 2488neo(24トラック ハードディスク・デジタルMTR)
DR-2d(リニアPCMレコーダー)
DP-004(4trデジタルMTR)
DR-08(リニアPCMレコーダー)
DR-40(リニアPCMレコーダー)
VL-X5(パワード・モニター・スピーカー)

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。